2018年10月19日

感謝

こんにちは。
4年生最後のトリを勤めさせていただきます、主将の高嶋道です。
少しずつ通る風が肌寒くなり、いよいよ冬の到来を予感させる季節となってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
昨日で現役生活最後の練習を終えましたが、今まで通り普通の練習だったため、全く最後という実感が湧いていません。

さて、いよいよ慶早戦まで残り1日となりました。
この投稿が私の大学生活最後の投稿となります。今回は、この4年間で感じたことや学んだことなどを書いていきたいと思います。
まとまりの無い文章になるかもしれませんが、何卒ご容赦ください。(笑)

まず1年生の時を思い浮かべると、楽しかった思い出がほとんどです。高校ではなかなか試合に出場できなかったため、チームに必要とされてコートに立てたことが本当に嬉しかったこと。紙谷主将という、自分を犠牲にしてでもチームを強くしたいという想いのある主将がチームを引っ張ってくださったこと。絶対に2部昇格するという想いが日々の練習から表れており、実際に2部昇格を果たしたことなど、部活に行くのが毎日楽しみでした。私生活でも、高校とは全く違う環境に毎日刺激を受けながら過ごしていました。

2年生の時には、2部昇格を果たして初めて2部の舞台で戦い、3部までと2部の実力の違いに苦しみました。3部では決まっていたはずの球が決まらなくなり、裏をかかれるような配球をされることが多くなったことで、なかなか自分の思うようなプレーをすることができず、チームの勝利に貢献することができませんでした。辛うじて春は2部5位で残留し、秋は2部3部の入替戦で勝利し2部6位で残留を果たしましたが、自分の納得のいく結果ではありませんでした。
個人ではインカレ出場を果たしましたが、そこでも1部校のレベルの高さを痛感し、まだまだ自分は力不足であることを学びました。

3年生の時には私も上級生となり、チームをどうすればまた上向きの良い雰囲気に持ち込むことができるかを自分なりに考えながら取り組みました。当時の主将である上村さんとパートナーを組める最後の年であったため、何としても一部昇格とインカレベスト8を成し遂げたいという想いで練習に臨んでいました。夏には関西の龍谷大学や東海のトヨタ自動車にお世話になり、2部やインカレでも通用する球を受けて何かを吸収しようと必死でした。
結果的に、インカレには出場しましたが1回戦敗退、リーグ戦でも3部降格という結果に終わってしまいました。上村さんの期待や想いに応えられなかったことが本当に悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

4年生の時には主将に就任し、本格的にチームを引っ張っていく立場になりましたが、新しく監督に岩田監督が任命されたこと、男女が一緒に練習を行うようになったこと、日吉記念館が改修工事によって使えなくなったことなど様々な環境の変化が重なり、一から手探りの中でのチーム作りにとても苦しみました。正直、バドミントンだけでも手一杯だった私が、更にチームの基礎作りを行うということは、私の身がもたないのではないかと思いました。
案の定、最初はなかなか同期のメンバーを頼ることが出来ず自分の中で溜め込んでしまい、いつのまにか鬱病の診断を受けていました。鬱病の診断を受けたのは部活だけが理由ではありませんでしたが、少なからず部活のストレスによって鬱病を発症してしまったことが要因としてありました。つくづく主将には向いていないなと思いつつも、両親や友達、監督・コーチに支えられて鬱病から回復したことで、最後までやり遂げたいという想いが強くなりました。15年間続けてきたバドミントンをとにかく最後までやり遂げるということを新しい目標にして練習を再開しました。
再開したばかりのころは身体は全く動きませんでしたが、バドミントンがとても楽しかったことを覚えています。バドミントンを続けたいと思った理由が改めて分かった気がしました。

2部昇格という目標を掲げてきましたが、リーグ戦では残念ながらその目標を達成することは出来ませんでした。それでも、茨の道を乗り越えてリーグ戦で一勝を挙げることができたことは、私の中では大きな財産となっています。この1年間が人生の中で最も辛かった1年間でしたが、今は本当にバドミントンを続けてきて良かったと思いますし、このチームでバドミントンが出来て良かったと思います。

私のわがままに付き合ってくれた同期の野田、井本、榎本、高山、片山、富岡には本当に感謝しています。最後の最後まで迷惑をかけるかもしれないけれど、これからもよろしくお願いします。
本当にありがとう。

長々と書いてきましたが、最後は主将として下級生にメッセージを残したいと思います。

バドミントンは本当に色んなことを教えてくれる素晴らしいスポーツです。慶應は初心者から上級者まで幅広いレベルの選手たちが集まるチームですが、共通しているのはバドミントンが楽しいと思う心だと思います。この心さえあればどんな困難も乗り越えられると思います。私自身も鬱病を乗り越えることができたのは、バドミントンが楽しいと思う気持ちがあったからだと思っています。これに勝る感情は他にはありません。どんな時もバドミントンを楽しむ気持ちを忘れないでほしいです。
竹鼻さんのトレーニングがめちゃくちゃ辛くてやめたいと思う時や、「このメニューは何の意味があるんだ」と思ってなかなか練習に身が入らない時などあると思います。そういう時こそ、その練習がどうすれば楽しくなるか考えてみてください。難しいことは考えずにとにかくその練習に没頭してみたり、バカみたいに声を出して笑ってみたりなど、色々な方法があると思います。そうすれば自ずとチームの雰囲気は良くなっていくと思います。
どんなに辛い状況でもバドミントンを楽しんで、笑って「バドミントンやってて良かった」と思えるようにしてほしいと思います。

駄文ではございましたが、最後までご精読頂き有難うございました。
今まで私のことを支えて下さった全ての方々に感謝申し上げます。
誠に有難うございました。

慶應義塾大学総合政策学部 4年
慶應義塾体育会バドミントン部 主将
高嶋 道
4E75DFD9-C89C-4100-B4AF-84CC324682F2


keio_badminton at 17:07│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 山家PTAさなパパ   2018年10月20日 11:46
5 道、お疲れ様。
最後の慶早戦、従兄弟の大学チャンピオンの穂くんが相手というのも、縁だよね。

病気など色々あったみたいだけど、克服して良かった。

人は色々な経験(良いこともあれば悪いこともある)から学んで、成長していくと思います。
いい経験をしたね。

あと、大学時代の友人は、一生涯の友人となります。
これからも仲間を大事に、頑張っください。

道が慶応ボーイになると知ってもう4年なんですね。
歳をとるのがはや〜い(笑)

最後に、インカレチャンピオンの早稲田に一泡吹かせてください。

コメントする

名前
 
  絵文字