20120425 自慢の息子/サンプル@駒場アゴラ劇場。2012.01.28/02.04 地域の物語 その2_取材と振り返り。

2012年05月06日

2012.01.21 地域の物語 その1_はじめまして。

何かをはじめるときは、いつも思いつき。
おもしろそうだからやってみようって思ってやるのが、いちばんおもしろい。

世田谷パブリックシアターの演劇ワークショップに参加した顛末記です。
1964年という年を真ん中に据えて、地域の人たちに取材をして、ひとつのお芝居をつくるというもの。

1月の初回には顔合わせ。
まずは名前を覚えるために、たっぷり時間を使ってゲーム的に自己紹介。
前にも1度だけ参加した演劇的なワークショップもそうだったけど、最初ってゲームのように進めるのが多いんだろうか。
大人になってから、そういうやさしい自己紹介みたいなのってあんまりやらないから、最初は引き気味だったけど、あとで考えるとこれがあったから、名前やその人の雰囲気がわかったかも。
そして、からだを使って簡単な表現をしてみたり。
これは慣れないとちょっと照れくさくて難しい。
でも、これできないとお芝居なんてできないよね。

その後、1955年と2011年の地図を床にならべて比較してみる。
これはすごくおもしろかった。
あきらかに、なくなったものと、足されたものがわかる。
二子玉川に飛行場があったなんてまったく知らなかった。
幹線道路もできる前だ。
大きな道路ができて街が様変わりしたようすが、ひとめでわかった。
大人たちが床にはいつくばって、ああでもないこうでもないと地図をながめるのもおもしろかった。
机じゃなくて床っていい。
寝っ転がって見たっていい。
数時間前までは知らない同士がなんとなく地図をながめてるって普通じゃやらないもんね。

それでもまだまだお互いさぐりあいな感じ。
さて、次はどうなりますか。

keiko_flash at 22:19│Comments(0)TrackBack(0) お芝居 | 人生で初めてのこと

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
20120425 自慢の息子/サンプル@駒場アゴラ劇場。2012.01.28/02.04 地域の物語 その2_取材と振り返り。