8DSCN0009
 北海道の大屋根・大雪山系の北東側ふもとにある層雲峡(そううんきょう)温泉の『ホテル・ノーザンロッジ』のレポート、(2)です。
 男湯・女湯ともに内湯1つのみの簡素な大浴場ですが、お湯は源泉掛け流し。そして、15時から翌朝9時30分まで夜通しで利用可能なのがポイントです。
 チェックインした後、ちょうど夕食時だったので大浴場は貸切状態でした。長距離移動の疲れが癒されましたよ。
 翌朝は早めにチェックアウトして「黒岳ロープウェイ」に行きたかったので、早めに寝て未明に起きて朝風呂に入ってからチェックアウトしました。
 夕食のみ、または素泊まりの場合は、チェックイン時に宿泊料金を払っておけば、朝はフロントに鍵を置いていくだけでチェックアウトできます。(夕食ありの場合は別注した飲み物のお金などを夜のうちに清算しておく必要があるでしょうけど)
 「黒岳ロープウェイ」は、夏場~紅葉時期は朝6時から営業していますので、登山目的で層雲峡温泉に泊まるならこのホテルに夕食のみ、または素泊まりで泊まるのが吉です。
 紅葉時期は特にですが、朝7時頃からもう団体観光バスが来始め、8時には混んできてしまいます。



8DSCN0007


8DSCN0010
 層雲峡温泉は範囲が広いため、場所により泉質が違うようで、硫黄泉の所もありますが、多くは単純温泉で無色透明のようです。
 無色透明でも、なんとなく濃い感じのする温泉で、まったりできました。
 冬場の層雲峡は極寒なので露天風呂に入る気力が起きないかもしれませんが、夏~秋は、やっぱり露天風呂がほしいですね。



8DSC00275


8DSC00277
 洗い場です。なぜかカランが7つもあるんですけど、湯船は大人が4人も入れば窮屈な感じ。
 まあ、カランは多いほうが良いですけど。

 以下は温泉分析書です。※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

8DSC00265


8DSC00268


8DSC00270


8DSC00272
 成分としては、ナトリウムイオン、塩素イオン、硫酸イオンが、まあまあ多めですね。
 何にしても、源泉掛け流しなのが嬉しいです。



8DSC00273
 温度調整のために加水をすることはあるようです。
 源泉温度が48度ですから、夏場は加水して調整しているのかも。



8DSC00294
 お部屋の窓から、早朝の風景です。
 黒岳沢川とは反対方向でしたが、正面に紅葉に彩られた山が見えてイイ感じ。



8DSC00298
 右側、



8DSC00296
 左側。
 正面に見えるのは、2016年秋に泊まった「銀泉閣」さん。
 手前の石畳の道は、黒岳ロープウェイ山麓駅のほうへ続いています。
 朝6時に近づくと、もうちらほら、リュックサックを背負った登山者が歩いていきますよ。



8DSC01983


↓ 「ホテル・ノーザンロッジ」の公式ホームページはこちらです。

「ホテル・ノーザンロッジ」

http://www.h-northernlodge.com/


◆日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影時期=2017年9月
★撮影場所=北海道上川町


↓ 北海道の温泉のインデックスページはこちらです!

「とある温泉宿・日帰り温泉の記事目次(インデックス) [北海道編] 」