2018年05月

2018年05月30日

今!全力で!

こんばんは!  4年の片山です。

早くもあと数日で5月が終わってしまいますね!もうすぐでムシムシする時期に入るのかと思うと少し憂鬱な気持ちになってしまいます。


さて今回は、最近、私が社会人の方からお話を伺った際、印象的だったことについて書きたいと思います。社会人の方がお二人、学生に向けてお話をしてくださる機会があり、その中でそれぞれの"好きな言葉"を紹介してくださったのですが、その言葉が自分にとても刺さるものでした。


おひと方は、元プロ野球選手の王貞治選手の名言が好きな言葉だと仰っていました。



「努力しても報われないことがあるだろうか。たとえ結果に結びつかなくても、努力したということが必ずや生きてくるのではないだろうか。それでも報われないとしたら、それはまだ、努力とはいえないのではないだろうか。」



とても有名な言葉で、よくスポーツ界では耳にする言葉ですよね。私はこの言葉の後半部分を見たとき、自分に足りないものを感じ、はっとしました。ただ頑張ることばかりに必死になってしまっているのではないか、結果を残すために努力するべきなのに、頑張ることだけで良しとしてしまっている自分がいるのではないかと思いました。


また、もうひと方の持論もとても素敵だと感じました。



「将来はずっと将来のまま。例えば5年後のことを今からいくら想像したり心配しても、どうすることもできないし、常に自分は今しか生きれない。だからこそ今が楽しいと思えるようにするべきで、その積み重ねの上に成り立っているもの将来。その今をどうするか、その選択権はすべて自分にある。」



私はこれまで自分なりに年度ごとのチームの目標に貢献できるように、練習に取り組んできたつもりでしたが、ふとした時に目指しているところに近づけるのだろうかというボヤっとした不安を感じることがあり、その度になぜだろうと思っていました。しかし、今回のお話を伺ったとき、お二方が仰っていたことをまだできていないからではないかと思いました。


"選択をする"というと少し大事に聞こえるかもしれませんが、どの程度真剣に取り組むのか、そもそも練習をするのか、これも立派な"選択"だと思います。
お話を伺ってから、自分がベストだと思う選択をして、自分でも納得できる1日1日を秋まで積み重ねて、リーグ戦を迎えたいと強く思うようになりました。


つい1か月前に春のリーグ戦が終わりましたが、秋のリーグ戦までも4ヶ月と時間があるようで少ないです。"今、ベストを尽くす、そしてそれを継続していく"、このマインドを忘れず秋まで取り組んだとき、どうなっているのか自分でも楽しみです。


堅苦しい内容で長々と書いてしまいましたが、最後まで御精読有り難うございました。


慶應義塾体育会バドミントン部
経済学部4年
片山有香里


keio_badminton at 00:04|PermalinkComments(0) 女子 | 4年生

2018年05月23日

リーグ戦

寒暖差が激しい日々が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
研究室に正式に配属され、なんだかんだ忙しい毎日を送っております。お久しぶりです。4年の榎本です。


今回はタイトルの通りリーグ戦について振り返ってみようと思います。

今回のリーグ戦では、シングルス4試合、ダブルス1試合に出場させて頂きました。リーグ戦に出場するのは今回が初めてで、とても緊張しました。というか、試合の記憶が殆んどないくらいとても緊張しました。
今までの3年間は出場している選手を応援する立場で、コートの中でプレーすることが有りませんでした。コートの中に入ってみると応援が全く聞こえなくなり、人って緊張すると何も耳に入らなくなるんだなと、身をもって痛感しました。

緊張した話はここまでにしておきたいと思います。今回のリーグの結果ですが、合計5試合に出場しましたが全敗してしました。1ゲームも取れずに負けてしまい、とても悔しかったです。もちろん負けたことも悔しいのですが、今まで練習してきたことが発揮できなかったことが特に悔しかったです。とても自分の未熟さを感じ、自己嫌悪に陥りました。(自己嫌悪はよくあることですが)
また宇都宮まで応援に駆けつけてくださったOBの方々や、入部してから今まで指導してくださった方々に申し訳ない気持ちで一杯でした。

チームは全敗して、3部6位という結果になり、入れ替え戦に臨むことになりました。入れ替え戦は、チームメイトが頑張ってくれて、東京都市大学に3-0で勝利しました。私は第3シングルスの予定でしたが、出番が回ってくることは有りませんでした。
正直、第3シングルスまで回っていたらと考えると吐きそうになりますが、回ってこなかったのでホッとしたというのが正直な気持ちです。

チームメイトのお陰で、秋も3部の舞台で戦うことが出来ます。今回の悔しさはリーグ戦でしか返せないと思っています。今回のリーグでの悔しさを忘れずに、日々の練習に取り組んでいきたいと思います。


駄文でしたが、御精読有り難うございました。


榎本勝行

keio_badminton at 23:38|PermalinkComments(0) 4年生 | 男子

2018年05月17日

あと半年

とうとう私も4年生。

「最上級生になると、これから行うことすべてに『最後の』がつくよ」という先輩の言葉が、とても印象に残っている。残る個人戦は、関選、東日本といったところだが、自分にあったレベルに分かれて試合を行う関選は、私にとって、とても大切な大会だ。就職活動と重ならないことを願うばかりだが、「最後の関選」で、良い結果を残すことができたらいい。

ところで4月に1年生が入ってきた。男子は6人、皆上手で、将来的には3部レベルの選手になるくらい、今の時点でもなかなか実力のある選手たちが来たという印象だ。自分たちが引退しても、まだ秋リーグの結果はわからないが、成長して、当分は3部には残り続けることができるだろうと、「安心して引退できる」くらいだ。

引退まであと半年。悔いのないようにしよう

慶應義塾体育会バドミントン部
法学部政治学科4年
高山智也

keio_badminton at 15:57|PermalinkComments(0)