ブログネタ
くらし便利・知恵・雑学 に参加中!
 切れ味の鈍い包丁を使っていると、料理の見栄えだけでなく、味にも影響が出てくる。しかし、包丁を砥石で研ぐのは、素人には案外難しいもので、研ぎ方がまずいと切れ味はますます落ちてしまう。そこで、砥石を使わず、誰にでもできる包丁研ぎのワザを紹介しよう。

 用意するのは陶器の皿や茶碗。その裏側の「糸底」と呼ばれるザラザラした部分に、包丁の刃を水平に当て、軽く数回、往復させる。これだけで切れ味は俄然、回復する。

 もっと簡単なのは、アルミホイルを使う方法。アルミホイルを適当な長さにカットし、それを二つ折りにする。そして紙を切るような要領で、包丁でホイルを数回切る。それだけで、包丁の切れ味はグンとよくなる。







年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

身近な「くらしの実学」の頁のトップへ