2010年04月22日

嬉しい事

こんにちは。4年の船矢竜太です。
更新が遅れてしまいすみません。
最近は寒暖の差が激しいです。先週は季節外れのみぞれが降り、昨日はなんと最高気温が25℃で非常にぽかぽかしていました。
そんな中、変わらないのは体育館の中の熱気です。
いよいよ今週末から春季リーグ戦が始まります。男子は「4部優勝3部昇格」、女子は「3部Aクラス入り」を目標に、現在追い込みをかけています。
試合に出るメンバー、出ないメンバーみんなで一丸となって、リーグを戦い抜きます。


さて、僕は最近嬉しい事がありました。
それは、

新入生の入部です。


体育会バドミントン部への入部を決めてくれた1年生は、現在7人です。ほかに、まだ迷っている人が何人かいます。
高知県から来た者、愛知県から来た者、10年振りの志木高出身者、神奈川県の名門校出身で、慶応バドミントン部の偉大なるOBの下で育てられた者など、その経歴は様々です。

入部動機も様々です。
「実際に練習に参加してみて、この部活ならバドミントンの技術向上だけでなく、人間的にも成長できると思った」、「部のホームページに引かれた」、「いろいろサークルを見てまわったが、体育会バドミントン部に入りたい気持ちは変わらなかった」など。


そんな様々な新入生ですが共通しているのが、みんな「バドミントンが大好きでかつバドミントンに対して真剣」だということです。
練習中必死に声を出し、周りの人たち及び自分を鼓舞する者、練習後遅くまで残って自主練習に励む者、素振りのし過ぎで手の皮がズルむけているにもかかわらず、「打ってください!」と練習後に頼んでくる者。

どの新入生もやる気に満ち溢れているので、僕も「これは負けていられない!俺も必死にやらなきゃ!」という気になります。

多くのアツい1年生が入部してくれて、非常に嬉しいです。


しかし、4年生として1年生に負けるわけにはいきません。
バドミントンに対する情熱は誰にも負けないと自負しています。

引退まで残り半年ですが、全力でいきます。


ふなやりゅうた、やりますみせますさかせます!
よろしくお願いします。

keio_badminton at 02:29│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字