2019年10月08日

Fly highするはずがイ●ロスだったため飛べたものの墜落してしまった件

部員日記をお読みの皆様、こんにちは。
慶應義塾体育会バドミントン部4年の岡部です。

まず、タイトルですが、前回の部員日記の最後から続いております。是非最後まで読んでください…お願いします…泣(私の部員日記は長くて途中で読むのをやめてしまう方多数なので)

今回の部員日記が最後となります。というのも、来たる10/27の慶早戦を持ちまして4年間の現役生活を引退するからです。

今までの部員日記は、名簿の昇順(つまり、清水、金子、福島、(吉弘)、岡部の順)に書いてきましたが、4年の最後の部員日記は名簿の降順に書くという暗黙のルールがあるため、4年のトップバッターとして書きます。最後なので、今までのようにふざけることなく総括を書けたら良いなと思っています。(途中からおふざけが入ってしまう場合があります。ご了承ください。)
前置きが長くなるのは最早私の癖とでも言いましょうか、話が全体的に冗長ですね。

さて、まず4年間を振り返ってみると、長いようで短かった、特に最後の1年は本当にあっという間に過ぎてしまったという印象を抱きます。
最高学年としてチームを引っ張っていけたのだろうか。後輩たちに何か残せたのだろうか。自分自身に何を得たのだろうか。この3点をここ1、2ヶ月くらいずっと考えています。これらの疑問には、外部からの評価であったり、何年か後に客観的に振り返ることができるようになれば自ずと答えられると思います。

また、必ずといっていいほど、後悔は様々なもの・ことに対してしてしまうと思います。
「1つだけ心残りをあげて下さい。」と言われたならば、私は何を選ぶでしょうか。
直近のリーグ戦の入替戦で私の負けを皮切りにチームが4部へ降格したことでしょうか。
それとも、1年半ほど前に右膝の靭帯を損傷して2ヶ月近くコートに入れなかったことでしょうか。
勿論、上記の2点をはじめ、後悔は様々ありますが、やはり1番は日々の練習で突き詰めて突き詰めて突き詰めまくって練習に取り組むことがほとんどできていなかったことにあります。
本当の意味で突き詰めてバドミントンをするということは恐らくとてもしんどいことだと思います。それこそ心身ともにボロボロになる日々なのではないでしょうか。
それなりに考えて練習に取り組み、それなりに上達はしたのかもしれないが、結局自分がそれなり止まりの薄っぺらい人間なのだということを痛感しています。
その結果、ご覧の有様でございます。全くもって、面目が立ちません。
しかし、以前ならば気づくことができなかったであろうことを考えさせてくれる環境にいられたことはとても恵まれているなぁと感じていますし、この4年間で本当に様々な人に支えていただいたなぁという思いで一杯です。
その点に関しては、4年間で得たことも少なからずありましたし、後悔は尽きないですが心残りなく飛び立つことができそうです。
(立つ鳥跡を濁さずといいますが、思いっきり跡を濁したわたくしめでございます。)

4年間の総括にしては内容が無いよう(ガハハ、と笑うところです。)と思いましたが、相田みつを風に言うならば、「だって(薄っぺらい)人間だもの」といった感じでしょうか。

自虐ネタはこれくらいにして、ここからは後輩一同にメッセージを残します。
どういうことなのか、突き詰めて考えてみて下さい。「他の同期のことじゃん!」ではなく、キチンと自分のことだと思って受け止めて欲しいです。

3年生への3か条
.螢好回避とタスク管理(韻を踏んでしまった)
背中で語れ。
時間を大切に。

2年生への3か条
.圈璽拭璽僖鵑呂發β感函
口動かすより手足動かせ。
ギスギスすんな、バチバチになれ。

1年生への3か条
仝亀い北世襪朗らかに。
奢られません、勝つまでは。
G抄擇悗陵兇ぁ

後輩一同への3か条
‘佑詰めて練習に励むべし!
▲吋と体調不良には気をつけて!
のびのびと!

ちょっと何言ってるかわかりませんね笑。


最後になりましたが、今まであたたかな声援やときには厳しいお言葉をかけてくださり支えてくださった監督、コーチ、OB・OGの皆さん、両親には感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
これからは、OBとして現役を支援していきたいと思います。(失礼ですが、oldではないのでYB(young boy)でしょうか笑? また、あと半年近くは現役という名目なので気が早いような気もします。)

最後に慶早戦ですが、現在2勝2敗なので、しっかり勝ち越しをして引退したいと思います。(勝ち越せなくても引退なのですが…)

もう少しの間、低空飛行を続ける五月蝿い小蝿であるわたくしめを見守っていただけると幸いです。


次回、「岡部、ロウで作った両翼で太陽(早稲田)に向かってfly low!!(ロウだけに)」

(※最終回です。今まで私の●ソみたいな部員日記を楽しんでくださった皆様、本当にありがとうございました。皆さんのお陰で私も楽しく書くことができました。)


慶應義塾体育会バドミントン部
理工学部4年 岡部 庄之介

keio_badminton at 16:08│Comments(0) 男子 | 4年生

コメントする

名前
 
  絵文字