6CIMG1900
  福島県会津若松市にある会津東山温泉(あいづひがしやまおんせん)の「庄助の宿 瀧の湯 (しょうすけのやど たきのゆ)の宿泊レポートの続きです。
 ここからは、大浴場「伏見の湯」の露天風呂の様子をレポートします。
 「伏見の湯」の内湯については(6)、
 もう1つの大浴場「庄助風呂」については(3)~(5)をご覧ください。



6CIMG1884
 こちらの露天風呂は「瀧美の湯」という名前が付けられています。
 瀧本美織ちゃんみたいな名前ですけど関係ありません。
 伏見の滝の1つの滝が目の前にある露天風呂のため、マイナスイオンが充満しているようです。
 「瀧の湯」が沿う「湯川」には、「瀧の湯」の東から西にかけて何段もの段差の滝があり、「伏見の滝」はその総称らしいです。
 東の山から会津若松市の盆地へと流れる湯川は急傾斜な谷間を流れてくるため、他にも滝があり、会津東山温泉には「滝」や「瀧」を名前に付けた旅館・ホテルが多いようです。
 この露天風呂は「源泉放流循環式」・・・・循環ろ過しながら源泉を足し湯している湯船なので源泉掛け流しではありませんが、空気が良いので内湯の源泉風呂とこちらを行ったり来たりしてしまいました。



6CIMG1902
 4月の早朝4時30分はまだ暗いです。
 朝方は滝のライトアップもしていないようですね。



6CIMG1906
 朝5時頃になってようやく滝が見えるようになってきました。
 すごい迫力!!



6CIMG1908
 上流を見ると、またスゴイ!
 「瀧の湯」が湯川に沿ってギリギリに立っていることがよく分かります。



6CIMG1925
 朝食後、チェックアウト前に入った時には、もっと明るくてはっきり見られました。



6CIMG1927
 やっぱり伏見の滝はスゴイ!(YHS!)
 露天風呂から目の前にこの滝!!
 周りには轟音が鳴り響き、細かな水しぶきも飛んできて、マイナスイオンが充満していることが感じられる露天風呂でした。
 4月の朝だと寒かったですが、これからの夏の季節には最高に気持ちいい露天風呂ですね!



6CIMG1930
 上流方向。



6CIMG1932
 下流方向。



6CIMG1935
 この露天風呂のそば、少し上がった場所には洗い場もあり、カランは3つあります。
 滝の轟音を聴きながら体を洗うのも爽快でしょうね。

 (8)に続きます。


↓ 公式ホームページはこちらです。

「東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト|福島県 会津 東山温泉にある絶景露天風呂と貸切風呂が自慢の宿」

http://shousuke.com/


◆日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影時期=2017年4月
★撮影場所=福島県会津若松市


↓ 東北地方(南東北)の温泉記事のインデックスページはこちら。

「とある温泉宿・日帰り温泉の記事目次(インデックス) [東北地方(南東北)編]」