2018年10月19日

完。

こんばんは、4年の片山です。
最後の部員日記となりました!、、、が、、最後という実感が全く湧いていません。
そして、慶早戦まであと残すところ2日(1日?笑)となりましたがそれをもって引退ということもあまり自分のことのように思えていないです...笑


同期が4年間を振り返っている部員日記を読むと、みんなすごい経験をしてきているのだと思うのと同時に、4年間やり抜くことの凄さを感じました。同期のように4年間を振り返ることはできませんが、私なりの2年半を振り返りたいと思います。



というのも、私は非常に稀なケースだと思いますが、2年の途中からこの部に入部しました。
バドミントンを始めたきっかけも、バドミントンという競技をやりたいから、というよりは他のところにありました。私が入部を決めた最大の理由は、当時、女子の主将だった小松鮎実さん(H29)のようになりたい、と思ったからです。ただバドミントンで強ければいい、という考えは一切なく、自分なりに大学で学びたいこともあって、将来どういうことをしたいかも、初対面の私に熱く語ってくださいました。その時、私も小松さんのようになりたい、そして真剣にバドミントンに向き合うことで、新たに何かを得たいと思いました。練習はかなりきついよ、と脅されて(笑?)すぐに入部したいとは言えませんでしたが、最後はここでの活動を自分の残りの大学生活の中心に置きたいと思い、入部を決断しました。



入部してからは、本当にたくさんのことを経験しました。
最初は、単純になかなか技術が向上しないことに苛立ちを覚えることも、自分の目標が見えずただ練習をこなして、何とかやり過ごしていたこともありました。そんな矢先の3年の春リーグで、試合の結果次第では出る可能性があると言われたことが、大きな転機となりました。リーグ戦の会場でアップをしていた時、試合に出る可能性など毛頭ないと思っていた私は、試合に向けた準備、練習をしてこなかった自分が恥ずかしく、またとてつもない不安に襲われました。

それから、私の練習に対する思いは大きく変わりました。全体練習だけでは足りない、と思い、当時コーチをしてくださっていた小松さんにつきっきりでプラスαの練習をしていただきました。自分の意識ひとつで、こんなにも練習に対する気持ちは変わるものなのかと強く感じたことを今でも覚えています。


そんな順風満帆だったのも束の間、以前の部員日記でも書いたように3年の関選直前に膝の靭帯を断裂する怪我を負い、手術をしました。
その後、完治する前に代交代となり、4年生になって、あっという間に春リーグに突入してしまいました。何もできず、不甲斐なさしか残らなかった春リーグは辛かったです。だからこそ、最後の東日本、秋リーグでは同じ思いをしたくないと、その悔しさをバネに再スタートしました。

春リーグ以降、東日本、リーグ戦のことだけを考えて必死に取り組んできたつもりでしたが、一選手としても、またチームを引っ張る主将としても力及ばず、目標としていた結果には届きませんでした。


振り返れば、あっという間な時期もあれば、とてつもなく1週間が長く感じるときもありました。良いことも辛いこともありましたが、この部では本当に貴重な経験をさせて頂きましたし、そのことに感謝しています。

それは、まずどんな時も私に真剣に向き合ってくださった監督、コーチがいらしてくださったからであり、私を受け入れてくれるチームがあったからだと思います。特に女子のメンバーには本当に感謝しています。実績も何もない私でしたが、この1年間一緒に戦ってくれてありがとう。些細なことでも笑える楽しいチームでした。来年こそ、目標を達成してください!



最後になりますが、実感はなくとも(笑)最後の慶早戦が迫ってきました!このチームでできる最後の試合。プレーを通して、自分がこれまでにお世話になった方々への感謝の気持ちを表現したいと思います。

最後の部員日記とあって、まとまりのない長文になってしまいましたが、最後までご精読いただき、ありがとうございました。そしてお時間があればぜひ、慶早戦にお越しください。



慶應義塾体育会バドミントン部女子主将
経済学部4年
片山有香里



keio_badminton at 01:53│Comments(0) 女子 | 4年生

コメントする

名前
 
  絵文字