冬休みの思い出実感

2009年01月09日

なんだかなー。まあいいか。

いまミラノでは大雪だという。
最近事務所で働いているアリンは、ミラノに実家がある。彼女のお父さんから写真が送られてきて驚いた。真っ白だ。その写真をみて、ミラノの会社とやりとりしている照明のことを思い出し、あわててメールをおくる。雪が大変ですねと書きつつ、どうなってんねんみたいなメールだ。昨年知り合った人が、その照明会社のさらに上の統括会社の人だったので、イタリアの会社との付き合い方などを伝授してもらったのだが、1:おいつめるな。2:ひつこいときらわれる。 3:仲良くしなさい。
なんだかなー・・という感じだが、すでにコンフィデンシャル契約期間は終わっているので、なにかアクションをおこしてもらいたいところである。

そんなことボンヤリ思っていたら、思いのほか早くメールがかえってきた。
TOO MUCH!
いきなりの文頭にひっくりかえりそうになったが、
ようは雪の話しをしているらしい。(そうじゃないかもしれないけど。)

色をぬったプロトタイプと部品が年始に届く予定だということ。
連絡を取り合おう!と元気よく。

まあ、いいか。進んでいるんだったら。

今日、東京でも雪がふるのだとか。
外に出たらあまりに寒かったので、車でくることにしたのだが、
エンジンがいっぱつでかからない。ひやっとした。
バッテリーか・・。

なんだかなー。まあ、動くんだったらいいか。

いつも集中できる午前中も、野暮用やら、間違いやら、気が散るやらで
うまく仕事がすすまない。

なんだかなー。まあいいか。

午後に勝負。

写真は、野田にたつ二世帯住宅
PHOTO:TAKUMI OTA

NODA

keijidesign at 14:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
冬休みの思い出実感