ブログネタ
知ったところで得にならない豆知識 に参加中!

「年とり」とは、大晦日に行う新年を迎えるための行事のことで、歳神様を迎えるにあたって、豪華な縁起物の料理を並べて祝う。昔はいわゆる「おせち料理」もこの夜のうちからふるまわれた。

その「年とり」になくてはならないのが「年とり魚」。味もよく、立派な外見を持っている魚を「年とり魚」として供した。

この「年とり魚」、「東の塩ザケ」「西の塩ブリ」に大きくは二分される。魚の保存方法と輸送手段が限られていた昔のことだから、江戸に運ばれる立派な魚がサケで、西日本で獲れる立派な魚がブリだったというのが、その理由である。

戦国時代、京都、大阪では、年とりの魚として北陸地方産の寒ブリを食していた。その習慣が東に移行し、信州の松本、木曽福島、諏訪、飯田あたりまで広まり、江戸時代中期には定着したといわれる。このラインがいわば”ブリの北限”で、これよりも北もしくは東の地では、北から運ばれてくるサケが年とり魚とされたそうだ。








年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ