2018年05月17日

あと半年

とうとう私も4年生。

「最上級生になると、これから行うことすべてに『最後の』がつくよ」という先輩の言葉が、とても印象に残っている。残る個人戦は、関選、東日本といったところだが、自分にあったレベルに分かれて試合を行う関選は、私にとって、とても大切な大会だ。就職活動と重ならないことを願うばかりだが、「最後の関選」で、良い結果を残すことができたらいい。

ところで4月に1年生が入ってきた。男子は6人、皆上手で、将来的には3部レベルの選手になるくらい、今の時点でもなかなか実力のある選手たちが来たという印象だ。自分たちが引退しても、まだ秋リーグの結果はわからないが、成長して、当分は3部には残り続けることができるだろうと、「安心して引退できる」くらいだ。

引退まであと半年。悔いのないようにしよう

慶應義塾体育会バドミントン部
法学部政治学科4年
高山智也

keio_badminton at 15:57│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字