2005年09月18日

レベル75



【評価】
☆☆☆☆☆
5つ星です。

【内容】
レベル7まで行ったら戻れない―。
謎の言葉を残して失踪した女子高生。

記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。
少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。
二つの追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく。

ツイストに次ぐツイスト、緊迫の四日間。気鋭のミステリー作家が放つ力作長編。

【批評】
初めて読んだミステリーです。
私が「本なんかおもしろくない」と思っていた頃に周りの勧めからしぶしぶ読みました。

そうすると!!!
最初の1ページを読んだ瞬間!宮部みゆきワールドに引き込まれて
700ページを一気に読破してしまいました。

ほんとに最初の1ページだけです。
嘘だと思うなら最初だけパラパラと立ち読みしてみて下さい。

謎が謎を読んで、複雑に絡み合う…。
そして最後に1つに結びつく。
感動のラストが…。


keilo_ol at 08:55│Comments(0)TrackBack(0)文学 | 特にお勧め

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

keilo_ol