ブログネタ
生活・豆知識 に参加中!

 

 一般の人は正座より、あぐらが楽だと思い込んでいるが、座りなれた人は正座のほうがずっと楽だと言う。

 背骨は椎間板によって連結されており、椎間板はいわばショックアブソーバーで、背骨にかかる荷重や衝撃をやわらげる役割を果たしている。

 この椎間板にかかる圧力を測定すると、寝ているとき、直立のとき、正座、イスに腰掛けているとき、あぐらの順で圧力が大きくなる。

 つまり、あぐらのときがいちばん、椎間板にかかる圧力が高く、負担が重い。

 

 

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ