ブログ版 とれとれE★社労士

社労士受験生を応援サイト「とれとれE★社労士」 母ちゃん先生keikeが受験に関すること、子育て、田舎暮らし についてざっくばらんに語ります

GWは気持ちを切り替えるチャンス

┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「初学者のための社労士試験1発合格勉強法」【YouTube 動画】
  ⇒  https://youtu.be/91cnN6-BkEw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「社労士試験に合格するための勉強法」【YouTube 動画】
   ⇒  https://www.youtube.com/watch?v=Nakkh-AyXFU
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
2018.4.27 No33連続配信(ラスト)
   ──────────────────────────────
              
                     とれとれE★社労士  
   
   ──────────────────────────────
      〜一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く〜     

**********************************************************************
みなさん、こんにちは   とれとれのkeikeiです。


┏━■GWは気持ちを切り替えるチャンス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 GWはインプット学習とアウトプット学習のちょうど間にある貴重なお休み
 であり、また8月の本試験日までの最後の休息期間だと私は思います。
 ですから、有意義なGWを過ごして欲しいなあーと・・・

 下記は、毎年お話している内容なのですが・・・。

 最初から最後まで勉強漬けになろう!なんて「私は」決して申しません。
(「GWに休んでいたら落っこちるぞ!」なーんて気合たっぷりの文章も目に
 しましたが、私はそうは思いません!!!^^)
 ただ、この時期に今までインプット学習で遅れのある方は是非取り戻すべく
 スパートをかけて欲しいですね。
 GW後は答案練習会等もどんどんスタートしますし、模試もあります。
 アウトプット学習中心の時期になるんです。
 アウトプット中心になると、すっごく点数などに気持ちが左右されますし
 予備校の答案練習会などに参加すると毎週毎週テストで、予習、そして
 復習すべき事項に結構追われる生活だと思うんです。

 ですから、ゆっくり時間に追われることなくインプットするにはこのGWが
 絶好のチャンス!だと思うんです。
 日頃「やらなきゃ、やらなきゃ」と頭では思っていても行動が伴って
 いなかったそこのあなた!
 GWに頑張って遅れを取り戻しておけば、その後の勉強にも心の余裕が
 が出来て良い効果があらわれると思います。
 なんとか、「やらなきゃ、やらなきゃ」をGW中に解消しておきたいですね。
 是非頑張って下さい^^

 苦手科目を中心に復習する!というのもおすすめです。
 各予備校でも科目別弱点克服講座なんてものを開講していたりするので、
 そのような講座を利用するのも1つの方法だと思います。
 私も1年目は、全く手がつけられなかった(テキストを読み進めることが
 出来なかった)年金2法と、一般常識の講座を受講しました。
 やはり、全てを知り尽くしている講師の説明を聞きながらテキストを見ると
 スーっと頭にはいってくるんですよね。(不思議ですね^^)

 社労士試験には最低ラインというものがありますから、苦手科目は命とりです。
 例えば択一式で労災法を10点満点とったとしても、苦手な健保法が3点
 なら原則、不合格ですから・・・
 労災法6点、健保法6点のほうがいいんです。
 そのためにもこのGWを利用して、ちょっと苦手だな、嫌いなんで今まで
 あんまり勉強していなかったな、と思う科目を積極的に勉強してみては
 いかがでしょうか?


 それと・・・
 是非是非ご自分の好きなことをするなり、家族サービスするなり
 して心身共にリフレッシュする時間をもうけて下さい。
 結構、社労士、社労士で疲れがでてきている時期ではないですか?

 試験が終わるまでは、本当の意味で気持ちの底からリフレッシュ出来ること
 はないと思うのですが、でも緊張の糸を一度この機会にゆるめておいて
 欲しいですね。
 でないと、これからの4箇月の間に切れてしまいますぅー^^
 案外、ピークを本試験日にもっていく!というのも難しいものですよ。
(経験した方しかわからないことですが・・・)

 それまでにピークがきても駄目だし、逆に本試験日までに緊張の糸が
 切れてしまってあきらめてしまっても駄目ですもんね。
 そういう意味でも、このGWを利用し気持ちを一度リセットする。
 リセットした頭で本試験日に「ピーク」をむかえるための学習スケジュール
 を今一度考える時間をもうける。
 是非これを実行してみておいて下さい。

 このGWが過ぎればいっきに突っ走りますので本試験が終わるまでお休み
 はありません!趣味も家族サービスもしばらくおあずけです。
 特にご家族がある方!
 家族の協力体制なくして合格はありえませんよ。
 ですから、このGWを利用して是非思いっきり羽をのばすところはのばして
 おいて下さいね^^


※本日はコメントのみ^^
 連続配信も終わりです!
 連続配信期間中に、コメントがいいです!ってメールを結構頂戴しました。
 ですので、GWもこころをいれかえて!
 勉強に役立つコメントを定期的にお届けしていこうと思っています^^
**********************************************************************
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「とれとれE★社労士 有料版(H30年度版)」 募集中!
   お申込みはHPからどうぞ ⇒ www.tore2.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛

───────────────────────────────────
■有料メルマガのご案内・合格体験記を読みたい時は下記HPへ!!
 「とれとれ E★社労士」 ホームページ
   www.tore2.com

■ ご質問・ご意見は下記までお願いいたします
 keikei@ra2.so-net.ne.jp
 :件名に、ご質問の場合は    「質問」
      それ以外のご意見等は 「その他」 とお書き下さい
  申し訳ございませんが、ご質問には直接お答えしておりません
  出来るだけ問題や号外に反映させる形でお答えしていきたいと思います

■免責事項
 なお、記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください

■当メールマガジン(ID 0000018358)は、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
───────────────────────────────────

いつまで名乗れるかしら??

┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「初学者のための社労士試験1発合格勉強法」【YouTube 動画】
  ⇒  https://youtu.be/91cnN6-BkEw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「社労士試験に合格するための勉強法」【YouTube 動画】
   ⇒  https://www.youtube.com/watch?v=Nakkh-AyXFU
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
2018.4.26 No32連続配信10(厚生年金)
   ──────────────────────────────
              
                     とれとれE★社労士  
   
   ──────────────────────────────
      〜一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く〜     

**********************************************************************
みなさん、こんにちは   とれとれのkeikeiです。

┏━■いつまで名乗れるかしら??
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とれとれを立ち上げたのが1999年 
 この時から私は「keikei」と名乗ってこの世界で社労士受験生応援団長を
 しております。

 現在50歳が目の前に見えてきているお年になったのですが。
 「私いつまでkeikeiって言ってられるかしら?」
 ふと、本当にふと思うときがあります^^

 私は、この仕事が好きなので、可能であれば継続していきたいのですが、
 50歳、60歳になった時も「keikei?」

 うーむ

 でも、きっと「keikei」なんだろうなー^^ 
 キョンキョンもいつまでもキョンキョンだしなー
 いやいや、全然違うから^^
 って一人ぼけ、つっこみです(汗)
**********************************************************************
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「とれとれE★社労士 有料版(H30年度版)」 募集中!
   お申込みはHPからどうぞ ⇒ www.tore2.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛

《 厚生年金保険法  》

(法13条 14条 被保険者の資格取得及び喪失時期  )
本題2 H27-2E
被保険者(高齢任意加入被保険者及び第4種被保険者を除く)は、死亡したとき
はその日に、70歳に達した時はその翌日に被保険者資格を喪失する。

▼▼▼  解説   ▼▼▼
死亡したとき⇒「その日の翌日」に、70歳に達したとき⇒「その日」に
被保険者資格を喪失する。

>>

本題2の答え ×

▼▼▼  ポイント ▼▼▼
ではこの問題は
======================================================================
例題1
適用事業所に使用される被保険者が70歳に達したときは、その日に被保険者
の資格を喪失する。この場合、事業主は、その日から5日以内に資格喪失届
を提出しなければならない。(H14-1E)類H20-2C
======================================================================
⇒OKですね。
 国民年金のように「年齢到達要件」或いは「死亡」の場合、資格喪失届
 は不要!というような扱いではありませんのですこーし注意が必要。
 また、問題文「5日以内」とあるのは、船舶に使用される者の場合は
 「10日以内」となりますので!

>>

例題1の答え ○

もう一問 高齢任意加入被保険者をからめた問題
======================================================================
例題2
昭和7年4月2日以降に生まれた高齢任意単独加入被保険者であった者で、平成
14年4月1日に厚生年金保険の適用事業所以外の事業所に引き続き使用される
ものは、翌日に厚生年金保険法第9条の規定による被保険者の資格を取得し、
当該高齢任意単独加入被保険者資格を喪失する(H22-6A)
======================================================================
⇒翌日でなく、平成14年4月1日に法10条の規定による被保険者(任意単独
 被保険者)の資格を取得、高齢任意単独加入被保険者の資格を喪失
 します。
※「高齢任意単独加入被保険者」とは?適用事業所以外の事業所に使用される
 高齢任意加入被保険者のことをさします。

>>

例題2の答え ×

■■ 知っておこう   ♪♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎年金制度の統合、再編
 厚生年金って結構いろいろな制度を途中統合しながらここまで
 きているんですよ!
 別にいつの時点で統合した(くっついた!)なんて日付、知って
 おいて頂く必要ないよなーと私は思っていたんですけど・・・。
 案外、最近の試験ってこういう箇所をからめた試験問題もって
 くるんですよね〜
 特に、この統合された日をもって通常厚生年金保険の被保険者
 の資格を取得することとされたので、資格取得関連問題として
 出題が考えられます。

 「知らなかった!」といって1点落とすのもしゃくですから^^
 ここで、ちょーっと紹介程度に日付を3つ載せます。
 かつ、そのうちの1つが過去問で登場していますから練習して
 みましょうね

●平成9年4月1日
  日本たばこ産業共済組合、日本鉄道共済組合、日本電信電話
  共済組合の長期給付が厚生年金保険に統合された

●平成14年4月1日
  農林漁業団体職員共済組合が厚生年金保険に統合された

●平成14年4月1日
 従来65歳未満だった厚生年金保険の被保険者の年齢上限が「70歳未満」
 に引き上げられた。
 このことにより、昭和7年4月2日から昭和12年4月1日までの間に生まれた者
(平成14年4月1日において65歳以上70歳未満)が、適用事業所に使用されて
 いる場合、平成14年4月1日に当然被保険者の資格を取得することとされた。

※更に●平成27年10月1日から、被用者年金一元化でしたね
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■

======================================================================
例題3
60歳を定年とする適用事業所における被保険者が、定年退職後も引き続き
再雇用されるときは、定年退職した時点で特別支給の老齢厚生年金の受給権
を有していない場合であっても、使用関係が一旦中断したものとみなし、
当該適用事業所の事業主は、被保険者資格喪失届及び被保険者資格取得届
を提出することができる(H26-10E)
======================================================================
⇒問題文のとおり。
 60歳以上の被保険者が一日も空白なく引き続き雇用される場合の取扱です。

※「特別支給の老齢厚生年金の受給権を有していない場合であっても」とは
⇒いよいよ60歳から報酬比例部分の年金が支給されない方が登場しています
 ので、特例支給開始年齢前であっても上記措置が該当するようにH25年
 従来特老厚の受給権者が対象だった通達が改正されています。

>>

例題3の答え ○

ただし、これはいけません!!
======================================================================
例題4
有期の雇用契約が数日の間を空けて再度行われる場合、雇用契約の終了時に
あらかじめ、事業主と被保険者との間で次の雇用契約の予定が明らかである
ような事実が認められるなど、就労の実態に照らして事実上の使用関係が
中断することなく存続しているものと判断される場合には、被保険者資格は
喪失しない。(H26-9D)
======================================================================
⇒使用関係の有無は就労の実態に照らしてきちんと見ますよ!
 実際は使用関係が中断することなく存続している。形式だけ2,3日空けて
 いるだけ!なんて場合は資格の喪失、再取得は認めませんよ
 って通達です。
 上記例題3とは全く趣旨が異なります

>>

例題4の答え ○ 

───────────────────────────────────
■有料メルマガのご案内・合格体験記を読みたい時は下記HPへ!!
 「とれとれ E★社労士」 ホームページ
   www.tore2.com

■ ご質問・ご意見は下記までお願いいたします
 keikei@ra2.so-net.ne.jp
 :件名に、ご質問の場合は    「質問」
      それ以外のご意見等は 「その他」 とお書き下さい
  申し訳ございませんが、ご質問には直接お答えしておりません
  出来るだけ問題や号外に反映させる形でお答えしていきたいと思います

■免責事項
 なお、記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください

■当メールマガジン(ID 0000018358)は、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
───────────────────────────────────

年金は他の科目より時間がかかる

┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「初学者のための社労士試験1発合格勉強法」【YouTube 動画】
  ⇒  https://youtu.be/91cnN6-BkEw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「社労士試験に合格するための勉強法」【YouTube 動画】
   ⇒  https://www.youtube.com/watch?v=Nakkh-AyXFU
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
2018.4.25 No31連続配信 
   ──────────────────────────────
              
                     とれとれE★社労士  
   
   ──────────────────────────────
      〜一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く〜     

**********************************************************************
みなさん、こんにちは   とれとれのkeikeiで

┏━■年金は他の科目より、時間がかかる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 年金って、いっぱい生年月日が登場するし、複雑でしょ?
 これは、一度は年金科目ふれた受験生の方はわかると思うのですが、今の形に
 なるまで改正改正をたーくさん繰り返してきているから。

 改正するたびに、経過措置なるものが発令されて、その経過措置の対象となる
 方の生年月日がたくさん登場することになるんです。

 だから、年金を好きになる、面白いって感じれるようになるためには、 
 年金の改正の歴史が少し頭に入らないとしんどいかも?
 だとすると、ちょーっと時間かかりますよね^^

 「年金がどうも苦手だな」

 って方は、年金の改正の歴史をすこーし意識すると、時間はかかりますけど
 絶対年金ってよーできてる法律だなって思うようになります^^

┏━■読者の方より
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
〇昨年末11月から再度挑戦してみようと思い、夫の理解もあり学校へ
 通いはじめました。
 はじめの勢いはどこへ行ったのか、2月、3月は仕事の忙しさから学校へ
 行かない日が続き、勉強時間もとれず、このままではイケないと思い、
 ここへたどり着きました。
 かなり欲張って立てた当初の計画から軌道修正しなくてはならない状況に
 なり、どう修正しようか迷い1週間が過ぎ、Keikei先生の勉強方法を聞き、
 よしっ、と気合を入れなおしているところです。
 
〇連続配信有難うございます!
 無料版のみ購読していましたが、連続配信が続き、やはり過去問は先生の声
 を聴かないとやる気が出ないことがわかりました。
──────────────────────────────────
 上記のようなメールを頂き、とってもとっても感謝しておりますわたくし
 keikeiです^^

 とれ2も、セット申込み頂くと割引設定したりしています。
 割引額にひかれ、「えいやー」と去年の秋の段階で(まだ社労士試験全体像
 が見えていない状態で)セット申込なさった方もたくさんいらしゃるでしょうね

 が、途中失速してしまい、でもセットで全て申込済みだからどうしたものか??
 って悩んでいる方も多いのでは?

 もちろん、その気持ちもむっちゃわかります。
 後にも引けず、先にも進めずという状態

 が、ここでこのまま失速してしまい続けて今年の本試験ダメだった!
 という流れだと変な話、来年もダメになる可能性高いですよ
 ここから、まだ4か月あります!

 あきらめたらあかん、立て直すんです

 もしかしたら、せっかくセット申込した講座が自分にあってないということ
 もあるかもしれません(申込段階ではわからなかったかたも、その後半年
 以上受講してきて、あう、あわないが判断できるのでは?)
 もし、残念だけどその講座は自分にはあってない、やる気がでない
 ということであれば、思い切ってチェンジしてみる、違う講座を検討する
 のも1つの手。

 素晴らしい教材(テキスト)があれば大丈夫って方もいれば、テキストが
 どんなに素晴らしくっても、それを読み進める気持ちにさせるプラスαが 
 必要!って方もいます。人それぞれです。

 今停滞中って方は、ここでもう一度ストップして考える時間をもつのも
 1つだと思います。
 ここからまだまだ本試験日までありますから^^
**********************************************************************
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「とれとれE★社労士 有料版(H30年度版)」 募集中!
   お申込みはHPからどうぞ ⇒ www.tore2.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛

《 国民年金法 》

(法附則9条の2第3項、法第18条1項 支給の繰上げ)
本題2 H14-6C 類H23-8B
繰上げ請求した老齢基礎年金の受給権は、請求を行った日に発生し、年金の
支払は受給権の発生した日の属する月の翌月から開始される。


▼▼▼  解説   ▼▼▼
繰り上げ支給の場合、受給資格期間を有する者が65歳で発生する受給権
を、請求のあった日に繰り上げて発生させるので、条文では
「支給の繰上げの請求があった日から老齢基礎年金を支給する」
となっています。
「支給する」=受給権の発生を意味します。
よって実際に支給開始されるのは翌月からです。

また、支給の繰り下げの場合は、すでに65歳で受給権が発生し翌月から
支給されるものを、受給権者の申し出により支給開始時期を繰り下げる
ものですから、条文では「申し出ることができる」となっています。
どちらも、年金の支給開始時期は、請求した日の属する月(繰下げの場合は
申し出のあった日の属する月)の翌月からです。
受給権が発生しているかしていないかで条文の言いまわしがちがってきます
から注意しましょう。

>>

本題2の答え ○

▼▼▼  ポイント ▼▼▼
======================================================================
例題1
支給繰上げした場合の減額率について、昭和26年4月1日以前に生まれた者の
減額率は年単位、昭和26年4月2日以後に生まれた者の減額率は月単位になって
いる(H26-1D)H29-6E
======================================================================
⇒昭和26年を昭和16年に置き換えると正しくなりますね。
 = 老齢基礎年金の繰上げ減額率 =

「繰上げの場合」
 昭和16年4月1日以前生まれ
 ○「年単位」で減額率が設定されていました!。
   例えば60歳ちょうどで繰り上げた人も60歳11箇月で繰り上げた
   人も一律42%減額。誕生日をずいぶん過ぎて繰り上げ請求した人は
   なんか損なような・・・。
   
 昭和16年4月2日以後生まれ
 ○「月単位」で減額率が変わる。
   1000分の5がキー数字 ⇒関連過去問H13-9C
  例えば)1.60歳0月で繰上げた場合
         65歳までは12×5=60月 
         繰上月数60×0.5%=30%減額

      2.64歳11月から繰り上げた場合
         65歳まではあと1月    
         繰上月数1×0.5%=0.5%減額
>>

例題1の答え × 

======================================================================
例題2
支給繰上げの請求は、老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、
老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(H26-1B)
======================================================================
⇒そのとおりです。
 問題文の
・【老齢厚生年金の支給繰上げ(60歳〜65歳まで特別支給の老齢厚生
 年金が一切支給されない方)】
 更に
・【経過的な繰上げ支給の老齢厚生年金(報酬比例部分の支給開始年齢が
 61歳〜64歳の方)】
 の支給を請求できる方は、、老齢基礎年金の支給繰上げ請求も同時に
 行わなければなりません。

>>

例題2の答え ○


◎繰上げといえばデメリットについて
======================================================================
例題3
国民年金の任意加入被保険者については、生年月日にかかわらず老齢基礎年金
の支給繰上げ請求をすることはできず、また繰上げ支給の老齢基礎年金の受給
権者は、任意加入被保険者になることができない。
             (H19-8A)類H26-1A、H18-8C H17-8E
======================================================================
⇒デメリットその1ですね

>>

例題3の答え ○

======================================================================
例題4
老齢基礎年金の繰上げ支給を受けると、付加年金も政令で定めた額を減じて
繰上げ支給されるが、寡婦年金の受給権は消滅する(H16-1C)
類H29-8B、H26-1C、H23-8D
======================================================================
⇒前半部分、付加年金については問題文のとおりです。が、後半部分。
 「寡婦年金」については65歳までの有期年金。
 ですから、老基を繰上げ、受給権を取得した時点で65歳に達したものと
 みなされるわけだから、「寡婦年金」の受給権は消滅するんです^^

>>

例題4の答え ○

======================================================================
例題5
繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権者は、国民年金法第30条の2の規定
(いわゆる事後重症)による障害基礎年金の裁定請求をすることができない。
(H8-2A)H17-4C H23-8C
======================================================================
⇒その通り!
 繰上げ支給の老齢基礎年金にはたくさんのデメリットがありますが、その
 うちの1つですね
 老齢基礎年金を繰上げ受給権を取得した時点で、65歳に達しものとみなされる
 んですよね。ですから、65歳に達する日の前日までに請求すること!
 という要件があった、「事後重症の障害基礎年金」の請求は認めないんです。
※被保険者である間に初診日のある傷病による本来の障害基礎年金(=1年6カ月
 の障害認定日で請求する年金のこと)は請求可能です。

>>

例題5の答え ○
───────────────────────────────────
■有料メルマガのご案内・合格体験記を読みたい時は下記HPへ!!
 「とれとれ E★社労士」 ホームページ
   www.tore2.com

■ ご質問・ご意見は下記までお願いいたします
 keikei@ra2.so-net.ne.jp
 :件名に、ご質問の場合は    「質問」
      それ以外のご意見等は 「その他」 とお書き下さい
  申し訳ございませんが、ご質問には直接お答えしておりません
  出来るだけ問題や号外に反映させる形でお答えしていきたいと思います

■免責事項
 なお、記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください

■当メールマガジン(ID 0000018358)は、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
───────────────────────────────────

一般常識は広く、浅く

┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「初学者のための社労士試験1発合格勉強法」【YouTube 動画】
  ⇒  https://youtu.be/91cnN6-BkEw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「社労士試験に合格するための勉強法」【YouTube 動画】
   ⇒  https://www.youtube.com/watch?v=Nakkh-AyXFU
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
2018.4.24 No30連続配信8(高確法)
   ──────────────────────────────
              
                     とれとれE★社労士  
   
   ──────────────────────────────
      〜一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く〜     

**********************************************************************
みなさん、こんにちは   とれとれのkeikeiです。

┏━■一般常識対策は広く、浅く(よりバランス力が求められます!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前年(H29年)本試験の労働一般の出題をみてみましょう。

  ──────────────────────────────
 選択式⇒「H28年能力開発基本調査(厚生労働省)」「外国人雇用状況(H28年10月末)」

 択一式⇒問1=労働契約法等
     問2=労働関係法規(最低賃金法、個別労働関係紛争解決促進法、労働組合法、
               育児介護休業法、女性活躍促進法)
     問3=社労士法
     問4=H28年版男女共同参画白書(内閣府)
     問5=H28年厚生労働白書(厚生労働省)
  ※法令から3問、統計資料から2問の出題。
  ──────────────────────────────

  選択式は、統計資料から。
  択一式の問1から問3までは、法令関係。あと2問は統計資料から。
  H27年からこのようなの出題形式。
  よって、今後もこの出題形式の傾向は続くと思います^^

 〜さぁ、どう一般常識対策しましょうか?^^〜
 
 下記2つを対策することが一般常識対策ですね

■法令対策
 とにかく範囲が広いですからね〜
 その範囲を全て勉強したって、上記のように法令からの出題はたった3問です。
 このことをしっかり確認したうえで、いかに限られた時間の中で、重要な
 箇所を抑えることができるか?です。

 広く、浅く

 あまりこの言葉を大声で話したくはないのですが、でも、単独科目のように
 深く勉強していては間に合いません。
 ですから、まずは過去問を使用して各科目の最重要ポイントを確認する!
 です。

■労働経済対策
 誰もが頭を抱える労働経済ですが、取り組み方としては、
 コツコツと基礎的な用語の定着と動向を掴んでいくことからスタートし、
(基本は、まず、「労働統計用語」をしっかり押さえることです)。
 「完全失業者って」
 「有効求人倍率って」
 という〜労働統計用語の定義〜を確実に押さえていくことです
(これを習得しなければ労働経済対策としては話になりません^^!)

 ※とれ2「一般常識対策講座」では
 ・今から一般常識(労働経済や厚生行政)の勉強スタートするぞ!
  という方が、この〜定義〜を確実におさえ、統計資料をくみこむことで
  しっかり対応できるように構成にしています。^^
  そのうえで、応用力で答えを推察できる力が身につきます

  もちろん、
 「今年は確実に合格を手にいれるぞ!」
  という再受験者の方にとってもこの内容は絶対納得して頂けるものと
  確信しております^^

 ・毎週金曜日、労働経済10回、厚生労働白書5回(社会保険は法令中心)
  の全15回(予定)で毎回、テーマを絞って取り組みます。

 労働経済の構成は、
 1.主要労働経済用語
 2.近年の単年数字
 3.「動向」(=直近だけでなくここ数年の動き)又は「現状に基づく政策」
 となっています。

**********************************************************************
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「とれとれE★社労士 有料版(H30年度版)」 募集中!
   お申込みはHPからどうぞ ⇒ www.tore2.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛

《 高齢者医療確保法 》

本題2 類H22-10E
国は、後期高齢者医療広域連合に対し、負担対象額の12分の3相当額、
調整交付金として負担対象額の12分の1相当額を負担する。
この負担対象額には、現役並み所得者に該当する者に係る療養の給付等
に要する費用も含まれる。

▼▼▼  解説   ▼▼▼
今度は、後期高齢者に係る医療給付について
はどのように賄われるのでしょうか?

1.公 費 負 担           = 5割
2.後期高齢者支援金(若年者の保険料) = 4割
3.被保険者の保険料          = 1割

 法93条1項より
 1.公費負担割合5割の内訳ですが・・・。
 国+都道府県+市町村=(3/12+1/12)+1/12+1/12=6/12で「5割」。
 このうち、国の負担額は問題文どおり、
 -------------------------------------------------------------
 ・負担対象額の3/12
 と
 ・負担対象額の1/12(調整交付金)⇒H22-10E
 -------------------------------------------------------------

 「負担対象額」とは・・・
 ──────────────────────────────
 療養の給付等に要する費用の額(一部負担金相当額を除く)から
 特定費用の額(現役並み所得該当者に係る療養の給付等に要する費用)
 を控除した額。
 ──────────────────────────────

  よって、現役並所得該当者に係る療養の給付等に要する費用、つまり
 「特定費用の額」については、公費負担が行われず、後期高齢者支援金
  及び保険料のみで賄われるので問題文後半が間違いということになり
  ますね。

■■ ちょっとコーヒーブレイク♪♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎調整交付金(参考程度に)
 今確認したように国からの調整交付金は1/12なのですが。
・「普通調整交付金」
 後期高齢者医療広域連合間の財政力の不均衡を調整するため
・「特別調整交付金」
 災害等の特別の事情を考慮し交付されるもの

 の2種類があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■
>>

本題2の答え ×

▼▼▼  ポイント ▼▼▼
2.後期高齢者支援金
======================================================================
例題2
後期高齢者交付金は、社会保険診療報酬支払基金が徴収する後期高齢者
支援金をもって充てる。
======================================================================
⇒法118条より
 「前期高齢者納付金」は「○○納付金」
 後期高齢者の場合は、「○○納付金」ではなく「後期高齢者支援金」と
 呼ばれているのですね!

※「後期高齢者支援金等」と言った場合には
 「後期高齢者支援金」+「後期高齢者関係事務費拠出金」を指します。
 先ほどの「前期高齢者納付金等」という場合も同じです。!


>>

例題2の答え ○

■■ ちょっとコーヒーブレイク(参考程度に)♪♪━━━━━━━━━━━
◎後期高齢者交付金
 これは後期高齢者支援金をもってあてることは確認しました。
 が、ここちーっと複雑なんですよね^^ 
 上記では後期高齢者交付金は4割よって確認しました。
 これは、公費負担5割と高齢者の負担分(=保険料)1割を引いた残りって
 計算式なわけですが・・・
 
 実は、後期高齢者の人口は増加する一方、若年者人口は減少するため
 後期高齢者の負担分を支える人は増えるが、若者の負担分は支えてが減少する
 ということが今後起こります。
 この状況の中で、仮に上記後期高齢者の保険料と若者の後期高齢者支援金の
  負担率を変えないこととすると、後期高齢者一人あたりの負担増加割合と
 比較して、若者一人あたりの負担はより大きな割合で増加していきますよね?

 このため、若者人口減少による若者一人あたりの負担の増加については、
 後期高齢者と若者とで半分ずつ負担するよう、後期高齢者の保険料の負担割合
 について、若者減少率の1/2の割合で引き上げ、後期高齢者支援金の負担率は
 引き下げることとしているのです。
 
 この率は2年ごとに政令で定めるものとされており、平成26年度及び平成27年度
 の後期高齢者負担率は、従前より引き上げ、平成28年度及び29年度も
 「100分の10.99」に更に引き上げ、平成30年度及び平成31年度も更に引き上げ
 られ「100分の11.18」とされています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■

■■ ちょっとコーヒーブレイク(参考程度に)♪♪━━━━━━━━━━━
◎後期高齢者支援金の負担方法
 この金額どういうふうに決まっているかイメージついてますか??
 ざっくりいうと、
【前提条件】
             A保険者     B保険者
 加入者          1000人      1000人
 加入者1人あたり報酬額  150万円      600万円
 総報酬額         15億円      60億円 
 
 この状態で、A保険者とB保険者が後期高齢者支援金【1億円】を負担する
 という場合。

(今まで)全面加入者割
     加入者数に応じて負担するため、A保険者(1000人)とB保険者
     (1000人)の場合、1:1の割合で後期高齢者支援金を負担
     ⇒5000万円ずつ負担

(これから)全面総報酬割
  =改正後   総報酬額に応じて負担するため、A保険者(15億円)とB保険者
     (60億円)の場合、1:4の割合で後期高齢者支援金を負担
     ⇒A保険者 2000万円、B保険者8000万円ずつ負担

 どうですか?
 (いままで)のやり方だと財政力の弱いところは負担が大きくなりますよね?
  財政力、つまり全体として報酬が低い保険者。
  が、(これから)のほうだと人数でなく財政力による負担となった!
  ということです。

※平成27年度は2分の1の額、平成28年度は3分の2の額と少しずつ総報酬割の
 割合をUPさせていたのですが、平成29年度からはその全額が総報酬割での
 負担となっています。(去年から改正後の形になっているということですね)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■

───────────────────────────────────
■有料メルマガのご案内・合格体験記を読みたい時は下記HPへ!!
 「とれとれ E★社労士」 ホームページ
   www.tore2.com

■ ご質問・ご意見は下記までお願いいたします
 keikei@ra2.so-net.ne.jp
 :件名に、ご質問の場合は    「質問」
      それ以外のご意見等は 「その他」 とお書き下さい
  申し訳ございませんが、ご質問には直接お答えしておりません
  出来るだけ問題や号外に反映させる形でお答えしていきたいと思います

■免責事項
 なお、記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください

■当メールマガジン(ID 0000018358)は、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
───────────────────────────────────

焦りからはいい結果は生まれない だから…

┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「初学者のための社労士試験1発合格勉強法」【YouTube 動画】
  ⇒  https://youtu.be/91cnN6-BkEw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「社労士試験に合格するための勉強法」【YouTube 動画】
   ⇒  https://www.youtube.com/watch?v=Nakkh-AyXFU
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛
2018.4.23 No29連続配信7(健康)
   ──────────────────────────────
              
                     とれとれE★社労士  
   
   ──────────────────────────────
      〜一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く〜     

**********************************************************************
みなさん、こんにちは   とれとれのkeikeiです。
今週いっぱい連続配信中でーす!!


┏━■焦りからはいい結果が生まれない!だから…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 意味深な書き方でごめんなさい^^
 勉強しなきゃって思っていて、スケジュールより遅れていると
「焦り」
 が生まれるでしょ?
「焦り」を抱えて頑張ろうとしても、あまりいい結果ってでないんですよね^^
 普段間違わないところを間違えたり、頑張ろう、追いつこうとすればする程
 蟻地獄みたく抜け出せないという感じ
(たぶん、皆さん1度は経験済みなんじゃないかなー?)


 だから、連続配信って話していた無料版も週末は配信お休みでした!
 これはとれ2有料版も全く同じスタイル。
 平日月〜金迄毎日配信しているのですが、週末は配信お休みなんです。
 そして、GWも実は配信はお休みに毎年なっています。

 これも、とれ2発足当時から変わらないスタイル。
 社労士試験後半戦に突入する前に、遅れを取り戻して
 「焦り」を取り除いてほしいって思いから、あとは人間ってずっと緊張し続ける
 ことってできないから、一度緊張の糸をゆるめてリラックスもしてほしいって
 思いから

 少々遅れてても、この配信お休みの期間に追いつけばいいじゃん♪
 って

 人間そうそう強い生き物ではありませんから、ちょっと仕事が忙しくなれば
 数日分たまるし、お誘いがあれば飲みにいっちゃう。
 朝早く起きてと思っていたのに、疲れがたまって起きれなかった!

 大丈夫!!!
 少々遅れても取り戻せるからー!!
 って私は言いたいんです^^

 ただ、勉強の遅れ=焦りに絶対つながりますから、ここはなんとか、なんとか
 解消したいですね!

 さぁ、今週1週間頑張ればGWですよぉー
 頑張ろう!
 

┏━■直前対策講座(一般常識対策講座、横断・縦断講座)募集中!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 とれとれ有料版
 ──────────────────────────────
 〇一般常識対策(法令、労働経済)はこれ1本でOK! メルマガ5000円
  〜3月から6月まで平日配信中〜

 〇横断・縦断講座                 メルマガ5000円
  〜GW明け週3日配信(7月まで)〜
 ──────────────────────────────
 合計1万円で、一般常識対策+各科目の横断整理(=横断学習)が
  『日々コツコツ』かつ『過去問を演習しながら』可能^^

 まとまったGWというお休み期間前にお申込み下さい!
 ※一般常識対策講座はGW前に社会保険科目は全て配信終了
  よって、まとめて添付ファイルにてお届け致します
 ※横断講座はGW明けから週3回、過去問を使用し混乱しやすい箇所を
  横断学習、頭の中の交通整理をしていきます 
**********************************************************************
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「とれとれE★社労士 有料版(H30年度版)」 募集中!
   お申込みはHPからどうぞ ⇒ www.tore2.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR┛

《 健康保険法  》

(法第45条 標準賞与額の決定)
本題1 H3-2E 
賞与は標準報酬月額の対象とならないが、年3回以上支給される場合は、
標準報酬月額の対象となり、報酬月額の計算の際において1年間の平均月額
をもって算入する。

▼▼▼  解説   ▼▼▼
⇒「賞与」とは、「3か月を超える期間ごとに受けるもの」とされています
 が、具体的には、年間を通じ支給回数が3回以下のもののことをいい、
 標準賞与額の決定の対象となります。(年3回であれば、4か月ごとに
 受け取ることになりますよね)。

 一方、同じ「賞与」であっても例えば支給実態が年間を通じて4回以上ある
 場合などは、標準報酬月額の算定基礎となる「報酬」に該当するとされて
 います。これは、厚生年金保険法も同様です。

====================================================================
例題1
給与規定が7月10日に改定され、その日以降の賞与の支給回数が年間を通じて
4回から3回に変更された適用事業所における被保険者については、翌年の
標準報酬月額の定時決定による標準報酬月額が適用されるまでの間において
支給された賞与については、標準賞与額の決定は行われない。なお、当該
事業所の全ての被保険者について標準報酬月額の随時改定は行われないもの
とする。(H27-3A)
====================================================================
⇒先ほど「賞与」とは?を解説で確認したと思います。
 この「賞与」の「年4回」という支給回数については7月1日前の1年間で
 みます。

>>

例題1の答え ○
 
>>

本題1の答え ×
        
▼▼▼  ポイント ▼▼▼
====================================================================
例題2
保険者等は、被保険者が賞与を受けた月において、その月に当該被保険者が
受けた賞与額に基づき、これに千円未満の端数が生じたときは、これを切り
捨てて、その月における標準賞与額を決定する。ただし、その月に当該
被保険者が受けた賞与によりその年度における標準賞与額の累計額が540万
円(健康保険法第40条第2項の規定による標準報酬月額の等級区分の改定が
行われたときは、政令で定める額)を超えることとなる場合には、当該累計
額が540万円となるようその月の標準賞与額を決定し、その年度においてその
月の翌月以降に受ける賞与の標準賞与額は零とする。(H28-4C)類H19-2E
====================================================================
⇒標準賞与額の年度累計額は「573万円」が限度と改正されました! 
 
>>

例題2の答え ×

もう1題すこーし細かい規定ですが・・・。
====================================================================
例題3
被保険者資格を喪失した日の属する月において、被保険者資格を喪失する
前に支払われた賞与は、保険料の賦課の対象にはならないが、標準賞与額
として決定され、年度における標準賞与額の累計額に算入される
(H20-6E)類H25-2D H29-10C
====================================================================
>>

例題3の答え ○

■■ ワンポイントアドバイス♪♪ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎標準賞与額
 健康保険も厚生年金も先ほど確認しように支給回数が、年3回以下のものに
 ついては「賞与」として、標準賞与額の決定の対象となりますが、両者では
 上限額が異なっていましたね?

・健康保険法の標準賞与額
 “年度”の累計額が573万円上限
・厚生年金保険法の標準賞与額
 “1月”につき150万円上限
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■
───────────────────────────────────
■有料メルマガのご案内・合格体験記を読みたい時は下記HPへ!!
 「とれとれ E★社労士」 ホームページ
   www.tore2.com

■ ご質問・ご意見は下記までお願いいたします
 keikei@ra2.so-net.ne.jp
 :件名に、ご質問の場合は    「質問」
      それ以外のご意見等は 「その他」 とお書き下さい
  申し訳ございませんが、ご質問には直接お答えしておりません
  出来るだけ問題や号外に反映させる形でお答えしていきたいと思います

■免責事項
 なお、記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください

■当メールマガジン(ID 0000018358)は、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
───────────────────────────────────
Amazon
人気ブログランキング
只今エントリー中!
あなたの愛あるワンクリック
をお願いします♪

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村
Profile

keikei

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ