IMG_20181210_004457
静岡県下田市(しもだし)に行ってきました。伊豆半島の先っぽにある、ペリーさんが黒船で来航したことで有名な場所ですね。写真の黒船は遊覧船です。
電車で行く場合は、JR熱海駅から、伊豆急行鉄道の伊豆下田駅へ。普通列車で約2時間かかります。
伊豆下田駅には下田温泉の大きなホテルの送迎車の運転手が待ち構えてくれていたりしますが、どこの宿も歩きで行ける距離にありますので、急ぎでなければ、海辺を歩いたり、道の駅に寄ったりしてから宿に行くのも良いと思います。
伊豆には、北東岸の伊東温泉や内陸の伊豆長岡温泉なら行ったことがあったのですけど、下田は初めてでした。
まだまだ、日本全国の津々浦々までは回れていませんね。



IMG_20181210_003721
お泊まり先は、伊豆・下田温泉「下田聚落(じゅらく)ホテル」です。
熱海や群馬県にある聚落ホテルとグループんおか分かりませんが、伊藤園グループのように格安ではありません。でもその分、夕食朝食のバイキングの質は良いと思います。



IMG_20181210_003811
総部屋数も40弱で、広めの部屋が多いようで、全室がオーシャンビューです。ゆったり過ごすことができます。



IMG_20181210_003838

IMG_20181210_003852

IMG_20181210_003916
オーシャンビューの窓は西側ですので、日の出は見られませんが、天気が良ければ、夕陽を見ることができるようです。
曇っていて夕陽が見られず、残念。
夜景は綺麗でした。



IMG_20181210_003954

IMG_20181210_004031
温泉大浴場は夜通しで翌朝10時まで入れるのが嬉しいです。
画像はお部屋にあったパンフレットより。
内湯と同じぐらいの広さの露天風呂もあります。
ただ、露天風呂はやや熱めで、内湯のほうがゆったりのんびり入っていられました。
詳しい温泉分析が載っていませんでしたが、脱衣所前の温泉分析書によれば、循環ろ過あり、塩素系薬剤による消毒あり、おそらく加温もありでしょう。
塩素臭さは気になりませんでした。
泉質は単純温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
原泉温度は55度。
単純温泉ですが、海のそばということでおそらく塩分も多く含んでいるようで、とても温まるお湯でした。



IMG_20181210_014106
パンフレットより。
何と言っても、この宿のポイントは豪華な夕食バイキングでしょう♪♪♪
各テーブルに焼肉コンロが付いていて、牛肉・豚肉・野菜が焼けたり、ホタテやハマグリなどの貝も焼けます!!
お刺身やお寿司も美味しかったですよーーー!



IMG_20181210_004110

IMG_20181210_004216
焼肉は、牛ハラミ(厚切り)、牛カルビ(厚切り)、牛のサーロイン(薄切り)、牛タン(薄切り)、牛バラ肉(薄切り)、羊のラム肉、豚の霜降り肉、豚トロ、などがありました。
牛ハラミが特に美味しかったなー。



IMG_20181210_004247
お刺身は船の形をした皿に乗せて「マイ船盛り」を作って楽しめます。
ブリ、メダイ、マグロ、サーモン、下田の名産である金目鯛もありました。


IMG_20181210_004310

IMG_20181210_004352

夕食バイキングは18時から20時までの2時間なので、時間に遅れないように行ったほうが良いです。
その日のお客さんの人数によるかもしれませんが、中には品切れになっても補充されない品もあり、「焼いてもそのままでも食べられるズワイガニ」がわりと早いうちに品切れになって食べられなくて残念でした。
小さいお子さんを連れたご家族さんも数組いたせいか、数種類あったミニケーキもほとんどが品切れでした。
その点は注意して、先に取っておけるものは取ってキープしておいたほうが良いと思います。

まあ、それにしても、久しぶりにおなかいっぱい食べました!
10月に体調不良になってから、肉類はほとんど食べないできましたからねー。
いろいろ、仕事でムシャクシャしていたこともあったので、たまにはこう、心と体のリフレッシュで、美味しいものをいっぱい食べて、温泉にいっぱい入ったほうが良いですね。


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影時期=2018年12月
★撮影場所=静岡県下田市