2009年07月

2009年07月30日

初心に帰って

こんにちは。4年の福崎です。

現役生活残り三ヶ月となり、おそらく今回が最後の日記になると思います。よろしくお願いします。

今日というか昨日(29日)、母校である高商の高校野球の決勝がありました。結果は・・・



残念ながら負けてしまいました。。。



さて、気持ちを切り替えていくと、8月になると後ろを振り返っている暇はないと思うのでここで初心に帰りたいと思います。

バドミントンを始めたきっかけはいまでもはっきりとよくわからないのですが、はじめた頃はシャトルを打っているだけで楽しくて、さらに周りもほとんど初心者だったので練習すればするほどうまくなるのがさらに楽しくてやっていました。


自分が好きなサッカー漫画の「ホイッスル」にこんな言葉がありました。

「・・・なぜ勝ちたいんだろう?初めはボールを蹴っているだけで楽しかったのに、いつのまにかこの気持ちがどこまで続くか試したくなる。勝負に勝てば先につながる気持ち、負ければそこで途絶える気持ち、勝ったものが負けたものにしてあげられることは、いつまでもその気持ちを持ち続けること。そういうぶつかりあいがしたくてサッカーをやっているんだと思う。・・・」

正確にあっているかは微妙ですがこんな感じだったと思います。このセリフには中学時代ものすごい共感した思い出があります。

中学の頃はただシャトルを打っているだけで楽しかったのに中学が終わる頃にはそれだけでは満足できない自分がいて、自分の気持ちがどこまで続くか試したくなりました。そこで次の進路として当時の自分のバドミントンのレベルからすると考えられないのですが、高商を選んだ思い出があります。

入った当時、高商ではほんとうにずば抜けて弱く、部内で勝つのに1年かかった記憶があります。高校時代の思い出といえば、やはり団体戦に出られなかったことです。みんなの試合をギャラリーからしか応援することができない。ベンチにすら入れない。その瞬間が一番チームのみんなが遠い存在だと思っていました。いつかあの中で試合がしたい。そうしたら最高なんだどうなあと夢見ていました。



高校時代が終わり大学に入って、団体戦に出場することはできたのですが、出場してみて感じたことがありました。これは団体戦に出てすぐに感じたことではなくて、その後大きな怪我をして本当にバドミントンをやめるか悩んだときに出た自分の気持ちなのですが・・・・


まだ秘密です。


こうやって振り返ってみると個人競技のはずが団体戦のことしかかいてないですね。やっぱり一緒に練習してきた仲間と闘う、自分はそんなぶつかり合いがしたくてバドミントンをやっているんだと思います。さらには、初めは満足していた現状にいつしか満足できなくなっている自分がいることも再確認出来ました。

辞めたら全てが終わってしまいます。だから、、50や60になってもバドミントンを続けている、または何らかの形で関わっている人っていうのは本当にすごいと思います。ずっーーーと自分の気持ちがどこまで続くか挑戦し続けているのかな、なんて思ったりします。


後3ヶ月、大きな試合は3つとなりましたが現状に満足できない気持ちがどこまで続くか試したいと思います。






keio_badminton at 03:04|PermalinkComments(0)

2009年07月27日

おススメ

こんにちは。
主将の渋谷です。引退まであとだいたい3か月となりました。
残りの期間突っ走るのみです!

さて、突然ですが最近読んだ本を紹介します。
先輩から、体育会の友人までいろんな人に薦められた一冊です。


「スラムダンク勝利学」 


面白いです。皆が薦めるだけあります。
かの名作スラムダンクを題材に、いろいろなメッセージがてんこ盛りです。
その中でも特に印象に残ったことをお教えします。


(儔修僚限臉こそ結果を生む!

一流の選手ほど優勝したいなどの漠然とした結果だけを追い求めていくのではなく、勝利を手にするために必要な、それにふさわしい自らの変化をいつも求めています。
従って変化を感じる能力、変化を楽しむ能力こそが、追い求める結果を手に入れるために必要となります。日々の練習はもちろん、たとえ負けた試合でも自分がどう変化して、何を学んだかを大切にするということです。



必ず自分に返ってくる!

一流の選手、人生に勝利する人には必ず必要な心の習慣らしいです。
自分自身には決して言わない、あるいは行動しないような内容の言動を他人にぶつけるということは、自らの首を絞めることにつながります。(精神的に力が発揮されなくなる状態につながる。例としては他人や周りの環境の文句、悪口)
逆に自分にしてほしいことを周囲にすればそれもまた自分に返ってきます。(良いプレーを褒める、応援する、何でも!)
部活以外でも日頃から習慣づけるのが大事!



石理論!

もう一つ大事な心の習慣として、「全力を尽くす」というものがあります。日常のあらゆることに全力を尽くすのです。そして、スタート地点から目標までのラインに日々全力を尽くしたということの証として、一日一個石を置いていき、それを積み重ねていくのが石理論です。なんとなく一日を過ごすことは、その石をどこかに捨ててしまうことです。試合が近くなって不安になるのは、置くべき石を置かずにどこかで無駄に捨ててきてしまい、道のりを振り返ってみると石がない部分があるからです。後で穴埋めしようとしてもポケットには石はありません。
一日一個の石を置くことを忘れずに一日一日を大切にしなければならないのです。




ごく一部を紹介しましたが、心に響くメッセージが散りばめられています。
おススメです!!




PS.先日、三田で鳩の頭をなでなですることに成功しました


keio_badminton at 17:41|PermalinkComments(0)

2009年07月24日

夏休みだからこそ。

先日レポートもテストも終わり、夏休みに突入した2年の佐保田です
…テストがまだまだ残っている人もいるなか申し訳ありません
部活もオフ期間ということもあり自分のペースで練習に臨んでいます。




夏休みというのは、授業やレポートや研究会に追い込まれることなく自分のペースで自由に時間を過ごせます。
しかし反面ボ〜っと過ごしてしまうと気がついたら秋学期が始まってしまいます
大学生の夏休みは約2ヵ月間という高校生時代には考えられない程の時間があります。
ですが、去年の夏休みはバドミントン一色の日々だったと思います。
もちろん今年もバドミントンに熱中することはもちろんですが…
他にもやりたいことがあるので体力の持つ限りいろいろなことをしたいです(・ω・)







そのうちの一つとして、最近料理に挑戦しています
普段はお母さんに甘えっぱなしの生活をしているため、せめて時間があるときだけでも…と思い作るようにしています。
しかし、先日誰が作っても失敗しないという“豚の生姜焼き”を作って失敗したため先が思いやられます



他には読書にもはまっています
知っている人も多いと思いますが、伊坂幸太郎さんの本をいくつか読みました。
以前は江國香織さん(デュークはとてもお勧めです)や吉本ばななさんのような作家さんの本を読んでいましたが、今はもっぱら伊坂幸太郎さんや村上春樹さんなどどこか癖のある世界を描いている本にはまっています。
なかでも伊坂幸太郎さんの『魔王』が面白くその続編と言われている『モダンタイムス』を本屋さんで探しているのですが見つかりません
はやく読みたいです。
一時期はまったく本を読まなかったので、このままいろいろな本を読むように習慣づけたいです。





そして…やはり遊びたいですね
家と記念館を往復したり、Tシャツにハーフパンツ姿が日常になるのではなく遊んだりしたいです
なかなか難しいですが、夏は花火大会やお祭りがあるため電車で浴衣姿の女の人を見ると…ウェイトルームにいる自分がちょっぴり悲しくなります
オンオフの切り替えは大切だと思います







しかし何より夏はバドミントンに多くの時間を費やすことができる貴重な期間です。
また、オフ期間もコート内の練習だけでなくトレーニングも行ってきているつもりです。すぐに実力向上に繋がるような甘いスポーツではありませんがこのままコツコツきちんと積み重ねていきたいと思います。

そして目の前には東日本大会、秋季リーグ戦と大会も迫っています。
春季リーグ戦で感じたことをまた改めて振り返って今の自分にできることを日々後悔しないよう練習に臨んでいきたいと思います!!!!!!













keio_badminton at 23:15|PermalinkComments(0)

2009年07月23日

こんにちは☆

こんにちは
今帰省している2年の植田悠です

今日は帰省中のことについて書きたいと思います。
去年のこの時期はまだテストが終わっておらず、
3日しか実家に帰省することが出来なかったのですが今回私はテストが少なく
レポートが主だったので早めに帰省することが出来ました
やっぱりお家って最高ですね
おいしいご飯をたべることができるし、洗濯や掃除は自分でしなくていいし幸せです
普段一人暮らしの私は自分で全部しなくてはいけないので
親のありがたみが本当にわかります

帰ってきてからは、沢山したいことはあるのですがまだ期末レポートが終わっていないのでレポートのことで頭が一杯ですまた地元の
友達も今試験中なのでなかなか遊ぶことも出来ずちょっぴり
悲しいですとりあえずは早くレポートを終わらせないと
帰省期間くつろぐことが出来ないので頑張ります。


あっ今日は日蝕現象が起こりましたね
見た人はおられますか
私は残念ながらテレビでしか目にすることが出来なったのですが
あの現象は本当に神秘的ですよね
次起きるときは見に行ってみたいです

ではでは残りの帰省を充実したものに出来るように
レポートを頑張ります

まとまりのない文章で申し訳ありませんでした。
ご精読ありがとうございました。


keio_badminton at 00:55|PermalinkComments(0)

2009年07月20日

今週末

こんにちはヾ(=^▽^=)ノ
最近、同期にバカだと言われ困っている2年の田中優子です♪笑



この土日は部活の行事が目白押しでした


まず(土)は新入生歓迎会がありました
自分が1年の時はとても緊張していたのが、2年になって余裕も出てきて

あー1年たったんだなぁ!

と思いました


ちなみに私は昨年の新歓の自己紹介で、『目標は怪我をしないこと』と言ったのに、大学で怪我をしてしまったなぁ
と思い出していました

これからとても大事な時期なので怪我をしないように、きちんとケアをして頑張りたいと思います



(日)は合同練習会がありました
私は合同練習会担当なので、メニューを考えたり運営をしたのですが、思っていたよりも大変で、正直疲れました
常に先を考えて行動しなくてはいけなかったので、頭が一番疲れました(>_<)

でも、高校生に楽しんでもらえて嬉しかったです
参加して下さった皆さんありがとうございました


どんな行事でも、学年が変わると、そこで感じることも違ってきて、少しずつ視野が広くなったり、色々なコトを考えられるようになってきているのかな、と思いました!


では、土日に勉強出来なかった分、今日挽回したいと思います…(T_T)/~




keio_badminton at 16:09|PermalinkComments(0)

2009年07月17日

オフ中の練習

こんにちは!

最近「足引き締まったね」といわれることが増えて、
ボンバーまっちょもとからボンバーひきしまっちょもとに進化した2年の松本です

今日は、ついにテストが始まってしまいました。゜(´Д`)゜。

勉強も本格化しなきゃですが、練習の方も今大事な時期にさしかかりつつあります(`・ω・´)

(オフの少し前から女子チームは「それぞれのレベルにあった練習をして着実に実力をつけていこう!」ということで、3つのレベル別での練習を始めたんです)

私のところでは、

東日本大会や秋リーグに自信を持って臨むために、
夏休みには高度な練習もできるようになりたいので、
このオフ中に筋トレも積み重ねて、
基礎ショットをまず正確に打てるように再確認して、
そしてちょうど今日からは、オフ明けには正確なショットを全面で動きならでも打てるようにと全面での練習も取り入れ始めたところです(・∀・)つ

テストとの兼ね合いもありますが、基本的に週3回集まってオンコートの練習をすることにしています

去年の私といえば、オフになるのがただただ嬉しくて、自主練に一回いったかどうかも覚えてないくらいだったので、とっても大きな進歩です

レベル別の練習になって、自分たちでその日その日のメニューを考えるようになると、自然とモチベーションがあがります

自分たちで目標を立てて、目標までの過程をイメージして、その過程の中での「今日」のメニューだから、次に繋げていけるようにがんばろうって思えます(*'-'*)
それと、一緒に頑張る仲間がいるっていうのも大きいですね
一人じゃなかなかできないです

私は効率の悪いフォームのまま長年打ちなれてきてしまったのもあって、
そのクセを直すように意識するのだけでも難しいのですが、それと同時に、コースを狙ったりシャトルをよくみたり、相手の動きをみて準備したり、軌道をイメージして打ったり…意識することがたくさんあって、相当な集中力を要します(((( ;゚д゚)))
ドライブのラリーがたまに続いたりしたときは、それでミスりそうな気がして瞬きも出来ません

ですが毎回の練習で一つ一つ確認しながら取り組んで、それで出来るようになったものもあるので、今やっている練習は普段の練習時間に比べれば短いですが、内容はとても充実していて楽しいです

なのでご覧の通りいつもの日記より絵文字が増えました

ですが、自分たちのイメージどおり上達していくためには、今出来ているトレーニング量では足りないので、これからテストも大変になってきますが、トレーニングの方ももっとがんばらなきゃいけません

自分に甘いところがあったという自覚があると、どんな結果であれ満足できないと思うので、言い訳作ったりせずにがんばります

そして得たものはチームに還元できたらいいなぁと思います(´・ω・`)


次の日記が回ってくるときにはスーパーボンバーひきしまっちょもとに進化して戻ってきたいと思います(・∀・)

keio_badminton at 01:52|PermalinkComments(0)

2009年07月13日

体調管理

こんにちは。2年の三澤です。


早いもので、部活が試験オフ期間になってからもう2週間になろうとしています。この時期はレポート課題の締切が立て続けに迫ってくるので、なかなかエグいです。


男子についての話になってしまいますが、今回のオフでは、一週間に行うトレーニング量をノルマ化して、4〜5人ごとのグループに分かれてやる、という形をとっています。どこのグループも上手く予定を合わせてトレーニングに励んでいるようです。


さて、先日も自分のグループ練があったのですが・・・・・


マジでぶっ倒れそうになりました

ランニングをやって、階段ダッシュをしたのですが、ダッシュの途中からホントにヤバいなって感じでした。最初は「今日はいつも以上に追い込めているな」と思っていたのですが、とんでもない勘違いでした



原因は自分なりにわかっています。

〜案、レポートの課題を進めていてちょっと夜更かしをしてしまったこと

△海泙瓩某緤補給をしなかったこと

Dごはんをしっかり食べていなかったこと

ぃ祁鄰羹椶鬚匹海で甘く見ていたこと


・・・やっぱり体調管理はとても重要ですね。当たり前のことですが、これからが夏本番であると思うと、体調管理について再確認しなければいけないなぁとつくづく思います。


よく「体調管理も実力のうち」と言いますが、まさにその通りだと思います。コンスタントに安定したプレー・強さを発揮することは、常にコンディションを整えていなければできないからです。


これから練習や試合に向かう前の最低限の準備をしっかりできるように、オフ期間だからこそ規則正しい生活を送ることを意識していかなければなぁ、と思う今日この頃です。





keio_badminton at 20:56|PermalinkComments(0)

2009年07月10日

充実した日々

お久しぶりです。
レポートをためすぎて今その付けが回ってきている2年の竹内裕詞です。

前回ちょっと適当に書いてしまったので、今回はちょっとまじめモードで書きたいと思います。

自分は最近深イイ話にはまっています。一見「?」と思うことでも、自分の中でしっかり考えることによってまた別の考え方ができるという、そんな深イイ話が好きです。

そんな自分から深イイ話を一つ。

この前、練習が終わった後に「疲れたー」と言っていたら、植田からある深イイことを言われたんです。

「疲れたより、充実してるって思ったほうがいいよ。」

自分は最初聞いた時、「またいつものおとぼけトークかー!?」と思ったのですが、ちょっと考えると、深イイと思ったのです。

なぜなら、疲れたというのはマイナスの言葉ですよね。また充実してるというのはプラスの言葉です。植田が言いたかったのは、マイナスな方向に考えるより、むしろプラスに考えたほうがいい、そのほうがまた明日も頑張ろうと思えるよってことじゃないのかなと思ったんです。

「深イイ…」

彼女の強さの源はこういったプラスの方へ考えることのできる、また考えようとするところにもあるのかもしれません。

すごいですね。いいと思ったのでパクリます。

あっ!?パくるというのは大事なことみたいですよ。テレビの深イイ話でも島田伸介が「ものまねすることは大事。実際、上手いやつのものまねするしかないんだよね。」と言ってました。何気なく言った一言ですが、深イイですね。


ちょっと深イイことを言いすぎて、収拾がつかなくなってきたのでこの辺でやめようと思います。

一年生が入部し、自分も下から見られる立場なので、自分も深イイことを言える深イイ先輩(?)になれるよう努力しようと思います。

では失礼いたします。

keio_badminton at 15:01|PermalinkComments(0)

2009年07月07日

7月

こんにちは。最近バッタに似ていると先輩にいぢられる2年の山口哲生です。


2年生になってから早くも3か月が経ちました。夏ですね。暑いです。
1年生が入った4月から、心機一転して練習に打ち込んできましたが、
先月の初めごろに、生まれて初めて捻挫というものをしてしまいました。
怪我をしないように、日々風呂上がりにストレッチをしてきましたが、
とうとう大きな怪我をしてしまいました。疲れがたまっていたのか、年をとったのか、とにかく悔しかったです。


それから2週間ほどは歩くので精一杯という感じで、部活もほとんど筋トレしかできませんでした。怪我をする前は毎日の練習の強度が高いこともあり、正直練習がつらくってたまりませんでした。休みたいと愚痴を漏らしてしまったこともありました。
しかし、いざ怪我をしてバドミントンができない状況になると、今度はバドミントンがやりたくてしょうがなくなりました。筋トレをしながらコートでみんながプレーしているのをみるのは日に日に耐えがたい苦痛になっていきました。なんとも皮肉なことです・・・。バドミントンの楽しさを今一度私に示すための怪我だったと、ポジティブに考えておくことにします。


怪我から1か月が経過して、ほぼ問題なく練習することができるようになりましたが、全力で動くことに対して、恐怖心がまだ少し残っています。もどかしくて仕方ありません。怪我をした当初は、先輩がタクシー代をカンパしてくれたり、ある同期が病院まで肩をかして連れて行ってくれたり、ある同期と後輩が家にハーゲンダッツとかを買ってきてくれたりと、人の優しさを感じることができたのはすばらしい経験でしたが、やはり怪我はしてはいけません!!先輩方もいつも言っていましたが、現役の皆様には、怪我をしないように日々の身体と心のケアをしっかりしてもらいたいと思います。怪我、ダメ!!絶対!!



7月ですが、まだ梅雨は終わっていないようでムシムシジメジメしていやな日々が続いていますね。この間食パンにカビが生えていました・・・。
カビといえば、バッタカビとかなんとかいう、昆虫を媒体として生息範囲を広げていくカビがあるそうです。


どうか、私を媒体にしないでください





keio_badminton at 23:40|PermalinkComments(0)

2009年07月04日

多忙

2年の柳原です。こんばんは。

つい最近初々しい1年生が入ってきたかと思ったらもう夏ですね。
今日久しぶりにリバロンと理工階段やったんですがぶっ倒れるかと思いました。
これからもっと暑くなることを考えたら相当気が重いです。
夏の練習でバテないように定期的に鍛えていこうかと思います。

・・・っっとその前に試験がありますね。めんどくさいです。
自分は1年でそれなりに勉強した結果、理工学部でも人気学科のシステムデザイン(SD)工学科に入ることができました。
学科の内容を聞かれると説明しずらいですが簡単に言うと機械、電子、情報・・・など多彩な分野にわたって学ぶことができるとこです。ってことでまだ機械とかにはっきり絞れない人とかに人気なので悪い意味では優柔不断学科ともいわれていますが・・・。
授業は1年の時より専門的な内容が段々と組み入れられているんで割と興味が持てるのが多いです。
ただ2年になってからは学科に入れた安堵感から気が抜けてしまい気づいたらついていけなくなったのでこれからツケを払うことになるわけです・・・。
一日何十ものの微分方程式とにらめっこの毎日を考えるとかなり鬱です。
今年もできなかった割にはBが来たとかなってほしいです。ってかなるんじゃないでしょうか。ポジティブ思考でいきます。

話は変わりますが自分は最近この部のホームページの管理をちょいちょい任されるようになりました。
自分は理工学部のくせにPCがあまり得意でなくホームページとかいじったことないんでどうしようかと思いましたが、先輩に丁寧に教えてもらって今はスムーズに更新作業とかできるようになりました。これからも迅速に更新してHPのクオリティーを高めていきたいと思いますので期待してください!


こんな感じでいろいろ忙しいですが妥協しないでいきたいです。

keio_badminton at 23:57|PermalinkComments(0)