IMG_20171229_111325
昨夜でNHK総合のドラマ『マチ工場のオンナ』が最終回を迎えました。2話連続の約2時間放送でしたが、どっぷりと見入ってしまいました。
内山理名ちゃんってこんな美人さんになってたのね・・と思いながら見はじめて(汗)
終盤はリーマンショックのあおりを受けてついに倒産の危機・・
最後の最後に旦那さん(永井大)がね、奇跡をね・・って、これ以上はネタバレなので伏せておきますが・・良い終わり方で、このドラマも本当に良かったです。

今年はNHKのドラマをいっぱい見ました。大河ドラマ『おんな城主直虎』、朝の連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』、まだ途中の大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」、他にもドラマ10のドラマは大体見ました。今年は民放のドラマも「陸王」とか、「コードブルー」の続編もありましたし、テレビドラマが豊作だったように思います。この12月で終わったドラマも多くて寂しいですが、来年どんなドラマが見られるか、楽しいですね。

反対に、今年は民放のバラエティ的な番組がくだらなく思えてしまってあまり見なくなりました。
今年始まった話ではないかもしれませんが、番組のナレーター(特に男性のナレーター)(女性でもたまにいる)が『~だそう。』『~ったそう。』という伝聞の言い方を連発するのが耳障りで・・・。耳障りに思ったことありませんか❓
敬語をあまり使わないナレーションなら間違っちゃいないのかもしれませんが、『~だそうです。』『~ったそうです。』と言ってもらったほうが聞いてて分かりやすいです。
ブログなど文章なら意味が通じれば良い気もしますが、敬語を使わないなら『~だそうだ。』『~だそうである。』が正しいんですけど、固い印象になってしまうでしょうか❓
でも、『~だそう。』『~ったそう。』で終わってしまうと、何か、突き放した言い方のような印象を受けますよね。変な誤解を与えないためにも、考える必要があるのかなと思います。

さて、年末年始の旅を除けば今年最後の旅は、冬の東北地方では一番暖かい福島県いわき市に電車で行ってきました。
今年は夏ごろまで仕事に追われて遠出の旅がなかなかできなかったのですが、その分を秋から巻き返した感じです。

写真は、JR常磐線(じょうばんせん)の湯本(ゆもと)駅です。



IMG_20171229_111548
いわき市は、1966年に磐城市(いわきし)ほか周辺市町村が合併してできた市で、ひらがな市名の先駆的な市でもあります。
いわき湯本温泉の辺りは、合併前は常磐市(じょうばんし)で、いわき湯本温泉も常磐湯本温泉、或いは、単に湯本温泉と呼ばれていたようです。
いわき湯本温泉で有名なスポットである『スパリゾートハワイアンズ』は、1990年までは『常磐(じょうばん)ハワイアンセンター』という名称だったそうです。そっちの名前は知ってるという方が栃木には多いのですが(汗)
ちなみに、現在のいわき市南部の「小名浜(おなはま)」と呼ばれている辺りは、合併前は「磐城市(いわきし)」でした。



IMG_20171230_175529

いわき湯本の温泉自体の歴史は古く、奈良時代から続いているとされています。古来の名は『佐波古(さはこ)の湯』。
いわき湯本温泉は『日本三古泉』の1つでもあります。



IMG_20171229_111634


IMG_20171229_111658
駅前には足湯もあります。



IMG_20171229_111912


IMG_20171229_111828
ネコちゃんのブロンズ像まであります(・ω・)ノ
駅前にはいろんなブロンズ像がいますよ♪



IMG_20171229_112038
いわき湯本温泉の案内図です。
クリックすると大きな画像で見られますが、ぼやけていてスミマセン。



IMG_20171229_112505
温泉街の中心地には、公衆浴場(日帰り温泉)『さはこの湯』があります。外観が素敵なんですけど、街なかなので電線が多いですね・・・。



IMG_20171229_112547
横から撮ったらモロに逆光でした。
営業時間は午前8時から午後10時まで。(最終入場は午後9時)
定休日は毎月第3火曜と、元旦です。
入浴料金が230円という安さ!
泉質は硫黄泉ですが無色透明な時が多いようです。源泉掛け流し。


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影場所=福島県いわき市
★撮影時期=2017年12月