2006年11月

2006年11月30日

もうがまんできない。

これはじゃがたらの曲。
あまり内容と関係ないです、あしからず。
なぜか急にじゃがたら、というかアケミを思い出したので。

仕事場ではiTunesでずっと音楽をかけてるんですが、
もっぱらインターネットラジオ。
最近お気に入りがジャズチャンネルのDI.fm Modern Jazz。
Smooth Jazzなんてかけると後悔します、つまんなくて。
DI.fm Modern Jazzの注釈が
「コルトレーン、オーネットコールマン、エリックドルフィー、
チャールスミンガス、and many other)
この人たちが中心にかかるんだけど、
マイルス、ギルエヴァンス、セシルテイラー、ファロア(ファラオ?)サンダース、アルバートアイラー、サン ラなど。

最近、よく耳にする人たちばかりで、ジャズ知らズの私にとっては、
すっごいピンポイントなチャンネル。
しかも、かっこいいんですけど、何聴いても。
曲がかかるたびに曲名を確かめに行くので、仕事に支障をきたしますー。
あの人は、こういうのに影響受けてるんだろうな、とか考えながら聴くとおもしろい。

やっぱり世の中のジャズに対するイメージって(私もそうでしたが)
「ジャズのかかる蕎麦屋」でかかってる音楽なんだよね。


今日は早く帰れるように昨日のうちに仕事をほとんどすませたからいいんだけど、
ちっとも仕事が手につきませんー。
ぎりぎりに仕事をもってこられないようにとっとと帰らなきゃ。

グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー


keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

さてっ明日から3days/Apple Storeで見たライブ。

「3日間も行くの?」
「3日間ともくるの?」
などと言われてますが、行きます、よ。
歩いて帰れるもん。

で、今日は古い友だちが渋谷Apple Storeライブをするというので行ってきた。
毒づかせていただいていいでしょうか?
ああ、またこんなこと書いたら友だち無くすなあ。
でも、まあ友だちだから言うんだけどさ。

何年か前から女の子とふたりでユニット(バンドとはいわないのか?)を組んでやってるらいしいのですが、
それをはじめたころに、あまり楽しそうでもなかったので、
「それはやってて楽しいの?」かなんか聞いたことがあります。
「つまらない」と言っていたので、
本人がつまらないものをお金を払って見行く気はまったくなく、
今の今まで聴いたことがなかったのです。

このあいだ、町でばったり会って今日のことを聞いたので、
近いし1回くらい行ってみることに。
で、何日か前にメールで楽しくやってるのか聞いてみたら
同じような答えがかえってきた。
まあ聴くものとしては、やってる人の気持ちはあんまり関係なく、聴いてよければいいんですが。

結果は、ごめんだけどつまらない。
結構がんばって聴いてたんだけど、どの曲も歌詞も耳に残らないのよ。
ジャズやブルースと昭和歌謡の融合?
なんだそりゃ…
いっそJ-POPとかって言ったほうが潔いいぞ。
中途半端すぎて、どれがジャズでどれがブルースでどれが昭和歌謡かわからなかったよ。

リズム隊がぺなぺなであまりにひどくて気持ち悪くなった…
限界ギリギリだったため、本人には会わずに帰ってきました。
会ったら今書いてること以上のことを言いそうだったので。

昔、よく遊んでたころは「打ち上げのためにライブをやる」って言ってたなあ。
その頃はライブも結構おもしろかったんだけど。
ここ数年は「一発屋でいいから売れたい」といってた。
それはそれで全然いいと思います。
売れて音楽番組なんかに出てくれたら話のネタになります。

でももうちょっとがんばって曲書かないと一発屋はむずかしいと思うよ、
がんばってね。

久しぶりの人とも会えたし、ちょっとおもしろかったけどね。

それにしても渋谷Apple Storeって普通に商品並べてる1階でライブやるのにびっくり。


最近、すごいものとかおかしいものとかばかり聴いてるから
普通じゃだめになっちゃったのかもしれません。
きのうのライブとは対極かもしれない。
ああ、もうひきかえせない。

keiko_flash at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月29日

ウサギ算式オーケストラ@高円寺ジロキチ。

楽しかったー!

一曲めはタワーオブパワーよろしくな、ファンクなインスト。
もうここで体がうずうず。

片山さんが歌ものバンドで吹いてるのを聴くのは、ほんとにほんとに久しぶり。
あー、ほんと好き、片山さんの演奏。
だってずっと聴いてきたんだもん。

前回聴いたときは、ギターの人がちょっと役不足かも、などと思ったのですが、
今回はぜんぜんいいじゃないですか。


カブちゃんはずっと昔から知ってるけど、懐かしいとかそんな感じじゃ全然ない。
現在進行のつきあいだからだなー。
だって昔の話なんてしなくても、いくらだって話すことがある。

彼の書く曲は、バカであったかくて下品でやさしく、ちょっと鋭い。
そしていつも、ライブを見たあとはなんだか幸せな気持ちになる。

だけど、今日はなんだか感慨深かったのよ。

この世界は素晴らしい。
明日どんなつまらないことが起こったとしても、きっと大丈夫。
そんな気持ちになった夜でした。


keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月27日

11/29JIROKICHIのライブ。

夢野カブ(vo,g) 大王ルイ(g) 今福知己(b)
高橋香織(vln) 関根真理(per) 仙波清彦(dr) 辰巳光英(tp)
●ゲスト 片山広明(T.sax)

夢野カブは高校の同級生です。
10代のころ、RCを観ていっしょにわーわー言ってた友人が
あそこにいた片山さんといっしょに演奏してしまうなんて、
なんかちょっとうれしい。

彼とは卒業してからずいぶん長いあいだ会ってなかったけど、
3年くらい前に奇跡(でもないか)の再会。
思い起こせばそこから今のいろんなつながりが生まれてる。

そういえば、北海道で電車の中でばったり、なんてこともあった。

高校時代、音楽の話ができる数少ない友人であり、
今でもあのころから続いている、さらに数少ない友人です。

自分が敬愛するミュージシャンと共演してしまうバイタリティ、
ちょっとすごいと思います。


keiko_flash at 01:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月26日

冷蔵庫故障は困る。

朝起きて、冷凍庫の中のものを出したら、
なんだかおかしい。
と思ったら、まったく冷気がない。

どうやら冷蔵庫がこわれてしまったようです。

テレビが壊れて3年近くテレビなしの生活をしてたけど、
冷蔵庫が壊れると困る。

どなたか冷蔵庫、あまってないですか?
って、ないか。

電気製品ってタイミング悪く続けて壊れるよね…

keiko_flash at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記 

2006年11月25日

川下直広トリオ@千歳烏山TUBO。

ここのところ、川下トリオは月1回、聴きにいっています。
最近は帰りが楽なので、烏山に行くことが多い。

今日のライブは、はじめてなってるハウスで聴いて、
踊り出したくなった感じを思い出した。

客数はそんなに多くないけど、1曲終わるごとの拍手は大きい。
お約束の拍手、じゃない。
2セットめは立ち上がって聴いてる人も。

三者三様、すごい演奏だったけど、
この日は不破さんのベースが流れるように鳴っていたと思います。



なんかこのあいだからまた胃酸が出過ぎているのか不調。
しばらく禁酒かなあ。
つきあい悪くなるかもしれませんが、ごめんなさい。
あ、でも来週からにする。
今週末は…ねえ。

川下トリオ1125川下トリオ112502川下トリオ112503

keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月23日

渋さ知らズオーケストラ@新宿御苑。

起き抜けな感じでアタマが働かなくて。
というのは私だけじゃないね。

ナーダム
股旅
ライオン
Pちゃん
本田工務店のテーマ
仙頭

とても寒かったんですが、ライオン終盤の社長のソロで完全にとびました。

12才の友人(パーカッショニスト)、は始めて聴くクラシック以外の音楽に興味深々で、真理ちゃんに釘づけだったよう。
ごめん、こんなに小さいうちから人生踏外すネタをあたえてしまった。

新宿御苑でやることって…ごにょごにょ…。
御苑はあの人のお膝元なんだっけ?
ふうん。

そういえば井の頭公園でパフォーマンスが規制されるって話しもあったね、この間。

だけど、どこでやっても渋さ知らズなんだよね。

そして、復活おしゃもじ隊!
ほんとにかわいかったと思います、よ。
うふふ、しばらく楽しみだなー。


早く終わったので気のおけない人たちと鍋大会。
やっぱりこの人たちといっしょにいると、
おもしろいし新しいものが入ってくる。


で、お約束でPHSを忘れてきました。
なんで忘れるかなあ、大事なもの。

いつもそうやって大事ななにかをどっかに忘れてきたのかもしれないなあ。


たつみしもbuto御苑01

keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月22日

思い出しごっこ。

久しぶりに歌ものが聴きたくなったので、
なんとなく目についたCDをかばんに。
ずいぶん前に聞いてたUAと椎名林檎と
マイルスの「doo-bop」(これはたまたま手元にあったため)。
評判よくないけど、このアルバムすごい好き。

7、8年前、こういうの聴いてたんだなあ。
なんだかずいぶん久しぶりに聴く。

会社でかけたら隣の席の人が
「懐かしい! なんか音楽って鮮明に聴いてたころが蘇ってくるよね」と。
なんだか思いがけないことまで思い出したりした。

あのころは絶対忘れたくないとか忘れて欲しくないと思ってたこと、
すっかり今では忘れてる。
そんなもんなのよ。

今聴いてる音楽も、あと何年かしたら、おんなじように感じるのかな。

Doo-Bop


keiko_flash at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) センチメンタル 

2006年11月21日

東京JAZZ2006。

最初からビデオに撮ってたんだけど、
毒にも薬にもならない感じが飽きてしまったため、
巻き戻してピンポイント録画、しながら観賞。

しかし曲はブツギリだし(これはしょうがないか)、
カメラワークは落ち着きがないというか。
あちこちきりかえればいいってもんではないでしょって感じ。

練り歩きで客席から登場したときの客席のおじさまおばさまのポカン顔と
なんか悪さしてやろうとしてる渡部さんとの対比がおもしろかった。
渡部さんって逆境?に燃えるタイプだよなー、絶対。

いやさ、太田さんのソロ、すごかったね。
これ、生で聴きたかった。

ぎゅうぎゅうのピットインとかバディも好きだけど、
やっぱり広いとこで観られるっていいね。
パブリックシアターが楽しみになりました。

そういえば、去年の今頃、某ライブの後に、東京JAZZに出るための方法、
とかって夜更けの居酒屋でやばい会話を大声でしてたような記憶が…
ほんとに出ちゃったのね。

それにしても、前半の円熟ギターおやじの緩いプレイにはなにも感じられませんでした。

あれが今ジャズといわれているものなら、私はジャズが好きなわけじゃないなあと思う。
そういう意味では別にロックも好きじゃないかなあ。
「本物の音楽を聴かないからだめなんだ」とおっしゃる人と大喧嘩したことがありますが、
本物なんてねえ、なんのことだか。

まあでも、渋さがあのイベントに出たことがおもしろかったと思います。

keiko_flash at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月19日

都に雨の降るごとく。

都には蕭やかに雨が降る。
(アルチュール・ランボー)

都に雨の降るごとく
わが心にも涙ふる。
心の底ににじみいる
この佗びしさは何ならむ。

大地に屋根に降りしきる
雨のひびきのしめやかさ。
うらさびわたる心には
おお 雨の音 雨の歌。

かなしみうれふるこの心
いはれもなくて涙ふる
うらみの思(おもひ)あらばこそ。
ゆゑだもあらぬこのなげき。

恋も憎(にくみ)もあらずして
いかなるゆゑにわが心
かくも悩むか知らぬこそ
悩のうちのなやみなれ。


P.ヴェルレーヌ
訳.鈴木 信太郎




何日か前から、なんかいやな感じがつき纏っている。
なんだろうと思い返してみる。
雨のせいだな、と思う。

この季節の冷たい雨が苦手だ。
もうずいぶん前のことで、登場人物はどうでもよくなってしまっているし、
なんだったのか思い返さないと思い出せないのに
冷たい空気や雨の音で、あのときに戻ってしまうのはなぜだろう。



keiko_flash at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記 

2006年11月14日

写真整理中。

たくさん撮ってもやっぱり撮りたりない。

テントaoken

keiko_flash at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月11日

渋さ知らズ@馬車道エアジン。

佐藤帆/立花秀輝/辰巳光英/関根真理/岡村太/
スガダイロー/大塚寛之/不破大輔

早く到着したので、壁際の席に。
誰も知ってる人がいないので、
町田康の「パンク侍、斬られて候」を読みながらはじまるのを待つ。
ほんま、このひとおもろいわ。
さすがに笑いながら読んでるのは変なので、笑いを噛み殺しながら。

●1st
インプロ→行方知れズ
なにかしらの音からどんどんいろんな音がつくられていくのは本当に聴いていておもしろい。
どこに帰結するのか全然わからない。
美しかったと思ったら、フリーキーで渾沌。

ここでの白眉は辰巳tpとさるへんgのバトル。
辰巳ちゃんがもっとも得意であろうニューオリンズテイストのラッパに、
さるへんさんのブルージーでロックなギター。
ところどころでジミヘンも。
辰巳ちゃんのラッパに遠慮がち?なさるへん。
「さるへんのギターが聴きたいなー」という不破さんの口述コンダクトのこころのなかでやったあと叫ぶ。

●2nd
Pちゃん
股旅
仙頭

Pちゃんはダイローさんの妖しいピアノのイントロから。
新しいアルバムのバージョンだ。
あのPちゃんがこんなアレンジにー。

後半はさるへんさんの背中を見続けるのも飽きたので
全体が見渡せるカウンター前で。

今日聴いて思ったこと。
たしてもひいてもプラスになるのが渋さ知らズ。
だからライブはやめられない。

今日はバナさんが元気なかったね。
調子悪かったのかな。




keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月09日

電気バカ@なってるハウス。

*

keiko_flash at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

2006年11月05日

渋さ知らズ劇場@吉祥寺曼陀羅2。

開演間近に到着したら、ほぼ席がうまっていて(日曜効果?)、
スピーカ前の席に座わらせてもらう。
最近は大丈夫だけど、夏までの仕事だったら絶対平日吉祥寺には来られなかった。
(今なら横浜にだって行ける)
なので、吉祥寺方面ライブは未だ3回め。

ドラムもパーカッションもふたり。
総勢13人。
スピーカ前のこの席危険かも。
神戸→京都→レコーディングとなにやらすごいスケジュールだったみたい。

不破さんのエレベがおもむろにサリー(やっぱし、かっこい)、
少しずつまわりの音がたされていく。

「Little Wing」
ここは大塚先輩の出番でしょう。
辰巳ちゃんのソロ、なにか壊そうとするけど、
壊しきれない感じ、最近。

そして「反町鬼郎」。

で…あれ?曲がぜんぜん思い出せない…

しばらくブレイク。

1曲めは股旅?
股旅の中盤、テーマに戻ったあたり、
ダイローさんのソロに伴走するあやさんのボイス、ズンドコドラム、
このあたりから音圧があがってきた。
(あとでつかぽん。さんと話していたんだけど、
 音圧=音の大きさや人数ではないのだよね、と)

ダイローさんの音は少し全体のトーンを変える。
予想しない音がするっと出てきて、するっとハマるのがおもしろい。

そしてひこーきでは鬼頭さんのバリトンソロが美しい。
ちょっと新鮮な感じでした。

そこから、「ナーダム」に。
くるぞくるぞとわかっていても、いつもここはドキドキしてしまう。

そして「仙頭」で幕。

王道の選曲でしたが、なんだか今夜はストレートで終わらない感じの演奏でした。


あきる野の余波か(おそい)また風邪がぶりかえしたもよう。
なんか最近、免疫力おちてんのかなあ。


keiko_flash at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) VIVA! ROCK 

谷の空中回廊にて。

65a61521.jpg4日間ほど秋の谷にいました。

なんだかまだそこからもどってこれていないような気分です。

谷の話はまたいずれ。

keiko_flash at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)