2017年12月23日

40thアニバ(1977〜2017)

ジュリーって、今年、
レコードデビュー50周年だったでしょ。
で、この俺は、40周年なんだよ。何がって?

沢田研二ファンになって、40年ですよ。
そう今年、オイラもメモリアルイヤーだったのよ。
以下、40年記念の個人史を記しておきます。
あまりに個人的なので、スルーしてくださいね(笑)

1977年(小三)
・TVで観た「勝手にしやがれ」の帽子投げに感動、ジュリーファンに
1978年(小三)
・お年玉で4曲入コンパクト盤(勝手にしやがれ等)と新曲「サムライ」購入
・冬休み中の学校行事で、「勝手にしやがれ」振付で歌う、拍手喝采を浴びる
・ホームセンターでカラオケテープ購入。ガイドメロで過去曲覚える
1978年(小四)
・祖父に『今度は華麗な宴にどうぞ。』を買ってもらう
1979年(小五)
・初めてのライブ体験、地元で ほとんど記憶になし
・母親の友人夫婦経営のレコード店閉店 最後に『FOREVER』『ROYAL STRAIGHT FLUSH』購入
1980(小六)
・修学旅行の夜、「恋のバッド・チューニング」熱唱。
・小六コース「沢田研二ものがたり」でPYGというグループの存在を知る
・収集したポスターや雑誌の切り抜きを父親が無断で捨てる蛮行 大事件勃発
1981年(中一)
・同級生の姉が所有の「シー・シー・シー」を譲り受ける。
・NHK-FM「ひるの歌謡曲」、特集でザ・タイガースを初めてまとめて聴く。
1982年(中二)
・TBSラジオNISSANミッドナイトステーション「夜はきままに」、
 ジュリーB面ベストテンに「世紀末ブルース」を投票 34票11位 初ハガキ
1983年(中三)
・日曜23時からのTBS「沢田研二ショー」を楽しみに受験勉強
・金持の同級生より何本ものアポロンミュージックテープを譲り受ける。
1984年(高一)
・5年ぶりの生ジュリー。「ノンポリシーツアー」、地元で
・大学浪人が決まった先輩の前で「どん底」歌い、怒られる
1985年(高2)
・隣のクラスに大のジュリーファンの存在を発見、
いらない雑誌の切り抜きなど大量に譲り受ける 現在も重宝
1986年(高3)
・新聞紙上で「架空のオペラ供彙聾汽薀ぅ屬旅霖里眞羯澆 ぬか喜び
・実家でビデオデッキ購入。初録画は「歌うゴールデンタイム」の「女神」など
1987年(予備校)
・3年振りの生ジュリー。「Keep On Runningツアー」、札幌にて
・まだカラオケBOXのない時代、
大箱のカラオケ居酒屋で「晴れのちBLUEBOY」を歌う。居合わせた客、皆踊る
1988年(予備校)
・半年ほど情報のない生活。新曲「Stranger」を偶然CD店で見つけ吃驚
1989年(大学1年)
・ACT「クルトワイル」観劇。札幌のホテルにて。アクトって何?状態
・「彼は眠れないツアー」参加。
1990年(大学2年)
・同じ大学にジュリーファンの女子発見!仲良くなるが、それ以上の関係にならず。
・「単純な永遠ツアー」参加
1991年7月(22歳 大学3)
・「パノラマツアー」参加(ツアー参加は以下省略)
・BSで25周年特番。友人たちに録画を頼みまくる
・「THE TIGERS PERFECT CDBOX」購入 ザ・タイガースをまとめて浴びるように聴きまくる
1993年(就職)
・チケット購入も「REALLY LOVE YA!!」ツアーに行けず 涙
1993年〜98年
・就職後、高校の文化祭依頼、バンド活動
 「渚のラブレター」「時の過ぎ行くままに」などレパートリーに。
1996年
・新譜「愛まで待てない」、当時在住の網走市に売っていない、帯広市まで買いに行く。
1998年
・「サーモスタットな夏」ツアー。道内を車で追っかけ。
 帯広公演後 出待ちで初の至近距離、感激
2001年
・「21世紀初三大都市公演」初めての渋谷公会堂、感激
・「新しい想い出2001ツアー」、チケット購入も行けず。
2002年
・映画「カタクリ家の幸福」 澁谷で舞台挨拶、
会場入れず出待ち ジュリーの愛車を至近距離で見る、感激
・初めて音楽劇鑑賞。「風狂伝02」(初日と2日目)
2005年
・ブログ「僕らはいつも楽しい驚き」開始(〜至現在 ほそぼそと)
2007年
・職場の同僚結婚お祝い会にて即席バンド 「あなたへの愛」演奏
2008年(40歳)
・40歳の誕生日を、京セラドーム「ジュリー祭」で迎える。
2010年〜12年
・バンド活動再開。「おまえがパラダイス」をレパートリーに。
2013年10〜14年3月
・仕事のため東京に住む。タイガース含む5回の生ジュリーを堪能。
その間、ファンの方々に大変お世話になる。
2014年 
・母が生前、最後に、ラジオで「勝手にしやがれ」偶然流れる。運命を感じる。
2015年
・憧れのボルサリーノ、満を持して購入(翌年、もう一つ購入) 
2017年(49歳)
・ジュリーファン歴40周年を迎える。
・ワンステップフェステバルのCDBOX購入お悩み中!

以上、駆け足の40年。
田舎に住んでいるお陰で、なかなか生ジュリーに会えない40年。
まあ、この程度が丁度よいのかも。
のめり込み易い体質の俺、首都圏に住んでいたら、
散財、散財、散財・・・。恐ろしや。

それでは、皆さん、
Merry Christmas & happy New year!!

keinatumeg at 21:58コメント(8)おまけですう。  

コメント一覧

1. Posted by たみゆう   2018年01月21日 01:12
はじめまして。40thアニバを大変興味深く
拝見しました。
私のジュリーファンデビューも同じ年、勝手にしやがれからです。
私は小5でしたが、ジュリーに堕ちた時の番組は
はっきりと覚えています。それだけ衝撃的だったん
ですねー。
あれから40年。ジュリーが元気で歌い続けてくれる
ことに本当に感謝です。自分の人生を振り返るのに
ジュリーは欠かせない存在ですよね。
これからもKei様の静かに熱いジュリー愛をたくさんお聞かせくださいませ。
2. Posted by keinatumeg   2018年01月21日 15:38
たみゆうさん、
はじめまして、コメントありがとうございます。
お互いに昨年は40アニバでしたね(笑)
>自分の人生を振り返るのに ジュリーは欠かせない存在ですよね
ホント、そうですよね。振り返れば僕のどんな時代にもジュリーは歌っておりました。嬉しい時、悲しい時、人生の節目にも・・たみゆうさんも同様かと思います。これからも出来るだけ長く、活動を続けていって欲しいものです。
なかなか更新しておりませんが、どうか、末永くお付き合いくださいませ!
3. Posted by たみゆう   2018年01月30日 23:13
Kei様、こちらこそ末永く宜しくお願い致します。
50thコンサートが終わってしまいましたね。千秋楽に行ってきたのですが、バンドの解散もあり正直ここ数日ロス状態でした。が、その一方でジュリーが紙を見ながら発表してくれた古希コンサートの会場をいろいろ調べているうちに、だんだん気持ちも上昇。古希コンサートへの期待がむくむくとわいてきました。
いったいどんなバンド編成になるのか、埼玉と横浜の日程が近いけど集客大丈夫なのか(笑)、とか余計な心配もありますけれど、でもここであらたな楽しみを与えてくれるジュリーに感謝です。
Kei様は真駒内にご参加でしょうか。
我々は41thアニバとして!古希コンを楽しみましょう〜。
4. Posted by keinatumeg   2018年02月05日 19:51
たみゆうさん、
バンド解散ですね。ジュリー自身のキャリアの中で一番長いバンドでしたが、こういう決別はジュリー史において繰り返されてきたこと。古希でもこのチャレンジ精神には本当に驚かされます。また、アリーナ級の会場をいくつも押さえたツアーの発表には、感動で心がうち震えました。ジュリーはすごいの一言です!真駒内はもちろんですが、久し振りに遠征して武道館も行こうかな、と考え中です。
お互いに41thアニバを謳歌しましょう。
5. Posted by あんず   2018年04月05日 03:02
こんばんは、はじめまして。🙇💕
私は中学一年生の時にYouTubeで「時の過ぎゆくままに」
を見て衝撃を受け、そこからジュリーファンになりました。
私は今、新中三年生なのでジュリーファン歴は1年と10ヶ月ぐらいです。だから先輩(そう呼ばせて下さい(笑)のように生で沢田研二さんの活躍が見れたわけだはございませんが、中学生なりに頑張ってCD、ポスター、ブロマイドとうを集めています…!
今日も夜中にジュリーの事を調べていると、このブログにたどり着きました。
正直に言うと....う、羨ましい…!!!!!! という気持ちが一番です(笑)私の同級生ではなかなかジュリーを知っている人と会えません。
なので実際にリアルタイムで見ていたのが羨ましくて仕方ありません!(*꒦ິㅂ꒦ີ)
チケットも買いたいのですが、中学生に8000円は高いのです…(´༎ຶ۝༎ຶ)
沢田研二さんは、今見ても古くなくただただかっこよく美しく圧倒されます。そんな魅力をこのブログ様は書いてくださっていて読んでいてとても楽しいです。まるでリアルタイムで見ていたように感じらます。
ジュリー歴約2年の新参者ですが、よろしくお願いします。
これからもブログ楽しみにしてます。(๑ت๑)♡
6. Posted by keinatumeg   2018年04月15日 10:23
あんずさん、こんにちは。
 若いファンの方からコメントを頂けるなんて、大変感激しております。仰る通りジュリーの曲は時代を経てもまったく古くなく更に新しい輝きが増していると思います。これも沢田研二という類まれな本物のシンガーの弛まぬ努力と周りの有能なスタッフに恵まれた事だと思います。どうぞ、これからもジュリーの歌に触れて下さい、そして是非、機会があればライブに足を運んで下さいね。
 私事ですが、現在、自宅から離れ単身赴任中で、なかなかブログを更新できる環境になく、記事の更新が出来ずにおりますが、ジュリー愛は変わりません。そのうち更新しますので、過去記事もどうぞご覧になって下さいね。よろしくお願いします。
7. Posted by ミルクティ   2018年10月24日 08:13
4 初めまして!ジュリーファンのブログ中村さんのラジオ放送の中に「シルクの夜」という歌が紹介されていて、どんな歌??と調べているうちに2005年頃に書かれた、こちらのブログにたどり着きました!
とても興味深く拝見させていただきました。お忙しいようで今年の記事は更新されていらっしゃいませんが、
今回のさいたまスーパーアリーナ事件は、どのような感じますか?
私はタイガースの頃からジュリーファンで、さいたまにも行ってました。
8. Posted by ちゃーり   2019年05月24日 15:58
5 はじめまして
ライラで検索して、このサイトにたどり着きました。
私(男です)も勝手からのファンです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自己紹介
けいなつめぐ(keinatumeg)
趣味は音楽、服飾、車、音楽は洋楽邦楽JAZZ等なんでも好き!沢田研二は特別に好きで世界一のグレイティストシンガーだと思っております。♂、北海道在住、AB型、68年生
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別です!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ