2016年05月24日

関東インカレを終えて

こんにちは。4年マネージャーの三山です。
19日から22日までの4日間、日産スタジアムにて関東インカレが行われました。

結果は男子1部27点12位、女子1部11点19位という結果でした。
詳しい競技の様子は公式HPの関東インカレ特設サイトにて掲載されておりますのでそちらをご覧頂ければと思います。競走部ITパートによる非常にクオリティの高いものになっておりますので、まだご覧になったことがない方は是非一度ご覧ください!

今回の得点の内訳は
男子110mHで上野(環3)が8位入賞、1点
男子十種競技で刈田(商4)が7位入賞、塾記録&PBで2点
男子100mで小池(総3)が3位、200mで2位で13点
男子棒高跳で野田(環4)が4位入賞、5点
男子400mHで松本(総4)が3位、塾記録&PBで6点
女子やり投で森(総2)が3位、6点
女子100mで竹内(総3)が4位、5点 でした。

3年前、慶應競走部は2部に降格しました。
2年前、2部で男子は総合164点という圧倒的優勝で1部復帰となりました。
昨年、前半二日を男子は0点で折り返し、1部維持に成功しつつも、1部で戦う厳しさを改めて痛感させられました。

そして今年の関カレは、前半二日から得点を重ね、後半二日にいい流れでつなぐことができましたそして、今年の4日間の関東インカレを通して、昨年よりずっと、「一部で戦う」ことができていると私は感じました。

ですが、最後の全体集合で主将の松本も言及していたように、部の目標であった「男子総合入賞、女子20点」は達成することができませんでした。目標を達成するのに何が足りなかったのか、全部員がまた改めて考えていかなければならないなと思いました。


そして、私たち4年生にとっての関東インカレは終わりました。
1年生の、初めての関東インカレで2部落ちを経験してから3年。後輩達にあんな経験をさせてはならない、来年も後輩達が1部で戦う権利を残していかなければならない。自分が点を取る。
アップ場に来る選手達の表情には、様々な覚悟を見て取ることができました。

「行ってきます」とアップ場を後にする選手に、選手以外の人ができることは決して多くありません。
レーンに、ピットに立ってしまえば選手は一人です。全部員の期待を背負い、のしかかるプレッシャーは計り知れません。どんなに他人が理解しようとしても、本人しか経験することができないものです。

試合に出る選手に、本人以外ができることはもうごく僅かで、そもそもできることなんてないのかもしれない。
「頑張れ」と声をかけることもできない。もうずっと今まで頑張ってきていることを知っているから。
結果がでなくて苦しんでいたことも、それでも諦めないで耐えてきたことも、怪我を乗り越えて今があることも、本当は今不安を抱えていることも、知っているから。
知っているから、信じて選手を送り出し、競技が終わるその瞬間まで選手自身を信じ続けることしかできません。
4回目の関東インカレで、4日間通してアップ場にいた私は改めて「選手の力になる」ことの難しさを感じました。
それと同時に、競技に直接関わっていなくとも、部にこうして関われることに感謝と幸せを感じました。


きっと今大会を通して部員一人一人が様々なことを感じたはずです。
最後に監督がおっしゃっていたように、来年の関カレへのカウントダウンはもう始まっています。
来年こそ、1部総合入賞を果たすために一人一人が何をしなければならないのか。
残された期間、できることをしていきたいと思います。


関東インカレは終わりましたが、7月には慶同戦、9月には全日本インカレ、早慶戦、10月には箱根予選会とシーズンは始まったばかりです。これからの慶應競走部の活躍にもどうぞご期待ください

最後になりましたが、お忙しい中応援に駆けつけてくださったOB,OGの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。現役だけで戦っているのではないと感じることができました。
今後とも何卒慶應競走部を宜しくお願い致します。


image


keio_kyousoubu at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)試合日記(公式戦) | 三山千佳

2016年05月18日

関東インカレ前日!

こんにちは。
3年マネージャーの鈴木です。

とうとう関東インカレ前日となりました。
S__19308585

今はワクワクとドキドキの気持ちが交互に胸に去来しています。

関東インカレ出場選手への応援メッセージ特集はいかがでしたか?
選手の方々にとって、少しでも心の支えになっていれば光栄です。
私は個人的に、更新されるブログを読むたびに泣きそうになるのを必死にこらえていました。
その理由を考えると、やはり
「出場選手の血のにじむような厳しい練習、好調の時期や不調の時期をずっと見てきたこと」
「部員同士が、ずっと切磋琢磨して競技力を高めてきたのを間近で見てきたこと」
が挙げられると思います。

この2年間、日吉の陸上競技場には常に、練習が終わってゴール付近で苦しそうに座り込んだり倒れる様子だったにも関わらず、その数時間後にはトレーニング室でまたきつそうなメニューに取り組む選手の姿・1日かけてブロック全体で強化練習に取り組む選手の姿・また高校では目立った実績がなくても、関カレの切符を掴む為に必死に練習する選手の姿がありました。
私は陸上競技の経験がない身なので、苦しみを共有するどころか想像も完璧にはできていないかもしれません。
そのあまりのハードさに「頑張れ」という言葉が口に出せず、ただ黙って見守ることしかできない日も多くありました。

だからこそ、そのような過酷な練習を乗り越えてきた選手の皆さんには、「仲間からのメッセージを胸に、関カレと言う大舞台で、楽しみつつも全力を出し切ってほしい」と心から思わずにはいられません。
明日からは、私たちサポートスタッフができることは限られています。
しかしながら、私たちをこんなにも楽しく豪華でハイレベルな大会に連れてきてくださった選手の方々への感謝の気持ちも込めて、できる限りのサポートと、どこの学校にも負けない熱い応援をしたいと思います。

部の目標である「両インカレ(関東・全日本)総合入賞」「関東インカレ女子総合20点」を達成し、5日後に全部員が笑って閉会式を迎えられることを今から楽しみにしています!


最後になりますが…
今年、全ブロックの目標にも関カレに関する目標が入っています。
そちらも改めてご紹介致します。
短短「関東インカレ20点 男女四継表彰台
短長「男子マイル両インカレ5位3'07"00、女子マイル関東インカレ決勝進出3'45"00
中距離「関東インカレ6人エントリー8点
長距離「女子関東インカレ得点
跳躍「関カレ全種目入賞
投擲「関東インカレ5人以上出場・8点以上獲得
OB・OGの皆様、応援してくださる皆様、現地まで足を運んでくださる方も現地では応援できない方も、これらの目標に向かって戦う選手たちを激励して頂ければ光栄に存じます。
温かい応援の程、よろしくお願い致します。

それでは明日から、慶應義塾大学體育會競走部は日産スタジアムで一丸となって戦って参ります!
選手たちの活躍に、ご期待ください!
内観



それでは失礼致します。

第95回関東学生陸上競技対校選手権大会特設ページはこちら

keio_kyousoubu at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)選手紹介 | 鈴木華衣

2016年05月17日

関東インカレ2日前!投擲ブロック!

こんにちは。
2年マネージャーの石橋です。

関東インカレ開幕を2日後に控えチームのまとまりもより強固に、そしてその眼差しは日産スタジアムのスタートラインただ一つを向き、あとはその号砲を待つのみです。

本日の記事で応援メッセージ特集も最終回を迎えました。
トリを飾るのは投擲ブロックです。


投擲ブロックが年初めに掲げた目標は「関カレ8点以上・5人以上出場」。
今大会は2年生以上の4人に新入生1人を加え、5人のべ7種目エントリーしております。

関東インカレ最初の種目から最終日までを戦うメンバーを紹介致します。

男子1部ハンマー投:小林祐貴(総4)
男子3部十種競技、円盤投:堀内隆仁(メM1)
女子1部ハンマー投:岡嵜加奈(環1)
女子1部やり投:森凪紗(環2)
女子1部やり投、七種競技:齊藤瞳(総4)


写真のテーマは団結です!
S_4320772227418

上段:岡嵜
下段:左より森、齊藤、堀内、小林

それでは投擲ブロック5人に寄せられた応援メッセージを紹介させていただきます。

小林祐貴
内藤健太(投擲・経2)より
こばさんといえばハンマー、ハンマーといえばこばさん。そう周囲が認識するほどにハンマーと真剣に向き合っているのがこばさんだと思います!
昨年の関カレの大舞台でベストをマークしたのには一年生ながら感動しました!
投擲ブロック全員で声援を送りますので、7.26kgもあるハンマーを思いっきり飛ばして下さい!!

荘林豪(長距離・総4)より
こばへ

いつもビデオと睨めっこして、ストイックに練習しているこばなら、最後の関カレもきっと良い投擲をしてくれるのではないかと期待してます(^^)

こばはこれまでも幾度となくベストを更新して、得点もたくさん取ってきて、誰もが認める4年の主力選手です。でも、今度は最後の関カレだから、あまり気負わずに、とにかく楽しんでハンマー投げて来てください!
楽しく投げれれば、きっと結果は後からついてくると思うよ(^_-)
応援してます!!

村川雄紀(投擲・法4)より
なんやかんや大舞台にしっかり合わせてくることは知ってるので、心配してません。
一発いい投擲を見せたらモテるぞーー頑張れよーーー!!!

・堀内隆仁
加賀見康晴(投擲・法2)より
いつも客観的な視点で自らの競技を分析し、練習に反映させることで、学部時代は結果を残してこられました。後輩に厳しくも優しく、自らの技術を惜しみなく教えてくださる姿は、まさに選手の鑑です。今回の関カレでは1,2,3日の連続出場となりますが、塾記録更新を目指して頑張ってください‼

野田涼平(跳躍・環4)より
「Rock で Roll な試合を!」

山岡海(跳躍・環4)より
たかひとさんへ
三部はレベル高い人が多くて、たかひとさんは10種も円盤投げもチャレンジャーですね!!失うものは何もありません。野生の力を呼び覚まし、今暴れる時です!!全力で応援し、サポートします!!
by海


・岡嵜加奈
坂口真子(長距離・文2)より
住んでいる寮が同じということもあって、たびたび私の部屋を訪れる岡嵜。競技場では、「いやー先輩のこのクッション最高ですわーw」とか言いながら私の部屋のベッドでくつろいでる姿とは全然違って、すごく真剣に練習に取り組んでいるよね。本当に同じ岡嵜かとたまに笑ってしまいそうになります。それくらいの真剣さと先輩の部屋で課題始める度胸があれば怖いものなんてなにもないでしょう!!思いっきり投げてこーい😃

武田和徳(長距離・法2)より
入部してすぐの関カレで大変かもしれないけど川瀬先生から教わったことを忘れずに楽しんできてくれ!高尾の森で培ってきたものはきっと試合で応えてくれるはず
穎明館の誇りを胸に、気持ちのこもった一投を!

清水友紀(短長・総3)より
おかざきちゃん
いよいよ関東インカレ!!ハンマー投げ期待してます(^_^)初めての大学の大きな試合、高校とは違うところもあるけど楽しんで思いっきりパフォーマンスしよう!一緒に勝ちにいこーね💪💪

清水


・森凪紗
安保慶亮(投擲・経2)より
投擲の絶対的エース森凪紗‼どんな時でもやり投げを楽しみそして、いつも僕たちに気持ちのよい投擲を見せてくれます。
今年はきつい冬季を乗り越え一回りレベルアップしてきました。
また今回も僕たちみんなを笑顔にしてくれるそんな投擲を楽しみにしています。

千葉亮(短長・環2)より
森さんは自分が楽しんで結果がついてくるタイプな気がします。今年こそ関カレ優勝!60mの目撃者になれるのが嬉しいです。
豪快な投げで関カレのその先へ!!

水野敬介(短長・理3)より
二度目の関東インカレだね!
出身が同じということもあって、春休みはたくさん遊んでもらって身近な存在に感じていたけど、いつも練習は人一倍真摯にやっている所を見て自分も刺激をもらってました!

今年は怪我もあって悩んだこともたくさんあったと思うけど、世界の舞台を経験している凪ならプラスの力に変えていけると信じてる!
今年は表彰台のってるところを見せてください、あこち魂見せつけろ!


・齊藤瞳
掛村将寛(投擲・商2)より
ひとみさん
最近の記録会でもPBを出されてますが、あれだけ練習を積んだひとみさんはまだまだこんなもんじゃないと思います!
ただでさえきつい冬季練で投擲を引っ張り加えて女子メニューもこなすそのタフさを存分に活かしてやり投げも七種も大活躍されてください!!

鈴木喜成(跳躍・商3)より
高校時代から同じチームでお世話になっていましたが、僕が知る限りでは、絶対に瞳先輩ほど情熱を持って陸上をやっている人はいません!
なので、4回目の出場となる今年の関東インカレではこれまでの努力が必ず実を結ぶと信じています。
日産スタジアムでは全種目で活躍して、皆がはっとするような大きなアーチを描いて来てください!

西谷泰介(長距離・総4)より
新入生挨拶で「強くなりたいんです」と力強く宣言してから3年。上手くいかないことがあってもその気持ちを持ち続けて練習を重ねてきたぴーちゃん。
今季はベストも更新して間違いなく彼女史上最強。最後の関カレでスカッとする結果を残してくれ!

瀧澤彩(短長・総4)より
本当にあっというまに最後の関カレだね。人一倍責任感が強くていつも最後まで部室に残るぴーちゃんの姿がありました。だからこそぴーの言葉に心が動くし、みんながぴーを心から応援したいと感じていると思う。
素晴らしい先輩方から投擲チームを受け継ぎ引っ張る姿はとても力強く頼もしかったし、女子で目標に向かう中でもみんなの情熱を掻立てるやっぱり欠かせない存在でした。ぴーが関カレで最高の競技ができると信じているし、きっと今まで練習を重ねてきたぴーちゃん自身がいちばん信じているよね。
1週間以上前から緊張すると言っていたぴーちゃん。期待も緊張もぜんぶぜんぶ力にに変えて、、1本!


応援メッセージは以上となります。


今大会に出場される5人は幾多の勝負の場面を戦い抜いてきました。その経験に裏付けされた大きな背中は頼もしさにも溢れ、5人の写真のように連なり競走部の屋台骨となってチームを支えてくれるでしょう。
投擲ブロックがチーム目標である「関東インカレ男子総合入賞・女子20点以上」を達成するための鍵を握っていることは言うまでもありません。プレッシャーもあるとは思いますが必ずやそのプレッシャーを力に変えて笑顔で大きな投擲を見せてくれるはずです。
また5人に共通して言えることに塾記録を更新しうるメンバーだということがあります。関東インカレでの8得点以上に加えて、慶應競走部の99年の歴史に新たに名前を刻む選手の登場にもぜひ期待をいただければと思います!


最後までお読みいただきありがとうございました。
明日もマネージャーブログを更新致します。
ぜひご覧ください。

本日は以上となります。
失礼致します。

第95回関東学生陸上競技対校選手権大会特設ページはこちら

keio_kyousoubu at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)選手紹介 | 石橋真之

2016年05月16日

平成28年度新入生歓迎会兼関東インカレ激励会

こんにちは。
3年マネージャーの鈴木です。

昨日、日吉キャンパスにて平成28年度新入生歓迎会兼関東インカレ激励会が執り行われました。
選手へのメッセージという事前特集の最中ではございますが、その様子をご報告させて頂きます。

まずは、河添健部長のお話で会は始まりました。

河添さん


次に川合伸太郎監督のお話を伺いました。

川合監督


そして、新入生紹介が行われました。
皆、4年間の意気込みを熱く語ってくれました。
その後、石川遼(環1)が新入生代表あいさつを致しました。
簡潔にまとめながらも部への貢献への思いを述べており、我々も1年生への期待が高まった瞬間となりました。

新入生代表

(新入生代表あいさつを行う石川)

次に、慶應陸上競技倶楽部を代表し、会長の福寺誠一様にご登壇頂きました。
部員一同、OB・OGの皆様からのご支援に改めて深く感謝する機会となりました。心よりお礼申し上げます。
関カレでは温かいご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

福寺さん


続いて、関東インカレ出場選手紹介が始まりました。
本年は男子1部が述べ29名とリレー2チーム、男子3部が述べ3名、女子1部が述べ17名とリレー2チーム出場することとなりました。

Kマーク がくだいさん

(監督よりKマークを頂く主将・松本(総4))

児島さん

(副将・児島(環4)。現役部員への熱いメッセージと共に、16mの約束を部員にしてくださった児島さん、男子三段跳で2連覇を目指します。)

村上さん

(副将・村上(総4)。2部降格を知る最後の世代として、1部で戦うことへの強い思いを話してくださいました。)

たかひとさん

(院生として関東インカレ3部で戦う堀内(総M1)。軽いジョークも含ませつつも、男子1部時代と変わらない熱い思いを述べてくださいました。)

ぴーちゃん

(投擲ブロック長・齊藤(総4)。)
今年の冬季、女子チームは高野コーチの下でまとまって練習することで、昨年よりも更にパワーアップして参りました!「慶應は女子も強い」ということを日産スタジアムで証明してきてほしいと思います。

しほり

(女子走高跳と三段跳に出場する石田(環1))
1年生で関東インカレに出場する選手は計9名。緊張はあるとおもいますが、のびのび戦ってきてほしいと思います。

紹介が終わると、主将あいさつが行われました。
今年の関東インカレは「諦めない」ことに加えて「1歩踏み出す」大会であってほしいなどと述べられており、また最後は各学年に向けてメッセージを送っておりました。

主将あいさつ


最後は「若き血」斉唱です!
大会期間中は決勝直前にのみ、応援席で全部員が選手を激励するために歌う「若き血」。
部員が肩を組みながら歌う姿を、少しでも多く日産で見れたらと思います。

以上を、ご報告とさせて頂きます。
激励会も終わり、いよいよ関カレ準備も大詰めに入って参りました。
来週の今頃、全部員が晴れやかな気持ちでいることを心から願いつつ、これにて失礼したいと思います。

本日も出場選手へのメッセージは更新されますので、どうぞお楽しみに!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

keio_kyousoubu at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)選手紹介 | 鈴木華衣

関東インカレ3日前!跳躍

こんにちは(^∀^)
2年マネージャーの村上です


部室に掲示された、関東インカレに向けた日めくりカレンダーの残り枚数もあと3枚…!!
この大会が遠い目標でなく、ましてや追いかける夢などでもない、生々しく実感を持った大きな存在であること。そのことが選手の背中が帯びる緊張感から、視線から、そして日吉競技場が包まれている雰囲気から感ぜられます。


関東インカレ激励会兼新入生歓迎会も行われ、1年生も含めた全員の想いが日産競技場へ、そして本塾の選手へと収斂したはずです。
あとはこのまとまった気持ちを全霊込めてぶつけるだけ…
選手一人ひとりの「想いの丈」を期待せずにはいられません!


さて、3日前となる今日は跳躍ブロックからの出場選手とその応援メッセージをご紹介します!
IMG_20160514_101831

上、左から石川遼(環1)、野田涼平(環4)、今井瑛子(環1)、石田志穂里(環1)、奥平拓海(環1)、源内寛己(法4)、刈田修平(商4)


跳躍ブロックからの出場者は以下の通りです。

【男子】
走高跳:源内寛己、石川遼
棒高跳:野田涼平、奥平拓海
走幅跳:三上良英(環3)
三段跳:児島有伸(環4)、鈴木喜成(商3)
十種競技:刈田修平

【女子】
走高跳:石田志穂里
走幅跳:今井瑛子
三段跳:石田志穂里


今年は、新勢力の活躍に目を見張るものがあります…!
ぜひ跳躍ブロックが関東インカレを制す要となってほしいです
それでは、各選手への応援メッセージです(´▽`)


源内寛己

From飯塚高規(法4、短短)
今年は自己ベストを連発して間違いなく調子がいいはず!
いつも冷静で、だけど熱い想いを秘めてることは知ってる。
最後の関カレの舞台でその想いを爆発させて、俺らが奮い立つような跳躍を見せてくれ!
源内!最高の跳躍を期待してる!頑張ってこい!!!

From森慶太(法3、跳躍)
いつも一緒に練習させていただいて感じることは、源内さんの高跳びへの情熱、本当に高跳びが好きだということです。
関カレは勝負の舞台ですが、だからこそ高跳びを楽しんで、大跳躍を決めてほしいです!
頑張ってください!!
(赤井さんのドリルがクリアへの鍵です)

From中野雄仁(経1、跳躍)
強く優しい源内先輩!
いつも迷惑しかかけない僕にも目をかけてくれる先輩は本当に最高の先輩です!!
集中力が半端じゃない源内先輩なら大事なところで最高の結果を残してくれること出してくれるとわかっています!
僕も来年にはその舞台に立ちます!なので今年は応援をさせていただきます!
源内さんの名前を関カレで轟かせてください!!




石川遼

From石田志穂里
いつもおしゃべりで面白い石川プロ!
プロのふわっとした跳躍好きです!同じ種目の同期としてがんばろーね!
ビックジャンプ期待してます!

From奥平拓海
石川は中学の頃から桐朋を引っ張ってきてくれたな。
中学時代からやるときはやるやつだと思っているよ。
関カレに出るからにはその中ですら成長して、絶対点を取って来てくれ!頼んだぞ。

From山室光平(法1、跳躍)
石川プロ
関カレという大舞台でも自分の世界観で他を圧倒してくれると信じてる!
最高の跳躍と自己ベストを楽しみにしてます、がんばれ!




野田涼平

From石原菜美(商4、跳躍)
トップレベルの実力、謙虚な言動、ブレないロック魂。
カッコいいという言葉がこんなに似合う人はいない!そして表彰台がこんなに似合う人はいないはず!
その姿で今年もオーディエンスを沸かせてください。

From村川雄紀(法4、投擲)
自分の芯を持っていてカッコいい野田。
きっとアツい跳躍を見せてくれるでしょう!
期待してるぞーーー

From宮澤英佑(法2、跳躍)
いつも野田さんは練習でも試合でも僕たちを盛り上げてくださいます。
最後の関カレ、野田さんらしい美しい跳躍でオーディエンスを沸かせてください!
シーサーも見守ってます!!
野田さんいっぽん!




奥平拓海

From水口拓(経2、跳躍)
1年生とは思えないほど落ち着いていて頼れる奥平。
ルーキーらしい、思い切った跳躍をしてきてください!
頑張れ!

From石川遼
言わなくてもそうすると思うけど言わせてもらうよ。
堂々と、チャレンジ精神に満ちたいつものおっぴーなら絶対いいパフォーマンスを発揮できる
お互い初めての関カレを楽しもう

From東島未来(商1、マネージャー)
奥平くん。
出会ってまもないけど、跳び方に試行錯誤してたくさんビデオ研究して…とても頑張り屋さんなんだと。
まだまだこれ以上の努力もしている方だと思います。
久しぶりの大舞台、緊張するね。楽しんで来てね。
そして、棒高選手には恵まれた、ずっしりした体格が君の武器です。
その武器を 万全に 備えて跳べば記録は笑顔だよ!
期待してます。見守ってます。一緒に戦ってこうι( `-´ )/




三上良英

From小池祐貴(総3、短短)
三上へ
みんなが躍進を待っています。
やりたいように思い切り、大きな舞台を楽しんで。

From池内雅貴(総2、短短)
シーズン初戦から調子良好。
試合に出場するたびに記録を伸ばす三上さん。
それでもまだまだ跳べそうな片鱗が。
大幅にPBを更新する日は近い!
関東インカレという大舞台で一発かましてやりましょう。
肩の力を抜いて、頑張ってきてください!

From坂口大仁(商2、跳躍)
三上さんは、後輩の僕たちにとってとても頼れるアニキ的な存在です。
そんな三上さんの男気溢れるビッグジャンプを期待してます!
頑張ってください




児島有伸

From村上昂輝(総4、中距離)
誰よりも結果にこだわってきた児島だから、誰よりも信じてるし頼りにしてる。
常に高みを見続けて、現状になかなか満足しないから、試合が終わる度に悔しそうにしてるよな。
この大舞台ではそろそろ児島が納得のいく、快心の跳躍だったと言えるパフォーマンスを楽しみにしてるよ。
そして、てっぺん。頼んだ。

From山岡海(環4、跳躍)
副将になってから、より一層貫禄がでたよね。
いつもふにゃふにゃなくせに、黙々と真剣に練習している時に放つオーラに刺激をもらってる人はめちゃくちゃ多いと思う。
こんなに練習を積んできた児島なら16mなんて余裕だ!
去年の全カレの悔しさを関カレで思いっきり晴らししてしまえ!
やったれ16m!
by海

From大庭穫(商3、トレーナー)
己に厳しくあろうとする一方で、僕達後輩には常に優しく接して下さる児島さん。
ひとたび勝負に挑めば、誰よりも男臭いその背中が、きっと慶應に力を与えてくれると信じています。
僕もトレーナーとして、少しでも力になれるよう、全力を尽くすので、最後まで支えさせて下さい。
4日目の最後、アップ場で、とびきりの笑顔で会いましょう!




鈴木喜成

From源内寛己
よしなりは誰よりも考え、誰よりも多く跳躍練習をこなしてきたと思います。
これまでの跳躍本数を自信に変えて、自分のペースでのびのびと!

From加賀見康晴(法3、投擲)
いつも明るく周りを笑顔にしてくれるヨシナリ。
新しいもの好きで、最近はLINE Payとワイヤレスイヤホンにハマっている。
練習には人一倍ストイックに取り組む。
土日は午前10時の集合から夕方まで、昼食を摂ることを忘れるほど没頭することも珍しくない。
そんな彼は今回の関カレに万全の状態で臨む。
目標は15m60。
頭の中で既にそのイメージは完成しているという。
頑張れヨシナリ!!

From堀井亮太(理2、跳躍)
跳躍ブロックの中で誰よりもたくさん跳躍練習をしてる喜成さんが、関カレで活躍する姿を見るのがとても楽しみです。
練習の成果を存分に発揮してきてください。
全力で応援しています。頑張ってください!!




刈田修平

From近森洋哉(法4、中距離)
昨年の跳躍パートチーフとややこしくも同じ名字であった刈田修平。
今年の関東インカレではあの偉大な真人さんに負けず、刈田「修平」の名前をしっかり刻んで来て下さい!
十種目 長いようできっと一瞬であろう二日間、最高の舞台を楽しんで!

From村川雄紀
おまえが関カレで活躍するのはむかつくけど今回だけは応援してやるので頑張ってください。
しょうもない記録だったら後で全力で馬鹿にするぞ!

From田島直人(総2、中距離)
一年生集合で一緒だった時もウェイウェイ場を盛り上げてくれた修平さん!笑
怪我で苦しんでた時期もありましたがしっかりと復調し、修平さんが関カレ標準切った時は本当に感動しました!
その調子で修平さんらしい競技をして、関カレでもチームを盛り上げてください!
全力で応援してますね!




石田志穂里

From竹内爽香(総3、短短)
しほり!
関カレですね。入部前から部活来てたくさん練習したと思います。
初めての関カレ、自信持って、楽しく跳んできてね!
応援してます*\(^o^)/!!

From岡嵜加奈(環1、投擲)
常にあれ美味しそう、食べた〜い、ハングリーとばかり言っているよね
試合前だけどいろいろと大丈夫ですか笑
いろんな意味で大いに期待してます笑
いつもエンターテイナーなしほりを心より応援してます

From川村知巳(総1、短短)
しーちゃんはいつもだいぶ抜けてて心配なところだらけだけど、やるときにはやる女!って信じてます^ ^
軽くなった体?で高跳びも三段も楽しみにしてるよ〜!





今井瑛子

From石田志穂里
ぽんぽん♪
ケガのこともあるから、無理だけはしないでね。
緊張したらflumpoolとブロッコリーを思い出してね!
ロックなジャンプ楽しみにしてます! ファイトー♡

From川村知巳
ポンポンは最近なんやらモヤモヤしてるみたいだけどそのモヤモヤ吹っ飛ばす跳躍期待してるよ!
しっかり者のポンポンならできるぞ!!
V6パワーでBIGジャーンプ!

From木村友香(文1、短長)
えいちゃん!
いつもストイックに補強していて、尊敬。怪我も治ってきているみたいでほんとに良かった。
この間も言ったけど、えいちゃんなら大丈夫だ!自信持って跳んでこい!笑
大会当日、全力でサポートします。応援してるよ!




跳躍ブロックの出場選手に向けたメッセージは以上です。

高跳びやポールのピット、砂場でビデオを撮らせていただくとき、そこだけ周りより時間の流れが違うのを感じます。
ブロックが代々造り上げてきた、ゆったりとしたおおらかな環境。あるいは互いの跳躍を検分し、指摘し合い、思い思いに意見を共有する連帯感。
「居心地の良い跳躍ブロック」―–ぼくはそれを入部当初から感じていました。
より遠くより高くという飽くなき向上心はそんな闊達な環境の中で、慶應を先陣切って引っ張ってゆくほど強靭なものとなっています。
先日、「跳躍が、フィールドが慶應の関カレを支えていく」というブロック長・源内さんの力強い言葉もありました。
その言葉通りに、鷲が飛翔するがごとく、竹が天高く屹立するがごとく、力強くしなやかなパフォーマンスで会場を揺さぶってほしいと思っています。
そして、いま部室に高らかに掲げられている「関カレ全種目入賞」という大きな目標も十分達成できる状況にあります。
応援席からの「一本!」がその目標達成の一助となるはずです。
頼むぞ、やってくれという想いで、声援で、哮りで選手の跳躍の後押しをお願い致します



最後までお付き合いいただきありがとうございました!
明日は投擲ブロックをお送り致します。
以上です。
失礼致します。



第95回関東学生陸上競技対校選手権大会特設ページはこちら

keio_kyousoubu at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)選手紹介 | 村上敦貴