2005年11月13日

ウィニング 勝利の経営5



【評価】
☆☆☆☆☆

【内容】

GEを世界1企業に育て上げ、「20世紀最高の経営者」と呼ばれるジャック・ウェルチが、「人材採用のチェックポイント」から、「いやな上司への対処法」「天職の探し方」「中国との競争に勝つ方法」まで、ビジネスで成功するためのノウハウをたっぷりと、驚くほど具体的に明かします。

バフェットさんでさえ「この1冊があれば、もう他の経営書はいらなくなるだろう」
といっています。

【批評】
指摘が厳しいので、反発を感じる部分もありますが、とにかく自分の経験を
元に書いているので、読んでいて面白いです。
向上心のある方なら素直に受け入れられるのではないでしょうか。

失敗して得た経験も率直に紹介されているので、なるほどなぁ、
いろんな失敗もしているから、得るものも多いんだろうなぁと
素直に感心しました。

この本のように、自分の経験を豊富に引用している本は、説得力を
感じます。

また、本音で語ってるので、本を読むと言うよりは、講演会を
聞いているような気になりました。

とにかく、ジャック・ウェルチという人は実践家ですね。
実践して、その経験をどんどん活かしている行動力に、刺激を受けました


keilo_ol at 22:27│Comments(0)TrackBack(2)会社経営 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ジャック・ウェルチ「勝利の経営」  [ 読書三昧 ]   2005年11月20日 12:03
 いわずと知れた元GE会長兼CEOのジャック・ウェルチの本である。ジャック・ウェルチといえば、選択と集中を推進し市場でナンバー1かナンバー2でなければ売却するか撤退すると宣言し実行したとか、シックスシ
2. 【ビジネス書】 ウィニング/ジャック・ウェルチ  [ 大阪生活、ときどき本。 ]   2005年11月21日 21:52
ウィニング 勝利の経営posted with amazlet on 05.11.21ジャック・ウェルチ スージー・ウェルチ 斎藤 聖美 日本経済新聞社 (2005/09/13)Amazon.co.jp で詳細を見る

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile