GEDC2019

明治後期・人気編物作家の石井とみ子による、『ハートの小袋』
挿絵は、絵心があった石井とみ子自らが描いたもの。
当時は、レシピもなく、分かりずらい文章だったのです。
石井とみ子が、せめて見本だけでも詳細にしたいと描いた挿絵です。