07_そして赤の広場。09_夜のモスクワはスイスイと。

2007年09月26日

08_渋さ知らズオーケストラ@IKURA CLUB(Moscow)。

今回の旅の目的のひとつである渋さ知らズのライブ。
知人に「追っかけ」と言われましたが、おっかけなんでしょうかねえ。
まあ、人に言われることははどうでもいいや。

海外での演奏を聴いてみたい、それがはじまり。
フランスやイタリアの大規模なフェスも観たかったけど、たまたまタイミングがあわなかったのと、
ロシアにはずっと行ってみたい、と思ってたところにいろんなタイミングが重なった。
気合い入れないとなかなかロシアには行けないし、単独で行くのは結構大変、と行ってみてわかった。

IKURA CLUB(ロシア語で魚卵)は渋谷にあるClub Asiaみたいな感じの
レストランやバーが併設されたクラブ。
建物内は昼間でも真っ暗で迷子になりそうなお化け屋敷みたい。
あんまり外国にいる感じがない。

ライブの観客はもちろんほぼ全員外国人。
チャージはいちばん安くて日本円で5,000円くらいらしい。
バブルだから若者もお金持ちなのかね。
演奏する場所は2階にも席があって(食事しながらライブ観る)、雰囲気は初台のDoors。
昔のPower Station(ふるー)に似てるかな。
ステージはあんまり広くなくてちょっと窮屈そう。

前列はかわいいロシアギャル(みんなかわいい)。
男の子も若い子が多い。
はじまってしばらくは固まってた客席。
中盤あたりからだんだん温度があがってくる感じ。
「FishermansBand」のMC、「I love ピロシキー!」あたりで
なんだか異常な盛り上がり。
ピロシキってさ、いろんな隠語として使われてるらしいね。
あれとかそれとか。
女の子が嬉しそうでしたな。

ナーダム〜本田工務店は怒濤の盛り上がり。
初めて聴く人がほとんどだと思うんだけど、気持ちのいいところは、
なんだか同じなんだよね。
隣で聴いてた女の子とは何度も目があって、笑いあった。
うしろで聴いてた男の子とは、いっしょに腕を振り回した。
なんか不思議、ここはどこだっけ。

あたり前なんだけど、場所がかわっても方法はひとつも変わらない。
ああ、やっぱり「どこでも渋さ」だ。
きっとこれを自分で観たくて感じたくてここまできたんだ。


さて、このあと、ちょっと過酷で相当おもしろいパリまでの道中が。

abetapersonひかり

keiko_flash at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 200709モスクワ・パリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
07_そして赤の広場。09_夜のモスクワはスイスイと。