7CIMG8998
 北海道の大屋根・大雪山系、その最高峰・旭岳のふもとから中腹へと登る「大雪山 旭岳ロープウェイ」およびロープウェイ山頂駅周辺の「姿見の池自然探勝路」と旭岳のトレッキングのレポートです。
 (4)までは速報記事なので、(5)から読んでいただければOKです。
 ロープウェイからの眺めは前記事(7)をご覧ください。
 ロープウェイ山頂駅「姿見(すがたみ)駅」の前に出ました。
 姿見駅の周辺では、ナナカマドの赤色、オレンジ色の紅葉が見られましたよ。



7CIMG9004


7CIMG9003
 天気がイマイチなので写真映りも良くありませんが、山の上らしい鮮やかな色の紅葉が見られました。



7CIMG9001


7CIMG9008
 姿見駅の前には小さな池があります。
 この池は、駅名になっている名所の「姿見の池」ではありませんが、姿見の池まで行っている時間が無い観光客や、そこまで行ける脚力の無い方にも水辺の風景が楽しめる良い場所です。



7CIMG9666
 姿見の池まで行けば、天気が良ければですがこのように旭岳と、逆さに朝日岳が映る姿見の池が見られるようです。
 この「姿見」の高原地帯は、「神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ)」とも呼ばれています。
 アイヌ語でカムイミンタラ。和訳すると神々が遊ぶ庭。
 富山県の立山の室堂平(むろどうだいら)を連想させます。室堂平も「神の箱庭」のような場所で、池が幾つかあり、神の厨房「ミクリガ池(御厨が池)」や「ミドリガ池(水取りが池)」がありました。



7CIMG9007
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 姿見の池へと円状にめぐる散策道は「姿見の池自然探勝路」といいます。
 姿見駅の前から、時計と逆回りに探勝路を歩いてみました。



7CIMG9012
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
 大雪山系最高峰・旭岳が見えてきました!・・・と言っても、上のほうは雲に覆われてしまっていますが・・・。
 手前に見える草紅葉は、高山植物「チングルマ(稚児車)」の草紅葉です。



7CIMG9013
 旭岳にズームイン!
 地獄谷からたくさんの白い噴煙が上がっています。



7CIMG9018


7CIMG9017
 チングルマの草紅葉です。
 さらに進むと・・・・



7CIMG9024


7CIMG9026
 道沿いにチングルマの草紅葉が広がっていました!
 チングルマは、夏場には白くて可愛らしい花を咲かせます。おそらくこの辺りは、夏場は白いお花畑になっていたことでしょう。
 秋になって花びらが散ると、赤みを帯びた綿毛に覆われた実が残るので、その綿毛が子供が持つ小さな風車のように見えることから「稚児車」と書き、チングルマと呼ばれるようになったと言われています。
 チングルマの花や草紅葉がたくさん見られるという点も、立山に似ていますね。

 (9)に続きます!


↓ 公式ホームページはこちらです。

「大雪山旭岳ロープウェイ(公式サイト)」

http://asahidake.hokkaido.jp/ja/


◆日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓ 凸ぽちっと、応援お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


★撮影時期=2016年9月
★撮影場所=北海道上川郡東川町