2006年09月16日

神龍

神龍
古いグライダーの歴史を調べていると
伝えていかねばならないと
強く感じるものがあります。
『神龍』という特攻滑空機もその一つです。

これは終戦直前に美津濃(今のミズノ)で作られたグライダーで
火薬ロケットを搭載し、機体には爆弾を搭載していました。
つまり上陸してくる米軍を迎え撃つために
考案されたグライダーなのです。
実際は試験飛行の段階で終戦を迎え、
幸いにも実の用途を全うすることはありませんでした。

以前このブログにも書いたとおり
古いグライダーについて調べております。
しかし『神龍』はその機密性から
情報がなかなかありませんでした。
大村さんに伺ってみたところ
なんと資料をお借りできることに!!

塾航空部誌『積雲』にもあるとおり
三田航空クラブ会長の大村さんは
この『神龍』に乗るための訓練をしておられました。

一部は部室にも寄付していただくことができるとのこと
非常に貴重な資料ばかりなので
みんなで大切にしていきましょう。

建川


fruppyz at 09:09│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by 石黒 竜介   2007年06月19日 11:41
5 管理人様、初めまして

私はポーランドの友人と特攻機の本を出版しようとしています。その中で、神龍を扱う予定なのですが、おっしゃる通り、なかなか資料がありません。もし、よろしければ、大村さんの資料をお借りできないでしょうか。あるいは、大村さんとコンタクトできないでしょうか。そして、もしよろしければ、ブログ上の神龍の写真?を掲載できればと思いますので、ご許可をいただけないでしょうか?
このまま神龍の記録が歴史とともに永久に失われてしまう前に、書物の形で残していくことが、日本の航空史のためにもなると思いますので、ぜひご協力をお願いいたします。もしできましたら、
ryusukei@naxnet.or.jp までご連絡いただければ幸いです。

石黒 竜介
2. Posted by tatekawa   2007年06月29日 10:34
石黒 竜介様

コメントありがとうございます。
神龍の件につきましては、書き込んでいただいたアドレスに詳細をご連絡いたします。
写真の掲載につきましてもご連絡いたしますので、少々お待ちください。

建川 萌
3. Posted by 石黒 竜介   2007年06月29日 11:22
建川様

お返事ありがとうございます。
もしも、ご許可を得て、資料をご提供いただいて、間に合うようでしたら、夏に出版する本の神龍の記事を訂正加筆したいと思います。
http://www.mmpbooks.biz/books/w9101/w9101p.htm
間に合わなければ、次の本(年末予定)で、より詳細に取り上げさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。

石黒 竜介
ryusukei@naxnet.or.jp

4. Posted by shinji   2008年03月30日 17:11
5 はじめて書き込みます。
私も以前から関心があり、特殊滑空機神龍について調べていたのですが、実機写真は初めて目に致しました。”幻”と称される機体だけに本当に貴重な記録ですね。
聞くところではスポーツグライダー製作経験豊かな美津濃社が、初歩の単座セカンダリーを基に開発したのだとか。
詳しい図面等も未だ残されているのでしょうか?
5. Posted by 建川   2008年03月30日 20:14
shinji様

コメントありがとうございます。
図面等は少なくとも私個人は見たことがございません。
上記にもコメントを寄せてくださった石黒様は「神龍」についても言及した本を作成されているようです。
もしよろしければ上記のアドレスまでお問い合わせされてみるとよいかも知れません。
6. Posted by 滑空史保存協会   2010年03月02日 13:51
はじめまして。
主に戦前の日本滑空界の記録を保存している組織です。すでに「神龍」の書き込みは最後が2008年であり、すでに2年が経過。残念ながらお立ち寄りの皆様のその結末のご報告がないところがあまりにも日本的で残念です。やはりブログ管理人様への敬意の念はお忘れなく。この「神龍」設計は航空会で著名な楢橋氏のもとで有名な頓所好勝が腕をふるった設計です。写真もその設計図も現存されています。当方もまだまだ参考書籍が足りず、ぜひ石黒様の発刊書を読ませてください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード