r&mの折りたたみ自転車BD−1(ライズ・アンド・ミューラー)

ドイツの自転車メーカーである、ライズ&ミューラー。折りたたみ自転車「BD−1」は同社の代表作。日本にもBD−1ファンが多く、人気が高い。

リーズ&ミューラー社の社名は創業者で現代表であり、

BD-1を生み出したデザイナーでもある2人、

マーカス・リーズ氏とハイコ・ミューラー氏の姓に由来しています。

そしてBD-1の歴史は、

ダルムシュタッド工科大学の学生だった2人の出会いにまでさかのぼります。

1992年、当時大学在学中の2人は、

100カ所のスケールポイントをもつ

スケールサイクルの開発をスタートさせました。

そのスケールサイクルを使った細 かいポジション取り、

設計の細部寸法と重量の徹底的な検証を行なっていきます。

その後ハイコの家のガレージを作業場として、

試作車製作を繰り返す日々がつ づきました。

そうした努力が実を結び、ついに画期的な折り畳み機構を持ち、

走行性能と快適性に優れた名車 BD-1は誕生に至りました。

「環境にもっとも優しい乗り物自転車をもっと手軽に、

もっと楽しく、もっと快適に、そしてもっと安全に、

より多くの人に親しんでもらいたい。」

BD-1の 最大の特徴である折り畳み機構も

こうした2人の信念とヨーロッパの環境から生まれました。

折り畳み機構について

「乗り心地と安全性を十分に確保するためには

フレームで折り畳まないことが最大で重要な要素であり、

設計で最も苦労した点だ」

と後にマーカスは語っています。


数あるモデルの中で軽さと走りと折り畳みのしやすさ

のトータルバランスの完成度の高さからr&m社のBirdy(日本名BD-1)は

ヨーロッパ各国のみならずアメリカや日本でも折り畳み自転車の

絶大な人気を誇る折り畳み自転車です。

20インチホイールの自転車は走行性を重視しますので

その反面コンパクト性を失い、16インチ以下のホイールサイズの自転車は

コンパクト性、携帯性を重視 しますのでその反面走行性が伴ってきませんが

BD-1は18インチホイールサイズを使うことで軽さと走りとコンパクトさの

トータルバランスで考えますと最も優れた世界NO 1の自転車です。

18インチの小径ホイールでありながら

ホイールベース(前輪、後輪の車軸間の距離)は

通常の26インチのMTBとほぼ変わらないので走行性は安定があり軽快です。

トータルバランスでの評価からBD-1の人気は不動のものとなりました。

そのBD-1も初期モデルは1995年本国ドイツで先行 販売となり

日本へは1996年ミズタニ自転車株式会社

(日本国内総輸入元で1996年の初入荷から現在に至るまで約10年間変わらず)

を通じて今では年間 おおよそ3,000台ほどが入国しております。


現在ではミズタニ自転車が独自にセレクトしました全国で約15店の

プレミアムディーラー(特別販売店)を中心に手を加えられ

オーナー様の元へ届けられます。




折りたたみ自転車、最近ちょっとしたブームの感もありますが、

これだって細かく目的別に選んだほうがいいに決まってます。

電車などでも持ち 歩きたいという携帯性重視の場合は、

小型で軽量これにつきます。


そこそこの走りも欲しいという方は18〜24インチサイズを、

(変速機があればベスト)選んで戴ければ間違いありません。

日常の足としてもというなら、丈夫でシッカリした作りの国産車がお薦めです。

さらにデザインやカラーが個性的なものも多く あるので、

目立ちたがり屋さんもOKです。




詳しくはこちらへ!

BD-1(Birdy)は欧州で最も厳しく、

信頼を得ている検査機関EFBeの認定を得ています。

【EFBeとは】
正式名称はEFBe Prueftechnik GmbH自転車の強度試験、

金属疲労度試験、構造試験、走行試験を行なっている。

特にフレーム、フォークの試験においては世界一厳しい。

ドイツ国内では既 に自転車検査では最も信頼おける機関という定評があり、

欧州全体でも評価は極めて高くEUが拡大統一となった場合、

自転車部門の認定検査機関となる可能性 が高いといわれている。

EFBeはドイツ連邦基準であるDINやTUV対応の認証もしているが

EFBeの基準の方がDINよりずっと厳しい。

BD-1SPEEDハイポリッシュ)9段変速折りたたみ自転車2013年モデルS-BAA認定モデル


efbe09_img

1995年

折りたたみ自転車に衝撃と共感を与えた、

マーカス・リーズ、 ハイコ・ミューラーの両氏は、

彼らの理想の自転車初代BD-1を世に送り出した。

最初は1車種からのスタートだった。


1996年

初代BD-1が登場。

本国ドイツの発売の1年後だったが、

日本でスマッシュヒットとなりそれが世界各国に波及した。

世界のFoldingBikeのデファクトスタンダードとなったBD-1は、

日本から発信されたのだ。

このモデルは、非常に完成度が高くBD-1のStandardモデルとして、

現在まで受け継がれている。





1997年

駆動系統がベルトドライブ方式のBD-2が登場した。

オイルフリー駆動は人気が高く、BD-2.1へと進化したが、

現在は製造中止となっている幻のモデルである。


1999年

この年から、ブラックモデルBD-1Z日本オリジナルモデルが登場。

BD-1の持つロングツーリング性能をより高めるため、内装3段×外装7段の

21段変速を搭載したBD-3は優れた走行性能が愛され、

現在まで続くロングセラーモデルとなった。



2000年

ミレニアムを記念して5色のBD-1colorsが登場し世間の話題をさらった。

また、アニバーサリープレートをつけた記念モデルも発売された。


2001年

BD-1のフレームは7005Tアルミニウムを基本素材としているが、

フレーム素材に初のチタニウムを採用した。

当初はメインフレームのみチタニウムだったが、その進化を続け、

フルフレームチタニウムになった。

また、ディスクブレーキを搭載したハイエンドモデルも登場。

ハンドル傾斜角を2度内傾させることにより女性をはじめ、

さまざまな体型の方がオーナーとなることが可能となった。

BD-1のライディングポジションを好むオーナーに支持された。


【BD-1】 限定モデルBD-1 ALFINE(シマノ内装変速11段)

2003年

SHIMANOが新たに開発した

小径車専用コーンポーネントCapreoをいち早く採用した。

さらに磨きのかかったスタイリングと駆動性能、制御性能の向上により

BD-1のメインモデルとして認められる。

今後も注力モデルとして継続される。


2005年

徹底的な軽量化により9段階変速で驚異の重量、

9.7kgを実現したモデル。

2005年の限定も出るとして登場した。


2006年

2006年、ついにBD−1の基本設計を見直し、

フレームから大胆に新しく設計されたニューモデルBD−1capreoが登場。

それまでのBD−1の持つポテンシャルはそのままに、

フレームの重心を下げることに成功した(Low Gravity)ニューフレームは、

さらに優れた直進安定性と安全性をもたらした。






このページのトップヘ