インターネット・法律

2005年09月13日

インターネットの法律相談4



【批評】
☆☆☆☆
4つ星です。

【批評】

柔軟性に富んだ法解釈は、おもしろくて実用的でした。

インターネットの世界では、法律の解釈が混乱し続けています。
例えば、ネットやITに関する法解釈に関して、ユーザーからのもっとも素朴な疑問
として、「社員のメールを会社が監視するのは、プライバシー侵害にはならない
のか?
」などといったことがあります。

従来の、ネット法律相談本割では往々にして、「法律はこういう行為を
禁じています。だからこうしましょう」と、法解釈を決め打ちしてしまっている
ケースが多いと思います。

しかし、この本のおもしろいところは、そうした決め打ちをできうる限り
除いているところです。「こういう法律があって、こういう解釈がなされている。
けれども、異論も出ている」、「こういう解釈ができるけれども、今後は別のこう
いう行為も法規制の対象になる可能性がある」といったトーンで書かれている。

実際、実用書としてはこうしたトーンのほうがずっと役に立ちますし、なにより
読んでいてずっとおもしろかったです。
Profile