2008年06月10日

貯金について。

ここのところ、ニュースや雑談でよく出てくるのが、
お金の使わない若者話がある。海外旅行にいく若者が激減していること。
車を買わない。マンションを買わない。服も買わない。
世のCMのターゲットは50代前後、団塊世代や、あるいはその上の
世代。孫や子供たちにお金を使う世代がターゲットになっている。
先日35歳となって、20代がはるか昔のように思えてしまうのだが、ふと思い返せば
実際にお金がないというのが本当のところだろう。
いつの時代も若者はぎりぎりで生活していたのではないかと思うのである。
僕の父の時代も、12歳離れている兄の世代も、6つ年下の弟の世代も。
サラリーマンであれ、個人商店、小さな会社をもっていたとしても
総じて20代はお金がない。
だから、消費の質が変ったということで、
海外旅行が減るというのはさほど驚くことでもないなと思っていた。

で、ちょっと驚いたのは、そのお金のない若者が
まめに貯金しているという話しだ。
理由は、いざというときのためにということのようだが、
いざというときに、その程度のお金で足りるのだろうか?
僕の20代は、本当にお金がなかったけれど、
結構旅行もしたし、学校にいったりもした。それは結構あったのでは
という話しになるかもしれないけれど、
実はいろいろな手段をつかった借金をしていた。だから
いまも返済している。

お金という目にみえる形での貯蓄よりも、自分に投資したほうが
どれだけその先に将来につながるかは、いまになってみると身にしみて思う。
あのときの30万円がいまでは宝石のような時間である。
いまは、当時ほど貧乏ではなくなったけれど、
実のところ、まだ貯金するタイミングではないと思っている。
どこまで自分や家族に投資できるか。
数字だけ増えていく通帳よりも、子供にとっては思い出が大事だろうし、
僕にとってはよりレベルアップした仕事をすることが大事。

オフィスを思い切って改装したのも、
気持ちよく仕事することが、どれだけその先につながるかという投資ゆえ。

無駄に使うことは馬鹿らしいが、賢く使わないのはもっと馬鹿らしい。

そう思って、いまの難局を攻めのスタイルで乗り切ろうと決意。








keijidesign at 10:54│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よしむら   2008年06月11日 07:51
100%同感ですね!

2. Posted by Keiji Ashizawa   2008年06月13日 14:46
こんにちは。
武士はくわねど・・・でもあるのですが。
今年の夏はこちらにもどりますか?
またメールしますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔