7DSC09946
 山形県天童市、天童温泉の旅館「松伯亭(しょうはくてい) あづま荘」さんのレポート(4)。これがラストで、一気に書いちゃいます。
 まずは、大浴場の内湯です。
 前記事で書いたとおり、露天風呂と内湯は離れた場所にあります。
 どちらも、宿泊者はチェックインから翌朝10時まで入浴できます。



7DSC09944
 浴槽は1つだけ。シンプルな造りです。
 暖かい時期なら露天風呂のほうだけでも良い気がしますけど、寒い時期はこちらで体を洗って、しっかり温まってから露天風呂に行ったほうが良さそうです。



7DSC09934
 お湯は露天風呂と同様ですね。
 泉質は「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉」
 夏季のみ加水あり、加温あり、湯口からは掛け流しだが浴槽内循環あり、塩素系薬剤消毒あり。



7DSC09936


7DSC09937
 こちらは鏡付きのカランが6ヶ所あります。
 混雑しがちな夕方の時間には良いかも。



7DSC09935
 こちらにはキーボックスが無かった気がします。
 露天風呂にはあるのにね。
 心配だったら、部屋鍵はフロントにあずけるか、先に露天風呂に行ってキーボックスに入れると良いかと思います。



7DSC09976
 ここからは朝食です。
 会場は畳の広間なんですけど、テーブルにイスでした。
 畳の広間でザブトンにあぐらをかいて座るのは、足の弱い高齢者の方にはつらかったりするので、広間でもテーブルとイスにする旅館も今は増えてきているんですよね。



7DSC09977


7DSC09981


7DSC09979
 今回、節約のために朝食のみのプランで泊まったのですが、なかなかの朝食で良かったです。
 バイキングもいいんですけど、こういう純和風の温泉旅館での朝食はやっぱり和食膳が良いですね。落ち着いて食べられます。



7DSC09975
 最後は、朝の露天風呂です。



7DSC09972
 2つに分かれた岩風呂のうち、入って手前側の岩風呂は屋根があり、奥の岩風呂との間にスダレがあるので、朝でも暗くなっていて落ち着いて入れます。
 ただ、こちら側のほうが熱めです。



7DSC09962
 奥の岩風呂のほうがややぬるめなので、ゆったり長湯できますし、屋根が無いので気分が良いですね。



7DSC09965


7DSC09968
 残念ながら葉桜になってしまっていた桜の木がありました。



7DSC09974
 洗い場はこんな感じです。


↓ 公式ホームページはこちらです。

「天童・山形の旅館 | 松伯亭 あづま荘【公式サイト】」

https://www.azumaso.com/#anc2


★日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影場所=山形県天童市
★撮影時期=2018年4月


↓ 東北地方(南東北)の温泉記事のインデックスページはこちら。

「とある温泉宿・日帰り温泉の記事目次(インデックス) [東北地方(南東北)編]」