IMG_20171022_221854

IMG_20171023_022823

IMG_20171023_022759

 なんかもう、こうなることが目に見えていたので予想する気もなかったのですが、やっぱり自民党の圧勝だった衆議院議員選挙。
 驕り昂ぶり状態のキラ・ヤマトかキラ夜神月のごとく野党を見下して笑っている自民党員たちの姿が目に浮かびます。
 本来なら、身勝手な「今がチャンスだからやっちゃえ突然衆議院解散」を仕掛けた自民党に、野党がそれぞれいろいろあってもここだけは結束して一丸になって対抗していれば良い勝負ができたはず・・・・。千載一遇の機会をみすみす逃したと思います。まあ、そんなことができる可能性が見えていたら、自民党も衆議院解散を仕掛けなかったでしょうけど。
 驕り昂ぶりと言えば希望の党の小池さんもですけどね。なんか、小池さんはとうとう、大きなボロを出してしまった感じ。小池さんの東京都政も長くは無さそうです。
 民進党も何やってんだかって感じで、もはや風前の灯ですし。

 前々から、「投票に行かない人が選挙や政治のことを語るな。」と自分は思っていたので、投票には必ず行くようにしているのですが、今回に限っては、『自分の小選挙区に投票したい候補者がいない。比例代表で投票したい政党もない。』という方が多かったのではないか・・・と思えて、投票に行かない人の気持ちも分かる気がしました。

 先日、期日前投票に行ったところ、台風が接近しているせいもあって、これまでの他の選挙より何倍もの人が来ていたようで、すごく待たされたんですけど、今回の衆議院議員選挙って、そんなに投票率高かったのでしょうか?
 てんやわんやの期日前投票会場で、まず小選挙区の受付に対し「どの人も推したくないから(投票を)棄権します。」と言ったところ受付の人が大慌てになってあれこれ調べ始めて、しまいには「白票でも良いんですよ」とか言い出したので「とにかく棄権です」と言って次に進みました。
 比例代表で立●民●党に入れるだけで終わりのつもりでいたのに、さらに最高裁判所裁判官の国民審査があったので、「こんなのはもう、やめたらいいでしょ。棄権します。」と言ったら「やめさせたい裁判官がいなければそのまま投票していただいても良いんですよ。」とかまた言われました。だから、こんなの意味があるの?って思っているんですけど。大体、国民の多くが「やめさせるべき」なんて思う裁判官が最高裁判所にいたらおかしいでしょ?こんな、衆議院選挙のついでにやるんじゃなくて、何か別の方法で、最高裁の裁判官を審査できるシステムにしてくれないと意味がないと思うんです。 結局、そちらも蹴って帰りました。迷惑な有権者になってしまったでしょうか(笑)



IMG_20171023_235857
 追加で、最終結果も載せておきます。
 10月23日、NHK総合「時論公論」より。


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村