6DSC06245
 鹿児島県霧島市の霧島温泉郷にある「霧島観光ホテル」の日帰り入浴レポートの続きです。
 アクセスや周辺情報については(1)とその前の記事をご覧ください。
 日帰り入浴の受付は南館なので、国道に戻って坂道を下り、南館に行きました。
 上の写真の中央辺りに見える入り口の奥に日帰り入浴の受付があります。
 手前は駐車場になっていますので、車で来る場合はここに駐車できます。
 左側に見える建物が中央館で、中央館の最上階が展望風呂(大浴場)になっています。



6DSC06247
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 ホテル館内の案内図です。
 暗い中で撮ったので編集しても画質が悪くてスミマセン。
 (1)の記事で見えていたのが北館で、北館と中央館はそれぞれの1階・2階がつながっています。
 南館は中央館と連絡通路でつながっています。



6DSC06246
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 まずは中央館最上階の展望風呂を目指しました。
 こちらは中央館のエレベーター内にあった案内パネルです。
 ここに書いてあるのは宿泊者の入浴可能な時間です。
 夜は午後11時00分まで。朝は5時30分から10時00分。
 大きなホテルの割に、夜の終わりがちょっと早くないですか?



6DSC06248
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 露天風呂は南館の1階にあります。
 中央館の展望風呂に露天風呂はありません。
 こちらは、宿泊者は深夜12時まで利用可能です。

 日帰り入浴の可能な時間は、11時00分から15時00分まで、となっています。
 料金は1人:800円です。
 公式ホームページによれば、【宿泊状況によってはお断りしております。ご利用のお客様はお問い合わせくださいませ。】とのことです。
 この時は問い合わせせずに行ってしまったのですが、大晦日の12月31日ながら、時間がまだ11時になったばかりで空いていたせいか大丈夫でした。

↓ 公式ホームページはこちらです。

「霧島唯一の展望温泉の宿 霧島観光ホテル【公式HP】」

http://www.kirikan.jp/


6DSC06251
 展望風呂(大浴場)の脱衣所に入る手前にコインロッカーがありました。
 ちなみに、南館の露天風呂にはコインロッカーは無くて、無料のキーボックスはあるものの、大きな荷物を入れるロッカーがありませんから、こちらのコインロッカーにリュックサックなど荷物は置いていきましょう。
 このコインロッカーに入りそうもない大きなバッグの場合は、日帰り入浴の受付の方が預かっていてくれますが、席を離れる場合もあるので貴重品は持っていってくださいとのことです。



6DSC06253
 さて、こちらが展望風呂ですよ!
 広い!!
 かなり広い大浴場です。
 この日までに泊まった霧島神宮温泉の宿2軒のお風呂と、日帰りで寄ったさくらさくら温泉の屋内の大浴場が狭かったせいか、余計にだだっ広く感じました。
 入って左手側にドライサウナがあり、右手前にある湯船は水風呂です。
 その右奥に見える小さめの浴槽は気泡湯(ジェットバス)になっています。
 さらに奥の広い湯船が温泉の湯船です。



6DSC06281
 洗い場にカランがずらり! 14もあります。
 南館の露天風呂にも洗い場はありますので、先に露天風呂へ行っても大丈夫です。



6DSC06278
 展望風呂の温泉の湯船。



6DSC06279
 お湯は透明で、段差や湯船の底は見えますが、うっすら白く濁っていました。
 硫黄泉なので硫化水素臭も少ししましたが、ここはそんなに強くない硫黄泉といった感じでした。
 ここも露天風呂も源泉掛け流しなんですけど、実は露天風呂のほうが湯花が多くて白く濁っています。
 思っていたより優しいタイプの硫黄泉だったのは良かったのですが、お湯の温度は高くて、しかもここは露天風呂が無いので湯気がこもっていて、長湯はしづらい感じでした。



6DSC06290


6DSC06291
 肝心の「展望」も、雨雲と霧に包まれていて遠くの景色は見えず。残念。



6DSC06284
 手すりもジャマですよね。
 露天風呂が無いんだから手すりは必要ないはずなのに。
 窓ガラスを掃除する業者が危険だから手すりを付けているのでしょうか?



6DSC06234
 バス停近くにあった看板の写真です。
 晴れた日ならこんなふうに「桜島」が見られるらしいんですけど、本当かなぁ?
 ここからでは桜島までかなり距離があるので、そんなに大きくは見えないはずだと思うのですが、真偽を確かめられず残念です。
 もしこの看板の写真が合成写真で、実際には桜島は小さくしか見えないのなら、JAROに連絡しましょう♪
 最近、とちぎテレビで流れるJAROのCMが変わりました。「ウソピョンは嘘つきで~、コダイは大袈裟で~。マギラワシはまぎらわし~♪」っていうCMで、それぞれ、ウサギ、鯛、鷲(わし)の着ぐるみを着た人なんですけど、ウソピョン、コダイ、マギラワシそれぞれの「(着ぐるみの)中の人」が出てくるバージョンも流れています。見たことあります?

↓ YouTubeにあったので拾ってきました。


「JARO TVCM「JAROの歌(ウソぴょん)」篇(30秒)」


 まあ、桜島がそんなに大きく見えなくても、霧島温泉郷では随一の展望ではあるのでしょうけどね。

 (3)に続きます。


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影場所=鹿児島県霧島市
★撮影時期=2017年12月


↓ 九州地方の温泉宿・日帰り温泉のインデックスページはこちら。

「とある温泉宿・日帰り温泉の記事目次(インデックス)[九州地方編] 」