2016年05月23日

夢は必ず実現する

【経営者にて候えば5】
夢は必ず実現する

今日はミラコスタであるパーティに出席。

夢の国は、一体何故夢の国でい続けられるのか?
たゆまぬ努力の上にしか成り立ってない、
と、思えるパーティでした。

それから、せっかくなので、
夜のディズニーシーに行き、

満月輝くディズニーシーで考えました。

私の見る夢は独りよがりで、
実現するのには
大変な道のりがあるでしょうが、
実現したら、世の中をきっと変える。

朝からアトラクションめがけて猛然ダッシュする人々のように、
誰もが猛然ダッシュするような仕事の仕方を作りたい。

で、何で私は自分でハードル上げて苦しむかなぁ。。と。

やっとおとなの学校のテキスト「おとなの学校メソッド」が
売れ始めたところなのに。。
こんなことしなくてもいいんじゃ。。

さすがにハードル高すぎて、涙目なわけです。( o﹏o。 )

独りでここに来てみるとよく解る。

人は何故あんな朝早くからのゲートに並び、スタッフに叱られながらも走るのか?

家族に喜んでもらいたいから。
友達に、恋人に喜んでもらいたいから。

だもんなぁ。。。

今日はパワフルな満月が煌々と輝く夜。
欠けたところがなくても、「ぼっち」は寂しい。
だから、
人は誰かのためにひたすら頑張るんだ。。

あ、、、だけど、涙目なの、いつもだから、経営始めてから、
と、気がついて、笑。


keiko_ourakai at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

断捨離と悪人正機と満月と

【敬子と聡子の半身生活50】
断捨離と悪人正機と満月と

最近、敬子さんは聡子さんと
ほとんど
話をしていませんでした。
熊本地震以降、
あまりにいろんなことがあったからです。

最近、やっと熊本から外に出ることも出来るようになり、
敬子さんは聡子さんと話す余裕も出てきました。

でσ( ̄^ ̄)?

いやあ、なんて自分は性格が悪いんだ。
結局、成長してないじゃん、、、

と、ふたりでぶつぶつ、、、

震災は、強制断捨離。

無駄なものが少しずつ手離れしていきます。
ですが、情けないことに、
人間50歳くらいってのが、一番色んなことに執着するんじゃないでしょうか。

かっこわる。。。(´._.`)

解っているのに、なかなか捨てられない。
それを実感する今日この頃。

特に、仕事が捨てられない。
自分がいい人ぶることが捨てられない。
いい人になりたいと思う心を捨てられない。

「悪人正機」
善人なおもて往生す、いわんや悪人をや

ほんと、いい人になりたい人間なんて
ロクなもんじゃない。。。

とはいえ、今晩は満月です。
もう眠いから、寝よう。

えーー何それ?Σ(ㅇㅁㅇ;;)

断捨離しなきゃっていう執着からの解放です。( ̄ー ̄)
(単にルーズなだけかも)

★この物語は、左脳敬子と右脳聡子が
一つの身体を共有して起こる人生の珍道中。
ひょっとしたら、
あなたも右脳にもう一人の人格が住んでいるかもしれません。



keiko_ourakai at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

地震は強制断捨離

この一ヶ月は強制断捨離の連続でした。
まぁ、普通に壊れたものは捨てる。
背の高いチェストは捨てる。

ちょいと壊れた実家を諦める。

そして、、、

昨日から、仕事の断捨離。
というか、
仕事に対する思いの断捨離が始まったんです。

そもそも、こんな思い、従業員には関係ないんで、思うの削除。

新しい企画するなら、資金調達が必要だろう、
その範囲にかったり縮小、
つまり、
夢を追いかけ、走り続けていた私が、
このナイーブさも捨てる。

そして、変わる。

気づいたんです。
私、舐められてる。

なめんじゃねぇよ。。。。

写真は、一昨日の夕焼けを機上から。



keiko_ourakai at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月15日

風に吹かれて禊終了!

【被災者になってしまえば16】
風に吹かれて禊終了!

一昨日夕方、震災後はじめて、伊勢神宮外宮に参拝。
ふとね、どんなこと祈ってもそれはエゴだなと思ったんです。
地鎮もね、地震って地球にしてみたら、ちょっとした貧乏ゆすりなわけで。
するなと言われてもなぁ。。

世界平和も、人間という動物の性として、戦いたいのだから、
どうにもしようがないと。

そんなこと思いながら外宮から月夜見宮にも参ったところ、
月夜見宮の入口で、
目の前にある小さなお店が気になりました。

「月の雫」って名前らしい。
神宮杉のブレスレットだって。。

そこで、私は、はじめて本物の「麻」というものを見ました。
例の大きいやつです。
ショップオーナーさんと思いっきり話して、
そのブレスレットと飾りを買いました。

ブレスレット、DNAの二重らせんに見えるなぁ。。。

5月14日、
朝起きて、朝風呂のため、そのブレスレットを外そうとしたら、外れない。
麻の糸がねじれてボタンになってる神宮杉の根元に絡まって外れないんです。

まぁいいか、そういうことか。。

これをつけていたら、
そうか!生きてるってのは、ただ生きてるだけで、おめでたい、お祝いすることなんだ!って思えたんです。

17年後の計画にしてましたが、待てないかも。
壊れた実家を解体して、そこに本物のリトリートハウスを作ろう!
も〜〜頭はそれでいっぱい。

これから何年かかけて、この麻のように本物だけで自分を癒し、
本物になるために自分を律する場所にしよう!

なんだか、魂が喜んでる感じ

その勢いで内宮へ。
五十鈴川べりでしばし瞑想。。
水の音がコロコロと心地いい

そこからいつもな通らない参道の裏道を通って、
風日祈宮へ。
私が一番好きなお社です。

そしたら、人だかりが。
なんと、今からご神事があるとのこと。
5月14日は風日祈祭なのですって!

厳かな神事を見ていると、
勝手に涙が出てきました。

そして、神事を司る神官さんの烏帽子に麻が飾りで巻いてあることも発見!
麻って大事なものなのですね。

めったにない、門の開いている風日祈宮に参拝。
緩やかに白い布が宮内に揺れています。

その後、正宮へ。
正面に立った瞬間、ぶわぁっとこちらに向かって風が正宮から吹いてきます。
その後風が白い布を吹き上げ、正宮の門ががまんまんに見えるのです。

キターーーー

この風は私と正宮とのいつものお約束。
もう、これでいいんだ。。。

これで、禊、終了!!!

このシリーズも終了です。
さぁ、禊も終わって、新しい一歩を踏み出そう。

最後までお読みくださって、
感謝百万遍(/*´ `)/♡

この投稿はfacebookにしたものの転記です。



keiko_ourakai at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)被災者になってしまえば 

2016年05月09日

波動ジャンキー再開!

ブログ再開します。
細かいことは抜きにして、まずは一投稿

【瓦礫撤去はボランティアがするという囚われからの解放】
その1

どうもおかしい。。。
ずっと考えておりました。

ボランティアとは、確かに奉仕活動ですが、
その方の得意とすること、
元々プロであること、
をやったほうが圧倒的に効率的です。

私のところは、プロの方にプロの支援をして頂いております。
どれだけ心強いかわかりません。

また、ボランティアは決してぞんざいに扱ってはならない。

今回、私が引っかかっているのは、ボランティアの方々へのあまりにものぞんざいな扱いです。

得意なことはさせない。
瓦礫撤去に人がいる、そこしかさせない。
しかも、ニーズ把握がうまくいってないので、
わざわざ遠方から来たボランティアを相当数門前払いにしてしまった。

以上、批判ではなく、事実です。

私は被災者には被災者の仕事があると思っています。

それは、感謝しかできないから、
心から感謝し尽くす、ということです。

おもてなししようにも、何もありません。

だけど、心がある。

スゴイものを私たちは持っているんです。

感謝する。

他にないから、精一杯感謝できるんです。
そうやって、沢山の私的支援物資と私的人材支援をありがたく頂いてきました。

だから、もっと感謝しましょう。
感謝を態度で表しましょう。

これを読んだら、「してますよ!」と怒る人がいるかもしれない。
それと同時に、
「あ、忘れてたな」と、思う人も必ずいるんです。

感謝は誰にでも出来る。
笑顔は誰にでも出来る。

笑顔になんかなれない?
そんな人たちを励ますために、
ボランティアは来てくださってます。

ボランティアの方々には、そういうお仕事をさせてあげてください。

私からのお願いです。

そして、心の底から、感謝の笑顔で
おもてなししましよう!

熊本んもんは、明るかっだけんな。


keiko_ourakai at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一隅を照らす国宝プロジェクト 

2015年04月21日

満足な臨終

しばらくブログ更新しておらず、
すみません。

その間あまりに色んなことを考え、悩みました。

まずは、ミャンマーでの話にけりをつけましょう。

JETROの展示会最終日、片付けてから飛行機出発まで
観光しました。

ミャンマーで観光といえば、お寺か仏舎利塔。

神々しいことこの上ないのです。
もちろん全ての仏様の後光は、5色パラリラです。

ミャンマー人にとって、
信仰こそが、ディズニーランドなのではないでしょうか。

誰もが幸せと救いを求めている。
私たちは、それに気がつかずにディズニーランドに行っているだけなのかも。

幸せになりたくて、自分の干支の像に水をかけまくるのです。
ディズニーランドを走り回るのも同じかも。

そういえば、チベットのリンポチェが、ディズニーランドが大好きで、
「こんな風に誰もが幸せそうに笑っていたら、戦争は無くなるのに。」
と、仰っておられたとか。

幸せとは、シンプルなものなのかもしれません。

その前に一番大きな涅槃像を見に行きました。
とてつもなく大きい。
けれど、真っ白な肌、長いまつげ付きのデカ目、ピンクの唇、、、

その大きな青みがかった目で虚空を見ている。

そうか。。。

仏陀は、満足して死んだんだ。

その言葉が突然浮かびました。
そうか。。。

私は、自分がしたいことが解りました。
私は満足して死にたいのです。

満足は、、、
今、動かない体と心で、
未来を失った人々に未来を取り戻してもらうこと。
それを、おとなの学校を通じてやること。

だって、私はミャンマーで見ちゃったんだもん。
あんなに喜んで授業受ける高齢者を。

私は満足して死にたい。

こちらでは、功徳を積むために、スズメを放つというものがあります。
(わざわざ捕まえてきて、カゴにいれてあるものを、お金を払って放つのです。なんだかな。。)

手放す時、ほんの少しだけ、
自分が自由になった気がしました。


好本さん、
人生がパラリラしてきたのは、
きっと吉兆です。
私にとっては、ほとんど歩けなくなったことを
吉兆に変えるというゲームです。
人生はゲーム、天啓は、ゲームのカギみたいなものですかねぇ。




keiko_ourakai at 18:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)三次元ゲーム攻略法 

2015年04月07日

インクリディブルミャンマー!

好本さん、
個人が全体の意思に沿って動く時、
大きな力になる。
それが、実は引き寄せの本質なのかもしれませんね。

今回は、インクリディブルミャンマー!
日本人には想定外のミャンマー仏教のレポートです。

日本に伝わったのは大乗仏教。
ミャンマーに伝わったのは、上座部仏教と言われます。

とりあえず、まずこれを。。。


ほぼ全てのミャンマーの仏像はこのノリです。
美白、デカ目、ロングまつげにショッキングピンクの唇。

さらに!

後光は、5色くらいの電飾で、パラリラするのです。


マジです。
どれくらいマジかというと、
ある外国人たちが、このノリの仏像にイヤホンをつけてみた、
これからオープンするバーの飾りとして。
そしたら、
オープン前に逮捕され、2年半の留置。

はぁ?オープン前なのに?と、驚くと
「オープン前だったから2年半だったのであって、
オープンしてたら、何年になったか解らない。」
と、言われました。

マジか。。。
ミャンマーにいらっしゃる時は、これだけは気をつけてくださいませ。
仏像に対する不敬罪は重いです。
(ちなみに、逮捕された方のお母さんが何故か私たちの展示ブースに来て、
英語でコトの顛末を何度も説明するのだけれど、
奇想天外な話だったので、ミャンマー人の通訳さんに聞いてみたら、
事実が上記のようにわかりました)

ミャンマー人にとって、あの仏像が尊敬と信仰の対象なのであり、
アンタッチャブルなサンクチュアリなのです。

とはいえ、ミャンマーのディズニーランドなんだと思いますけど。。。

つまり、極楽浄土って、金ぴかでキレイで電飾みたいにパラリラしているんです。
仏説阿弥陀経読んだら、確かにそう書いてありますもん。

伏し目がちな仏像もありますけど、基本デカ目です。
あれは叡智を表しているんじゃないかなぁ。。。

そう言えば、チベット仏教のリンポチェが、日本のディズニーランドに行って、こうおっしゃったそう。
「ここみたいに世界中の人々が笑っていたら、戦争は起こらないのに。」

ううむ。深い!

一回じゃもったいないインクリディブルミャンマー仏教レポートは続く。。。


keiko_ourakai at 13:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)三次元ゲーム攻略法