2005年02月27日

劇団HOTSKY「ワンコインシアター」@阿佐谷北アトリエ(温室)。

温室にて、30分のお芝居を3本。
しかもワンステージ500円というワンコインシアター。
普段はギャラリーなどにも貸し出しているという、住宅街にある温室。
小さな温室に入ってみると小さな小さな池もある。
そこでお芝居を観るというのはそれだけでなんかわくわくする。

ラインナップは

●かけおち/つかこうへい作
●紙風船/岸田国士作
●修禅寺物語/岡本綺堂作

夕方4時からの公演で、ほんとに温室なので、自然光のなかでのお芝居。
凝った照明もなければものすごい舞台装置があるわけじゃない。
だけどお芝居のおもしろいところって、そこが昭和40年代の旅館の一室になったり、大正時代の畳敷きの部屋になったり、してしまうところ。

最初はこのシチュエーションでどんな展開になるんだろうと思ったけど、きっちり役者さんが温室をその時代のその場所にしてた。

個人的には「紙風船」での夫役の俳優さんの演技がよかった。
岸田国士って岸田戯曲賞の「岸田さん」だと思うんだけど、(お芝居に明るくないのでよくわかりませんが、たぶん)賞のに名前が冠されるくらいだから脚本も秀逸でした。

「修善寺物語」は古語での語りがよかったのだけど、温室のスペースではちと表現するのにつらい内容かな、と。
客演の舞踏家の方もあまり舞踏をされず、オールバックのおじさんがなんだかお芝居に出ていた、という感じで(失礼)惜しかった。
もっと、踊ればよかったのに。

終演後はいっしょに行ったyukaちゃんと横山さんとで阿佐ヶ谷のしょぼしょぼのいい感じの焼き鳥屋さんで一杯(全然一杯じゃないけど)。
宝くじ当たったら3人でメールスね。

keiko_flash at 15:36│Comments(7)TrackBack(1)お芝居 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 芝居の価値:知恵子  [ 熱 空 B L O G HOTSKY member blog ]   2005年07月10日 12:20
公演終了して早くも3日が過ぎてしまいました。 まだ身体に熱が残っている感じです。 ご来場くださった皆様ひとりひとりに感謝したい気持ちでイッパイです。 劇的な空間を作り上げるのは観客との共同作業だという様なことを唐十郎が言っていましたが、今回はそれをとても強く.

この記事へのコメント

1. Posted by 横山   2005年03月11日 01:18
3月7日抽選であるところのグリーンジャンボ宝くじ。
3000円当たり……ました。
明日も頑張って働きます(- -;
2. Posted by keiko   2005年03月11日 12:57
まだロト6がありますから。
はー。ほんとに当たらないかな。
当たったらどうしようかなー。
3. Posted by 知恵子   2005年03月27日 16:53
はじめまして。
HOTSKYの知恵子と申します。
紙風船と修禅寺に出演していた者です。

横山さんに教えて頂いてここに来ました。
もっとはやくお礼をしようと思っていたのに、遅くなってしまってすみません。

keikoさんの感想、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。
4. Posted by keiko   2005年03月28日 00:57
知恵子さん、こちらこそありがとうございました。
いやいや、すみません。
なんか好き勝手書いてしまいました。
読み返したら「オールバックのおじさん」ってほんま失礼ですね。
3つともテイストが違うお芝居でおもしろかったです。

コミカルなお芝居に出ていた方が、次はシリアスなお芝居に、って
最初はとまどったんですけど、見ているうちにひきこまれていきました。
そこは、役者さんの力なんでしょうね。

また、ぜひおもいろい企画してください。
うかがいます。
5. Posted by 知恵子   2005年03月29日 14:27
keikoさん、ありがとうございます。
また面白い企画を思案中ですので、是非是非ご来場ください。

もしよろしければ、
http://hotsky.seesaa.net/
からトラックバックさせていただいても良いですか?
6. Posted by keiko   2005年03月31日 20:47
こちらからもトラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
7. Posted by Felix   2006年09月05日 13:49
Well done!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字