IMG_20170901_010607
 「石垣島産マンゴー」の話題、その2です。 その1も見てください。その1で書いた話は省きます。
 というわけで、2個目のマンゴーにいってみましょう!!
 こちらもアップルマンゴーの一種か近い種だと思うのですが、「杉林(サンリン)マンゴー」という品種のマンゴーです。
 日本で栽培されているアップルマンゴーの95%ほどを占めるポピュラーな「アーウィン」の重さが1個平均400gほどなのに対し、杉林(サンリン)の重さは平均約650gで、大きな実が多いようです。
 ラベルには「癖が無く、あっさりと食べやすいマンゴー 糖度の平均=13~15度」と書いてありました。
 繊維が細かくて食べやすく、味は濃厚で酸味が低いので癖がないそうです。
 元から、樹皮の色も果肉の色も赤みがかっているようですが、このマンゴーも完熟状態でとろとろにやわらかく、甘くなっていて美味しかったです。
 前記事で紹介した「センセーション」という品種もこの杉林と同じぐらいの大きさだったので、一般的な「アーウィン」より大きめで美味しい品種なのかと思います。



IMG_20170901_010726
 前記事と同様に、2つに切り分けて食べました。
 他のサイトやブログなどでよく見かける細かいブロック状に切る切り方がイマイチよく分からなかったので、豪快に2枚おろしにしてしまったのですが、3枚おろしにしてから切り分けるのが一般的なようです。

↓ マンゴーの切り方・食べ方はこちらのサイトが分かりやすいです。

「マンゴーの食べ方・切り方は? 果物コラム」

https://www.kudamononavi.com/columns/view/14

 ※前記事の最後にも追加しておきました。



IMG_20170901_010906

IMG_20170901_011031
 3番目のマンゴーは、「金蜜(キンミツ)マンゴー」です。
 いわゆるアップルマンゴーとは別品種のようです。キンミツマンゴーの果実の重量は400~500g、果皮は熟すると黄色になり、果肉は黄色に近いオレンジ色で、肉質は繊維がほとんどなく多汁、糖度は21度以上!
 見た目は一般的なアップルマンゴーのアーウィン種に近いですが、アーウィン種よりもかなり甘いマンゴーです。
 3個を見比べた時に果皮が一番黄色っぽかったので後回しにして、赤いほうから食べていったのですが、このキンミツマンゴーの果皮はずっと黄色っぽいんですね。中身はしっかりと完熟で、こちらもとろとろのやわらかい実で、とっても甘くて美味しかったです♪
 郵便局で保管期限ギリギリに受け取って、1日1個ずつ食べていって、3日目は帰りが夜中になってしまったため、4日目にこのキンミツマンゴーを食べたのですが、完熟状態で美味しい時に食べられて本当に良かったです。チルドパックでの配送だと結構持つのかもしれませんね。
 ともかく、こんなに美味しいマンゴーを食べたのも、マンゴー丸ごと1個を食べたのも初めてでした。沖縄から送ってくれたお姉ちゃんに感謝感謝なのです!
 沖縄にはもう何年も行っていません。以前、ブログで「いつか沖縄県に行きたい」と書いて、カテゴリ別アーカイブに「沖縄県の旅」が1記事だけありますが、飛行機が苦手ということもあって、行けないままズルズルと時が経っています。夏場の台風の時期に行くのは心配だし、冬場に行きたいけど年末年始は飛行機の予約が取りづらそうだし・・・・なんとか、冬場に土日を挟んでまとまった休暇が取れれば良いんですけどね。



IMG_20170902_005632

IMG_20170902_005813
 オマケです。こちらはスーパーマーケット「とりせん 結城店」で買った『大人なガリガリ君 マンゴー』です。
 「ガリガリ君」自体、久しぶりに食べたんですけど、「ガリガリ君ってこんなにボリュームあったっけ?」と思うぐらいボリュームがある感じがしました。「大人な」シリーズは量が多いのでしょうか?アイスバーでこの量だと流石にお腹が冷え冷えに・・・・。夜の涼しい時に食べたからそう感じたのかな?
 外側が硬めで、内側が細かなシャリシャリのやわらか食感になっている二重構造です。果汁22%ということもありマンゴーの味はそこそこ味わえます。本物のマンゴーを食べて間もない時にこのアイスを食べたので、薄味に感じてしまいましたが・・・(そりゃそうだ)
 これはこれで美味しかったですけど、やっぱり、セブンイレブンの「まるでマンゴーを冷凍したかのような食感のアイスバー」のほうが上ですね。お値段も上ですが。
 「まるでマンゴー」は、最近は見かけなくなりました。まだ売っているお店あるかな~?
 9月に入りましたし、朝晩めっきり涼しくなって、もうすっかり秋ですね。


◆日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村