a463d648.jpg

北海道の最高峰、大雪山連峰の旭岳へ。旭岳ロープウェイで上がった山頂駅は標高1600mほどなんだそうで、旭平は標高1600m強ということになりますが、本州の北アルプスあたりで言えば標高2500mぐらいの場所に相当する環境とのことです。ナルホド、立山(富山県)の室堂平と環境的にも似ているんですね。

さて、上の写真は「姿見の池」から見た旭岳の登山道です。
旭岳の頂上付近ガス(雲)に包まれていて見えず、登山道はここからでは途中までしか見えていませんでした。
帰りのロープウェイが混雑しそうだったので、時間に余裕はありませんでしたが、登り2時間、下り1時間ぐらいでイケルと思って・・。
ちなみに旭岳は標高2291mです。
比高およそ600mほど?です。

40cf2044.jpg

f10bdee0.jpg

dfbe6ce9.jpg

ここからは本格的な登山道です。ていうか整備されている部分なんて無くて、ガレ場(岩石だらけ。浮き石と落石に注意)とザレ場(砂利。よく滑るので注意)ばかりの道なき道をえっちら~おっちら~登っていきます。
たくさんの噴煙を横目に・・。
振り替えると、もう姿見の池が小さく見えました。



656eb762.jpg

23a41c5b.jpg

05e9cc55.jpg

遠くに見える紅葉が綺麗★
山肌にもところどころ、赤い葉の小さな植物が見られました★



e053a49e.jpg
だいぶ登ってきたぞ~!
と思ったら、
あっれ~~~?!
まだ6合目?!

どの辺りが5合目なのか分かりませんでしたが、仮に姿見の池あたりが5合目だとして、まだ登山道の5分の1しか登ってない?!



c367fb18.jpg
それは果てしなき苦難の道への始まりに過ぎなかった・・。
風の中の昴(すばる)~♪
砂の中の銀河~♪

登っても登っても頂上が見えず、頂上のように見えていたのは単なるコブ状に突き出した部分でしかなかったのだ!



984ac0de.jpg

383980e8.jpg

f91d6177.jpg


d9bc6b20.jpg
やっと8合目!!
6合目から7合目、7合目から8合目の間も大変だったのですが、だんだんガス(霧)が濃くなってきて、旭平も見えなくなってしまいました。
行く先のほうも全然見えないし・・。

とりあえず8合目まで登ったんだし、標高2000mは超えたんだし・・・・
帰りのロープウェイに間に合うかどうかも心配、というわけで、ここで下山することにしました。
でも、下山するのもまた大変だったですね。



4e1141df.jpg

7b0b6682.jpg

オマケです。
こちらは「夫婦池」。
旭平を歩いて回るトレッキングコースの途中にあります。


◆日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村(温泉)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村(国内旅行)


★撮影時期=2016年9月
★撮影場所=北海道東川町