7CIMG8304
 ホッテルはリバーサイッ♪かわぞいリバーサイッ♪
 香川県琴平町、「こんぴらさん」こと金刀比羅宮(ことひらぐう)のふもとにある温泉街「こんぴら温泉郷」で、この日に泊まったのはこちら『琴平リバーサイドホテル』です。
 思わず歌ってしまいましたが、井上陽水さんの名曲「リバーサイドホテル」は1982年7月にリリースされた曲なんだそうですよ。結構古い曲なんですね。
 井上陽水さんは現在、69歳。最近ではNHK総合の『ブラタモリ』(今現在の第4期)のオープニングテーマ「女神」、エンディングテーマ「瞬き」など歌ってらっしゃいます。



7CIMG8306


7CIMG8309
 ウィキペディアによれば、こんぴら温泉郷には12軒ほどの温泉宿があるそうなんですが、大きな高級ホテルが数軒あるので、庶民的な安心価格の温泉宿は数が限られていると思います。
 こんぴら温泉郷全体で今度の年末年始の空室がどれだけ残っているのか分かりませんが、年末年始以外で行くにしても高級旅館はやっぱり高額ですから、なるべく安く泊まれる宿を探したいですよね。
 こちらの「琴平リバーサイドホテル」さんは温泉が内湯のみで広くもないですが、総客室数が30室(洋室のみ)のビジネスタイプのホテルなので宿泊人数は多くないですから、混み合う時間を避ければゆったり温泉に入れる時間はあると思います。
 夕朝食付きで泊まっても、通常の平日で1人あたり消費税込みで1万円弱、休前日(土曜など)で11000円強といったところですから、まあ手頃な温泉宿ではないかと思います。夕食なしにして、夕食は外で讃岐うどんなどを食べてきても良いわけですし。
 大きな高級旅館でも、以前に紹介した「琴参閣」さんのように日帰り入浴を大々的に受け入れしているホテルもありますので、日帰り入浴で温泉を満喫するのも良いですよね。

 ↓ 過去記事

「四国温泉遍路「ことひら温泉 琴参閣」で日帰り温泉 〔香川県琴平町〕 :」

http://blog.livedoor.jp/keinosora/archives/36992514.html



7CIMG8051
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 周辺地図です。琴平リバーサイドホテルはこの地図の中央あたり。金倉川沿い。
 比較的、他の旅館ホテルよりJR琴平駅(徒歩4分)や琴電琴平駅(徒歩2分)に近いです。



7CIMG8332
 お部屋はラッキーなことに川側の角部屋でした。



7CIMG8314
 窓からの眺め。
 この日は雨が降ったり止んだりで、夕方は雲がどんよりしていて暗かったです。
 なので、翌朝に撮った写真を・・・・



4CIMG8398
 青空の下!
 うん!なかなか良い眺めじゃないですかぁ~!
 まあ、電線がジャマですけど、琴平山が正面に見えて、こんぴらさんのふもとって感じがします。
 山頂付近に見えるのが奥社で、左の中腹に見えるのが参拝した本宮です。



4CIMG8399
 ズームアップ!
 本宮から奥社まではやっぱり遠そうですが、あそこまで登ったら眺めもまた違ったでしょうね。(現在は崩落があったため奥社まで行くことができないようですが・・・・)
 前の日に登ってしまったので、もう一度登る気力は無かったのですが、こういう青天の日に登りたかったです。



4CIMG8402
 左側。



4CIMG8404
 右側。
 金倉川(かなくらがわ)は、琴平町の南の「まんのう町」に水源があり、琴平町をつらぬいて流れ、下流は瀬戸内海まで続く川だそうです。



7CIMG8335
 川自体があまり綺麗には見えませんが、夜景は綺麗でしたよ。

 (2)に続きます!


↓ 公式ホームページはこちらです。

「琴平リバーサイドホテル【公式HP】」

http://www.hananoyu.co.jp/river/


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影時期=2013年12月
★撮影場所=香川県仲多度郡琴平町


↓ 四国・中国地方の温泉記事のインデックス・ページはこちら

「とある温泉宿・日帰り温泉の記事目次(インデックス)[中国地方・四国地方編]」