2008年01月26日

野宿と変わらず。

いすみの現場で配筋検査。

北風が吹付ける中、構造の鈴木明さんと、日南鉄構の鹿島さんとで、
入念にチェック。隣の敷地では、先日地鎮祭をやっていたという。
すでに地縄をはりおわっていた。建築家はクラインダイサムさん。
担当の1人は、同級生の久山くん。不思議な縁である。

実は、計画の段階からお互いに情報交換はしていた。
よって、そこの境界には、お互いに室外機はおかず、また
それなりの背景になるようにと計画されている。
僕らは、プレーンな壁をつくり、KDAさんは植栽、(おそらく竹?)
を植えている。隣の敷地にとっては、そのプレーンな壁が幹の背景としては
それなりだろう。こちらにしてみれば、中庭から竹の葉がみえる。
クライアント同士も連絡をとりあっているようである。

現地で、昼飯をたべたあと、打ち合わせ。
外食チェーンのドリンクバーは、こんなときありがたい。
鹿島さんの車で葛西までおくってもらった。事務所にもどって雑用を
すませたあと、21_21美術館へ。200∞年目玉商品 展のオープニング。

さすがに業界が違うと、気軽に話しかける人がいない。
それでも、数人と近況などを話した。それくらいすごい人だった。

山中俊治さんや、深澤直人さんなど。インテリア、グラフィック系の人たちは(当然ファッション系も)多くいたように思う。ぼくにとって身近な建築系の人は、
あまり関係がないのかな?安藤さんくらい?

お酒がでるオープニングではなかったけれども、
金曜日であるからして帰りたいところであるが、
明日は打ち合わせが2本。極寒の中、事務所へ。

そして、終電をのがした。しょうがない車で帰ろうと思ったら、鍵もない。

やれやれ・・・。
ガスストーブを一日中つけているわけにもいかないので、消すと
寒さは、外と変わらない。殆ど野宿である。


4c684f5c.JPG




keijidesign at 01:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔