2011年07月

2011年07月30日

夏の練習

こんばんは。2年の大山です。

今日、テストがすべて終わりました。昨日まで実家に帰省していたのですが、今日のテストがあったため勉強する必要ありました。しかし、実家に帰ると友達と会ったり、家でくつろいだりとなかなか勉強する気が起きないものです。そのせいか今日のテストの出来は微妙でした。(笑)

テストが終われば、いよいよ夏休みです。

夏休みは部活に集中できる絶好の機会です。

しかし、非常に暑い環境の中での練習で体力は持つだろうかなどといろいろ不安はあります。とはいえそんなことは言ってられないです。去年の夏休みの時に感じたのですが、夏休みというものはあっという間に終わってしまいます。特に部活を毎日しているとそう感じます。あっという間に過ぎてしまう夏休みの中でバドミントンの自分のレベルをしっかり上げたいと思っています。


そこで今年の夏の練習に主体的に取り組めるようにします。去年の夏の練習では練習日数が重なって疲労が溜まってくると練習が受け身がちになってしまうことがありました。しかし、そうなってしまうのはもったいないと思います。

もう一度今までの試合を振り返ってみて自分に足りなかったことをしっかり考えだし、夏の間にどれだけ克服しようと考えてみる。さらに練習メニュー1つ1つに自分が実際の試合の中で活かしている場面を想像しながら、取り組むようにする。できれば練習メニューの始まる前に想像しておきたい。

今までによく言われてきたことですが、いまいちど意識して取り組みたいと思います。
そうすれば主体的に取り組めるのではと思います。もちろん「勝つ」という気持ちも大事です。

それでは夏の練習頑張ります。

失礼します。







keio_badminton at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年07月26日

なんでそっちを諦めるが?

 みなさん、こんばんは。テストが一足先に終わり帰省中の八木です。
 今日もビーチでハナの下・・・いやハネをのばしてきました(´∀`)高知に帰るとついつい野生に戻ってしまい大自然の中を走りまわっていますε=ε=(;´Д`)

 と、冗談はこのくらいにしておいて今回はこのオフについて書きたいと思います! 
 今回のオフを通して自分は“いくつかのことを両立している時のほうが上手くいく”と改めて感じました。
バドミントンだけでは駄目
勉強だけでは駄目
遊びだけでは駄目なんです。
一見、一つの物事に集中力がすごく注がれると思いますが中々そうはいきません。

むしろ、何か二つやりたいことをとり敢えて追い込んだ方が両方上手くいくのです('▽'*)ニパッ♪(このただのドMやろうと思うでしょう笑)

そんなある日、僕のチャラ友が『二兎追いかけて二兎とも得ちゃえばいいんだよ』と堂々と言ってました。(何が対象であるかは御想像にお任せいたします笑)
僕もその言葉に頷いてしまいましたヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ
AKB48のドラマ『桜からの手紙』の大島優子もこれと同じことをいっていました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


・・・・・・・・・・・・・・・・・何かよくわからないことになってきましたがつまりは

自分の能力、キャパに自分で限界を勝手に作らず全力でやりきる!ということです。
これからオフが終わるとさらに忙しい日々が待ち構えております。
がしかし、どんな壁や試練にも負けず、そして全てを得ます!
欲張りと思ったあなた(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 僕は欲張りです 笑

いつものごとく宣誓のような形の日記を許して下さい(´;ω;`)
ご精読ありがとうございました。



ps,僕の幸福なときはイケメンを見ているときです





keio_badminton at 00:24|PermalinkComments(0)

2011年07月22日

弱いわよ。阪神は弱いわよ。 

こんにちは。二年の前川です。

みなさん、テストの出来はいかがでしたでしょうか? 
僕は、まあまあ、といったところでしょうか・・、自主練もあまり参加できずに良い結果でないというのは悔しい限りです。

さて、ここ最近はテスト期間であったということもあり、机とパソコンにずっと向きっていたので話題がなかなか見つかりませんが、ここはあえてテストについて書くことにします。

昔の僕は、論述形式のテストが大嫌いでした。

というのも、自分では絶対に正しいと思っていた答えが不正解にされた、ということが多かったからです。本当は、友達が割と器用に採点基準にのった答案を書いていて、悔しかっただけですが。

昔の僕は、テストでヤマを張ることが大嫌いでした。

というのも、ヤマを張るのは他の部分をしっかりやらないので邪道だと思っていたからです。本当は、友達が割と器用にヤマを当てていたのが、悔しかっただけですが。

昔の僕は、暗記が大嫌いした。

というのも、丸暗記が自分のためにならないと思っていたからです。本当は、友達が割と器用に難しいところは丸暗記してしまって良い点を取っていたのが、悔しかっただけですが。


まだ同じように思っていることはありますが、今では自分が間違っていた部分もあることがわかります。

たとえば、論述形式のテストで採点基準にのった答案を書けないのは、採点者という相手の立場に立ってわかりやすいように説明する能力が自分に足りなかったということですし、
ヤマを張るのが下手だったのは、授業中の先生の話を聞いて、相手が伝えたい要点を判断する能力がなかったということですし、
暗記が苦手なのは、集中力がないということです。

こうして考えると、テストという場面だけではなく、いろいろな場面で使われる能力に不足があったとわかります。当時の僕は、テストの失敗から学ぶということができず、八つ当たりばかりしていました。

これからは、こういった失敗を何かのせいにせず、冷静に分析することで、失敗から多くのものを学んで行こうと思います。

バドミントンも負けという失敗から多くのことを学んでいこうと思います。

やっつけでバドミントンに結びつけたところで日記を終えようと思います。 
失礼します。

P・S テスト期間中の発見 「弱いわよ、阪神は弱いわよ」 は後ろから読んでも 「弱いわよ、阪神は弱いわよ」
あと、僕にとっての幸福は、「友達と以心伝心できたとき」です!!あと、お金が手に入ったとき・・(笑)・です。






 

keio_badminton at 19:01|PermalinkComments(0)

2011年07月18日

僕とカブトムシと時々自己管理

こんにちは、暑い日が続いています。
この夏は電力不足のうえに水不足にも悩まされそうですね。
二年の榎本です。

皆さん夏といえば何を思い浮かべますか?海、スイカ、それとも花火でしょうか。
僕は断然カブトムシです。夏に昆虫を飼育した経験を少なからずお持ちだと思いますが、ちゃんと最後までお世話できたでしょうか?僕は幼少の頃より何度もカブトムシの飼育に挑戦したものの、その都度失敗してきました。初めは珍しいのですが、だんだん面倒くさくなって秋が来る前にみんな昇天してしまいました。僕の家の庭はカブトムシの霊園となっています(泣)自分のことさえ儘ならないのに昆虫の世話は無理だと気がついたのは高2の夏でした(気づくのが遅いですよね)今でもカブトムシがひっくり返って昇天していく姿を時々夢にみます。ある意味トラウマです(笑)
 
自己管理が満足に出来ない僕にとって一人暮らしをしている人は尊敬に値します。8月に試験を受けて再度挑戦する留学準備のためにも身の回りのことを徐々にやろうとしているものの、忙しさにかまけて怠けている今日この頃です。

さて、今朝までのなでしこジャパンの快挙は本当に素晴らしく、震災で沈んでいた日本国民に大きな喜びと自信を与えてくれました。なでしこの怒涛の快進撃の陰に隠れてしまいましたが、僕はその前にメキシコであったFIFA U-17の試合に心惹かれました。決勝トーナメントの準々決勝でブラジルとあたり2対3で敗れました。3点先取されましたが諦めずに一点差まで追い詰めました。
そのうえ試合後の選手が負けた悔しさで号泣していました。天下のブラジル相手に胸を借りる、ではなく勝ちにいっていたことが分かり年下の彼等が大きく見えました。予選リーグ、Bグループでのアルゼンチン戦では、イージーミスが目立ち自陣でボールを失いシュートされる場面もありました。しかし彼らはミスを怖がることなく、まるでミスなどなかったようにパスをつなぎ続けました。ミスを恐れてプレーが小さくなることもなく堂々としていたのです。これをあるスポーツライターは「鈍感力」と、表現していました。自らのミスの後、どんどん自滅していく僕には「鈍感力」が足らないのだと思いました。  
もちろん彼らは自信を持つだけの裏づけになる練習をしているとは思いますが、メンタルで負けない強さを年下の彼らから教わりました。
 
 最後に「幸福」について
日々のささやかな欲望が満たされたとき、幸せを感じます。単純ですが、おいしいものを食べたとき、テストでヤマが当たった時、バドミントンでいいプレーが出来たとき・・・けれどもそれ以上に上手くいかないときに感じる焦燥感のほうが大きいのも事実です。ささやかな願いが叶った瞬間、またそれ以上の望みが湧き、上手くいかずに焦る、この繰り返しのようです。幸せとは手で砂を掴むようなもの,掴んだ瞬間手からすり抜けていく。
ちょっと哲学的でしょうか?
今は自己管理の徹底、そして鈍感力を育て、器の大きな人間になりたいです。
拙文にお付き合い有難うございました。


keio_badminton at 11:41|PermalinkComments(0)

2011年07月16日

とんじる師匠

 こんにちは。阪本に影響され、おいしいご飯が食べられるのが、一番の幸せかなーと思いつつ、でも幸せじゃないとどんな食事もおいしく感じないかもしれない。だとしたらやっぱり幸せって何かなとか思ってしまった2年文学部の平林です。


 柄にもなく、すみません。私は今年英語で、バートランド・ラッセルの「幸福論」をテキストとして扱っているので、その中で何か答えが示されているかもしれません。まださわりしか読めていませんが、自分の内面ばかりに執着するのではなく、外的な事柄に目を向けることが大事だと述べられていました。



 っっっっというわけで、部員日記を始めさせて頂きます。
突然ですが、皆さんTwitterってご存知ですか??(ナイツ風)
私も1週間に1回程度のつぶやきをして、ひそかに活動しているわけですが、Twitterは特に友達との交流は意識せず、情報を得るためにやっている感じです。情報を得ると言っても、ニュースや大学のお知らせなどを知るといった程度のことで大したことはしていません。ためになること以外でもアメリカンジョークボットなる定期的に米冗談をつぶやくものもあり、ちょっとした楽しみでもあります。
その中で、今までいいなあと感じたものを紹介します。



ある墓にこんな事が書いてありました。「誠実な男、そして政治家だった男、ここに眠る」 近くを通りかかった新人神父はこう言いました。「これは珍しい。一つの墓に二人も埋めるなんて。」



「次の方、お名前は?」「ママママイケル・スススススミスです」「落ち着いてください…」「私は落ち着いていますが、父が出生届のときに緊張していたので」



世の中には3種類の人間が居る。数を数えられる奴と数えられない奴だ



とまあこんな感じです。


 また、友達のつぶやきに考えさせられることもあります。
少し前ですが、こんなつぶやきがありました。
「たとえ計画どおりにいかなくても、無計画でいてはいけないように。たとえきれいごとでも誰かが言い続けなきゃいけないと思う。」


 きれいごとって何となく鼻で笑われる感じがありますし、世の中はそんなに甘くないんだよと一蹴されてしまうことが多いと思います。ただ、実現しなくても、形だけでも何か目指すものがないと状況は悪くなる一方ですし、少なくとも良くはならないと思うのです。


 きれいごとではなくても、誰かが言い続けなくてはいけないことってありますよね。
例えばスポーツでうまくなるために心がけとして、「試合を意識して練習する。」「考えながらプレーする」ということがあります。これってどこの部活でも言われていることですし、中学生でも知っている言わば常識、練習をしていく上での指針のようなものです。大学生やプロの選手ならばもうわざわざ口に出せなくても、みんな知っていて当然のことです。


 ではなぜ小学生でも知っていることを大人になっても耳にたこができるくらい言われるのでしょうか。それは結局、人は「忘れてしまう」からだと思います。楽をするために意識的に忘れることもありますし、無意識的に忘れてしまうこともあると思います。毎日練習の繰り返しで、試合ではなく練習をうまくやるために意識が向けられがちになってしまうこともあります。それはある程度不可抗力でもあります。しかしその状況をよしとしないためにも「誰かが言い続け」なければいけないのだと思います。
 

 ただ、大学生が誰かに言ってもらわないと意識できないのはさみしいというか情けないことですよね。だからやっぱり自分で自分に言い聞かせることが大事なんだと思います。そのためには「忘れてしまうということを知っている」ことがまず一歩目で、これはいわば無知の知と言えるかもしれません。忘れてしまうということを知っていれば、意識することの必要性も自ずとわかると思います。

あと半月後には再集合しいよいよ思いっきりバドミントンができます。大事なことを忘れずに飛躍の夏にしたいです。


keio_badminton at 06:19|PermalinkComments(0)

2011年07月13日

噛めば噛むほど

こんばんは!

幸せってなんやろう(?_?)

日々こんな疑問を問い続けている、2年の阪本です。

3歳くらいのときから考えていますが、一筋縄にはいかない手強い相手です。

幸せってなんだろう(?_?)

何をしているときが幸せだろう(?_?)

それって本当に幸せなのか(?_?)

幸せの概念あってる(?_?)(?_?)

本当に幸せ感じたことある(?_?)(?_?)(?_?)

と改めて考えてみると(決してネガティヴに、卑屈になっているわけではありません。)

改めれば改めるほど、考えれば考えるほど

特に答えらしき答えは見つからなくなります。

以前寝る前に考えてしまい、朝まで寝られない日もありました。

まあ答えは見つかりませんが、この問いを考えていると

日々の自分の行動や発言、生活が不思議に思えてきたり、

自分の中の未来予想図的なものが疑わしいものになってきたりします。

疑わしいといいますか、特にゴールがなく漠然とした世界に迷い込んでしまいます。

”嬉しい”と”幸せ”は同じなのか?(同じじゃないけど、別物でもない(?_?)汗)とか普段は気にならないことが気になってきますよね!

収集がつかなくなるのでここらへんでストップいたします。

ちなみに僕は日々何気なく生きてしまわないように、よく帰りの電車で

幸せってなんなんだろうと考え、また”今日の幸せ”を振り返り、拾い上げるようにしています。

幸せってなんだろうと考えてみる、大切なことですよね!

皆さんにとって、幸せってなんですか(?_?)

改めてしっかりと考えてみると、即答はできないものだと思います。、

案の定なんだこりゃという日記になってしまいました。

最後までお付合い頂いた方々、ありがとうございました!

失礼いたします。

なでしこジャパン頑張れー!!!

keio_badminton at 23:30|PermalinkComments(2)

2011年07月11日

サマーサマー♪

皆さん、こんにちは!3年の岸本裕紀子です!

ここ最近一段と暑くなってきましたが、体調はいかがでしょうか?
夏だから暑いのは当然のことなのですが、やはり何でこんなに暑いのーー思ってしまいますよね

私たち女子チームは今フリー期間中です!いつもなら地元のクラブチームや母校に顔を毎日のように出すのですが、今回は試験が多すぎて母校の方にしかいけていません
テストが終わっても、今度はゼミの三田論の発表やら課題やらで、なかなか休まることのない夏休みになりそうです
でも、充実すること間違いなし?なので、パンクしない程度に頑張ります!

バドミントンのことに話を戻しますと、今週末は女子は2部練習を行います
2日間行うのですが、暑さで蒸発してしまうのではないかと心配しながらも、めいっぱい練習出来ることにワクワクもしています!!

突然ですが、私はこの夏、今までにない位強い気持ちで大きく成長したいと思っています!それはバドミントンの面だけでなく、あらゆる面においてです
しかし、思ってるだけではダメなことは分かっています。しかし、頭で分かっていても、その為に計画して行動に移すことは本当に難しいです
しかし、今年の私はそれをしっかりやってみます★行動する前にあれこれ悩んで結局何もしないで後悔する自分におさらばです
まずは、大きな紙に目標を書き、そこから必要なこと・出来ること・自分には出来ないので他の人の力を借りるもの・・・・など、ガンガン言葉にして書いていきます。そうすることで、アプローチ方法や優先順位が見えてくると、高校の時に読んだ本に書いてありました。この方法を信じてみようと思います!
まずは行動です(´∀`*)!

皆さんのこの夏の目標はなんですか?

keio_badminton at 15:07|PermalinkComments(0)

2011年07月07日

テスト期間

こんにちは
3年の高崎です!

更新が遅れてしまい、すみませんでした
昨日、テスト期間のひとつめの山を越えました
今年の三田のテスト期間は、テスト期間という名のものは存在せず先生の判断でレポートになったり最後の授業内でテストをしたりと、とても変則的なため山がたくさん出没しています
そんなテスト期間を越えるともう夏休みですね
テスト期間中には、いままで授業を聞いてこなかった自分を呪い、秋学期に向けて夏休みはしっかり勉強しようと毎度毎度思い計画をたてるのですが、なかなか実行されないままま休みが終わってしまうことがほとんどでした
でも、今年の高崎は違います。
勉強はもちろん、バドミントンに関しても目標をもってしっかりきっちりちゃーんと夏休みというひとつのことに時間を割けるとても良い機会なので、夏ノ暑サニモ負ケズ頑張りたいと思います

最後まで、読んでくださりありがとうございました

keio_badminton at 10:11|PermalinkComments(0)

2011年07月03日

人と話す

こんにちは
3年の有高です

明日からテストが始まります
もう少しで3年生の半分が終わります。。最近、時の流れをとても早く感じます。

3年生になって、ゼミが始まりました
ゼミでは、今まで日吉で勉強してきたことを用いて、現在存在する経済問題の分析を行っています。
毎回の授業では、知識の多い先輩や同期に囲まれて良い刺激を受けながら充実した授業を受けています


私のゼミの同期は、様々なキャラクターが存在します
体育会・サークル・バイト・ダブルスクール・PCP(経済を英語で学習するもの)でそれぞれ頑張っていたり、頭が良い人がいたり、飲み会で盛り上げるのが
上手な人がいたりなど、挙げたらキリがないほどです


日吉では全く知らなかった人が多い同期ですが、今ではとても仲良しです

そのような同期とは、真面目な話もしますが、ただひたすら最近あったことや
今までの人生で何をしていたのかなどを話しています。そして、あっという間に時間が過ぎてしまいます
それぞれ経験してきたことが異なり、新しい情報や新しい物の見方を知ることができるため、
話をしていてとても面白いです

現在部員の数も増えてきており、また男女で練習時間が異なるため、
部活内でも話す人は限られているのではないかと思います

テストが終われば夏休みということで、夏休みを利用して部員はもちろんですが、
大学・高校・地元の友達など色んな人と会ってたくさん話をしたいです

keio_badminton at 16:38|PermalinkComments(0)