ジビエで疲労回復・皮膚の健康・新陳代謝

ジビエとは、イノシシ、シカなどの狩猟肉です。皆さんにもっとジビエのことを知っていただきたく、このサイトを作りました。

体の中からパワーがでるジビエ

家内はジビエも含めて、自然農法等も行っている
伊勢の仲間達のところへ1ヶ月に1回くらい行ってます。

家内は重度のリウマチにうつ病なのですが
そこへ行って帰ってくると生き生きとしてるのです。

食べ物や仲間の力ってすごいですね。

ジビエの肉やだしでとったスープは
冷凍して送ってもらってます。

これは一般の方にはしてません。

元気が無くなったとき、ジビエの肉を
細かく切ってあぶってたべます。


沈みがちな家族が明るくなります。

ただ調子にのって食べると、夜
目がぎんぎんになって寝られないので
注意しましょう。


一般の方はコチラの肉屋で購入
してくださいね。


 

ジビエ人気、ニホンジカ登場

改訂された日本食品標準成分表にニホンジカの肉が加わった。

野生ジカの農林業被害に頭を抱える人たちは、
食材としての活用に弾みがつくと歓迎している。

 シカはこれまでニュージーランド産のアカシカが掲載されていた。
近年、野生鳥獣肉を使うジビエ料理が人気で、
国産のニホンジカを扱う料理や加工食品
増えてきたことから追加された。

試料には流通量が多い亜種のエゾシカ(野生)が使われた。

 成分表によると、エゾシカは100グラムあたり
たんぱく質を22・6グラム、脂質を5・2グラム、
鉄分を3・4ミリグラム含む。

たんぱく質は和牛(サーロイン皮下脂肪なし)の約1・8倍で、
豚(ロース同)とはほぼ同じだ。

脂質は和牛の1割余り、豚の半分以下と少ない。

際だったのは鉄分の量で、和牛の約4倍、豚の約10倍という値だ。

 北海道では、研究者らがエゾシカは「ヘルシー肉」として、
家庭や料理店にだけでなく、
学校や病院の給食用食材としてもPRしてきた。
成分表に載ったことで、栄養士が栄養計算をできるようになる。

 管理栄養士で釧路短期大学准教授の
岡本匡代さん(42)は「成分表への記載は
有効活用を目指す私たちの悲願だった。

脂質の値はこれまでの研究報告より高めだが、
野生ならではの変動かもしれない。

鉄分が不足しがちな女性もシカ肉
どんどん食べてほしい」と話している。

 

鹿肉 (約300g)

シカ肉とっておきレシピ2

鹿肉のロースト バルサミコソース~ミディアムレアのチョー柔らか食感。


20160124

材料

鹿肉ブロック350g

ローズマリー1本

塩、胡椒小さじ1

オリーブオイル適量

白ワイン大さじ1

ハチミツ大さじ2

バルサミコ酢大さじ2

オリーブオイル大さじ2


1

鹿肉に塩、胡椒、オリーブオイルを刷り込む。密封パックに鹿肉、白ワイン、ローズマリーを入れて揉む。冷蔵庫で1日置く。


2

オーブンを200℃に余熱。その間にオリーブオイルをしいたフライパンで表面を強火で焼く。焼き色がついたらオーブンで10分。
 

3

オーブンから出してアルミホイルにくるむ。冷めるまでの間にソース作り。フライパンでバルサミコ酢を煮詰める。
 

4

煮詰めたバルサミコ酢にオリーブオイルをいれてゆっくり混ぜる。とろっとして来たらハチミツも投入。全体が混ざったらOK。
 

5

粗熱の取れた鹿肉をスライスしてソースをかけたら完成。


コツ・ポイント

レアがいいって方はオーブンを使わずにフライパンで焼いたあとにアルミホイルにビチッとくるんだらできます。





 

鹿肉 (約300g)

 sikadai
ギャラリー
  • シカ肉とっておきレシピ2
  • シカ肉とっておきレシピ2
  • いのししの肉レシピ1
  • シカ肉とっておきレシピ1
  • シカ肉とっておきレシピ1
  • 美人が大胆にイノシシをさばく
  • 東京でジビエが食べられる店
  • 東京でジビエが食べられる店
  • 東京でジビエが食べられる店
sisi