March 20, 2009

こんにちは。
ようやく日本から更新しております、4年マネージャー堀内でございます。

一昨日18日夕方、塾野球部アメリカキャンプメンバー一行は無事に日本に帰国致しました。

遠く離れた日本の皆さま、アメリカ各地での塾員ほか数々の日本人の方々、そして現地の方々、お世話になった全ての方のお力添えのお蔭をもちまして、24日間にわたるアメリカキャンプを終えることができました。


Los Angeles三田会、San Francisco三田会の皆さまには野球部壮行会を開いて頂きました。
LA三田会 LA三田会にて

海の向こうから多大なるご支援を下さる方々の存在、人と人との繋がりをもたらす塾ならではのワールドワイドな強み、そして、野球をできる恵まれた環境に居ることに、私たちは感謝しなければなりません。
キャンプを通し、サポートして下さる方々のあたたかさにも触れることができたと思います。



塾野球部では本日から練習を再スタートし、部員全員が共に力を合わせ、3週間後に迫ったリーグ戦開幕に向けて日々前進を続けて参ります。


***************

さて、大変遅ればせながらではございますが、
3月6日に訪ねたDodger Stadiumの見学記録を掲載させて頂きます。

通常では決して立ち入ることのできない場所にも案内して頂き、とても貴重な体験となりました。


DS50th記念
昨年はDodgersのLos Angeles移転50周年だったとのことです。

DSスタンド中段より1 DSスタンド中段より2
球場のスタンド中段より

DSグラウンドに降りて
グラウンド内に入らせて頂きました。皆記念撮影に夢中です。

DSダッグアウト
ダッグアウト

DSダッグアウト内で
ダッグアウトにも入らせて頂けました。

DSグラウンド全景
グラウンドホーム付近より

DS集合写真
集合写真


グラウンドの次は地下に造られたウェイトルームに向かいました。
DSジム
ダンベルと共に(原子・小野寺(和)・トレーナー高村さん)

DSユニ
歴代スター選手のユニフォームと共に記念撮影

DSpressboxから
Press Boxにて
地上からはかなりの高さがあります。

DS最上段から
Press Boxよりもさらに上、スタンド最上段からの眺めです。
高所が苦手な選手は足がすくみ気味でしたが、皆こちらでもカメラを片手に興奮している様子でした。

***************


一昨日は比較的暖かかったということもあり、日本に到着し、予想以上の暖かさ(暑さ)に驚きました。
すっかり春の陽気になっている日本に戻り、リーグ戦開幕まであと3週間しか残されていないことをより強く実感した気が致します。

アメリカ。日吉。
キャンプの成果を互いに融合させ、全員で戦って参ります。

今後ともご声援の程宜しくお願い致します。


(12:37)

March 18, 2009

皆さまこんにちは。

キャンプ終盤になって更新が滞り気味になってしまった為、お伝えしたい事柄がまだまだ沢山あるのにもかかわらず、Blogを投稿できていない状況となっております。

ただいま、サンフランシスコ市街地のホテル(サンフランシスコ名物のケーブルカーの発着所の目の前です)で、17日の朝を迎えております。
間もなくバスで空港に向かい、早くも日本に向けて出国という時間が近づいてまいりました。

Los Angeles三田会の方から記念写真も頂いておりますし、San Francisco三田会の皆さまにも壮行会を開いて頂き、その様子もお伝えしたいと考えております。
帰国後も本Blogにて数回更新を行おうと思いますので、お時間のありますときに立ち寄って頂ければ幸いです。

帰国致しましたらオープン戦が続き、その期間が過ぎればもう春のリーグ戦が待っています。
日吉キャンプメンバーと共にアメリカキャンプメンバーが力を合わせ、チーム一丸となり、悲願のリーグ優勝、日本一を目指して励んでまいります。

皆さまにおかれましては、引き続きのご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎ、失礼致します。


   4年マネージャー 堀内奈央


(01:21)

March 14, 2009

皆さまこんにちは。マネージャー堀内です。
私たち塾野球部アメリカキャンプメンバー一行は、3月13日今朝9時にLos Angelesのホテルを出発し、バスでSonomaに移動、21時頃にようやく無事到着致しました。Sonomaで2試合を行い、16日夜にはSan Franciscoに入り1泊、翌日17日昼過ぎには日本へ向けてこちらを発ちます。


さて、まずはここ数日を振り返って参りたいと思います。


3月11日 vs UCI(University of California Irvine)戦 ●1-6

試合開始前に少し時間があったので、キャンパス内のBookstoreに寄ってみました。校名入りグッズがTシャツ、パーカー、縫いぐるみ、キーホルダー、ペナント、といった具合に幅広く売られていました。

そして、storeの入口にこんな看板が出ていました。
DSC00177

これまでの各大学との試合でも、私たちの予想以上に多くの観客数があり、皆1球1球に盛り上がってくれます。そして、どちらのチームに対しても好プレーには拍手を送る姿勢(これはMLBのオープン戦でもそうでした)に、“野球大国・アメリカ”を感じずにはいられません。

UCIスタンド
看板の宣伝効果もあってか、肌寒い中でのナイターゲームにもかかわらず、沢山の観客の方々がお越し下さいました。毛布を持参している方もちらほら見受けられ、手慣れた応援スタイルを感じさせます。

UCIお店
スタンド後方には出店が展開されていました。いかにもアメリカン、な菓子類の他にも、あたたかいドリンクも充実しているようです。
(ちなみにこれまで対戦した他の学校の中には、保護者の方がこのようなサービスを行っていたチームがいくつかありました。)



3月12日 vs ULV(University of La Verne)戦 ●0-1

ULV宮本
三塁打を放った宮本(翔)

ULV集合写真
試合後に両校で集合写真を撮影しました。

試合には残念ながら接戦の末に負けてしまいました。残されたSonomaでの2試合こそ、必ずや勝利を収め、日本へ帰りたいと思います。



3月13日 Los Angeles → Sonoma 移動日

私たちは大変荷物の多い集団です。個人のスーツケースが全部で39個(それも1つ1つがかなり大きめです)、他に野球道具やその他諸々の備品類で、本当にものすごい量の荷物を日本から運んできています。
バスのトランクにこれらの荷物が入りきらない場合は座席通路に詰めたりしなければなりません。
アメリカに着いてLos Angelesの空港からArizonaに向かうとき。ArizonaからLos Angelesに向かうとき。そして今朝、Los AngelesからSonomaに向かうとき。移動日の荷物積み込み作業は一苦労です。

DSC00189
バスドライバーのミスターパンチョを囲む丸山、岸川、金田、神田、堀内

陽気で気さくなパンチョさんは皆の人気者でした。彼には私たちのキャンプ1日目からずっとお世話になってきました。(なんと3年前のキャンプでもお世話になっていたようです!)残念ながら彼とはLos Angelesを最後にお別れとなり、今日から別のドライバーさんに切り替わるため、お別れの際には記念写真を撮る選手も沢山いました。

この写真では私以外の部員は全員2年生です。
4人の他に伊藤、伊場を含めた2年生6人たちが中心となって毎日、朝や試合帰りの荷詰めを行ってきました。パンチョさんと最も多く関わり、トランクへのスーツケースの詰め込み術に感動し、彼を最もリスペクトしている者たちかもしれません。お別れの悲しみもひとしおだったことでしょう。そんな彼らと共に、私も記念写真に混ぜてもらいました。


Sonomaへの移動の道中では右も左も何もない風景が長く続きました。
0313一面緑 一面緑が続いています。
0313集落
荒野が続いていたと思えば、たまに集落のようなものが存在します。

しばらく走っていたら、閉め切っているはずのバス車内が急に臭くなりました。(独特のにおいで悪名高い(?)SFCに中高大と9年間通ってきた私は、そのにおいの正体がすぐに分かりました^^)
0313牧場

正解は、

広大な牧場でした。


途中バスの故障、交換というハプニングもありましたが(荷詰め直しも大変です;;)、約12時間の道中を経てSonomaに到着することができました。
今回のBlogはほとんどバス車内で移動中に書き上げました^^便利な世の中です。




さて、それでは最後に…
学生コーチを最後にキャンプメンバー部員紹介をしてきませんでしたが、キャンプ帯同マネージャーをご紹介したいと思います。

小關 主務 小關
健太郎 林(健)
キャンプでは普段に比べて練習手伝いの人手が絶対的に少ないため、マネージャーの2人も手があいている時に球受けをしたりノックを打ったりしています。

上記2名と私の4年生マネージャー3名でアメリカに来ています。
私が主にカメラを回しているので自分自身の写真はそんなにないのですが、日に日に顔の日焼けが進行し、選手から心配される程になってしまいました;; 就職活動を前に黒焦げの顔なので若干後悔しています。



Sonomaの夜はLos Angeles以上に冷え込みを感じます。
体調不良者も無事回復し、皆元気でおります。このキャンプを有意義なものとできますよう、精一杯励んで参ります。
私も、残り少ないキャンプの様子を少しでも多くお伝えして参りたいと思います。(Dodger Stadium見学記録も忘れずUPします!)

それでは今後とも宜しくお願い致します。



(19:51)

March 11, 2009

皆さまこんにちは。マネージャー堀内です。
Los Angelesに来てから早くも10日目の朝を迎えております。

昨夜はCalifornia State University San Bernardinoとナイターゲームだったため、ホテルへの帰りが遅くなってしまい、皆少々疲れ気味のところですが、本日11日も再びナイターゲーム(vs University of California Irvine戦)を控えています。


さて、前回のBlogではあまり多くの事柄に触れることができませんでしたが、今朝は午前中の練習への出発まで少し時間もありますので、写真つきでお伝えして参りたいと思います。


まず、3月8日はCalifornia State University Dominguez Hillsのチームと共に“Revivng Baseball in Inner-cities”というイベントを行い、地元のHighschoolの子どもたちや、イベントを聞きつけて参加して下さったリトルの子どもたちを対象に野球教室を行いました。
セクションごとに分かれ、塾野球部とDominguez Hillsの学生共同でコーチする形式がとられました。

RBI岸川・湯浅
(岸川・湯浅 まずは教える私たちが力を合わせなくてはなりません。)

RBI投手
投球練習1(球を受ける田代・忠本・丸山・田中)

RBIブルペン
投球練習2(松尾(拓)・居村)

RBI捕手
捕手陣(長・原子・松本・土肥 コーチングの合間に意見交換)

RBI内野
内野陣(漆畑・金田・手本を示す神田)

RBI外野
外野陣(眞野・伊藤・山本(良) 外野フライの捕球練習を見ています)

RBIバッティング
打撃練習(青山・山口)

RBIバント
(松下・渕上 バントセクションで一緒になったDominguez Hillsの選手と記念写真)

RBIサブマリンコンビ
(村山 サブマリンコンビで意気投合、キャッチボールしています)


お昼にはDominguez Hillsの選手の皆さんがバーベキューでおもてなしして下さり、その場で焼いたハンバーグやウィンナーでハンバーガー、ホットドッグを作り、談笑しながらいただきました。


日吉でも港北区の少年野球チームを対象とした野球教室をこれまで何度か開催してきた経験がありますが、この日もまた「教える」という立場に、選手は皆、難しさと共に楽しさを感じたことでしょう。
そして更に、ご覧頂いてお分かりかと思いますが、一緒に教える立場となったDomingues Hillsの選手たちとも非常に仲良くなることができたようです。




さて、8日の記述がだいぶ長くなりましたが、翌日9日はCalifornia Baptist Universityと試合を行いました。

0309Gift Exchange
試合前のGift Exchangeをするために、一列に並んでいきます。(この後君が代やアメリカ合衆国歌が流れ、Exchangeに移るパターンが主流です。)

試合の模様をお伝えしていると大変な長さになってしまいますので、ここでは写真数点のみとさせて頂きます。(上手く撮れた写真を多少の個人的な自己満足を込めてご紹介致します^^)

0309渕上得点 渕上 二塁打後の得点
0309金田ジャンピングキャッチ 金田 ジャンピングキャッチの瞬間

0309試合終了 試合終了後、互いの健闘を称えあいます。



そして昨日10日は“Arrowhead Credit Union Park”というLos Angeles Dodgers傘下Minor Team(Single-A(high) class)のInland Empire 66ersが使用している球場にて、California State University San Bernardinoとナイターで試合を行いました。

0310球場正面球場正面

0310ベンチ内Dodgersベンチ内で見つけました。

0310球場 0310スクリーン
景色も含め、とても綺麗な球場でした。

0310ベンチ
20時頃 冷え込む中、チームメイトに声援を送るベンチ。

0310ナイター風景
あたりは真っ暗、満月が目立つ夜空でした。






出国前は24日間という日程に大変な長さを感じたものですが、キャンプ全体の日程としては本日で17日目となります。

キャンプ期間中、オープン戦11試合予定のところ2試合中止、5試合を消化致しました。本日、明日とLos Angelesで2試合、Sonomaに移動して2試合と、あと4試合しか残されていません。
本Blogでも未だ勝利のご報告をすることができず、残念に思っております。必ずや良いご報告ができるよう、今日から再び頑張って参ります。


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

本日もまた長くなってしまいました。次回をお楽しみにお待ち下さいませ。



(23:00)

March 08, 2009

皆さまこんにちは。マネージャー堀内です。
諸事情によりバタバタしており、なかなかPCを開けずにいました。申し訳ありません。

キャンプの毎日は一日一日が本当に刺激的で、お伝えしたい事は山ほどあるのですが、今回は近況を手短に文章でのご報告のみとさせて頂こうと思います。


3月5日(木)
今回のアメリカキャンプの中で、都市移動日を除く唯一のOFFでした。
本家本元のDisneylandツアーに行く者、市内観光ツアーに行く者に分かれ、それぞれ楽しい時間を過ごしました。
市内観光から沢山の買い物袋を戦利品の如く携えてホテルに帰ってくる人たちや、Disneylandでスペースマウンテンの操作ミスで1回目のライドから降りずに(降ろされずに?)そのまま2回目の宇宙旅行に突入してしまって得した気分になった人たち(かく言う私自身も含まれます^^)など、様々でした。(本当は更にお話ししたいのですが、個人的な日記になってしまいますのでこの程度にしておきます…!)


3月6日(金)
この日もCSUDHのグラウンド(Toro Fieldと名前がついています)をお借りして、午前中は通常通りに練習を行いました。
そして午後私たちが向かった先は、3月21〜23日(現地時間)にWBC準決勝・決勝が行われる予定になっている、Los Angeles Dodgersの本拠地球場、Dodger Stadiumです!
非常に高さのある観客席に誰もが大興奮でしたが、更に、通常では入ることができないような場所(グラウンド内やダッグアウト、そして地下に造られているウェイトルームなど)まで案内して頂くことができました。ウェイト機具に座ってメジャーリーガーの気分で写真撮影をしたりと、Mariners・Padresキャンプ見学時同様、皆本当に楽しんでいた様子です。
(Dodger Stadiumでは沢山写真を撮ってありますので、近日中にDodger Stadium特集でBlogを書こうと考えています。)


3月7日(土)
本日3月7日は再びToro Fieldで練習を行いました。
夜にLos Angeles三田会の方々が焼肉の御馳走で激励して下さいました。アメリカに居ながらにして、義塾を通じた人と人とのあたたかい繋がりを身をもって感じ、改めて慶應山脈の強さ、有難さに感謝しなければならないと思いました。
三田会の方が記念に集合写真を撮って下さいました。こちらもお送り頂き次第Blogに掲載したいと思いますので、どうぞお楽しみにお待ち下さい。


明日8日(日)は、CSUDHの選手と共に、地元の高校生を対象とした野球教室(Reviving Baseball in Inner-cities)を開催致します。言葉の壁が少々懸念されることは否めませんが、野球という世界共通のコミュニケーションツールが、きっとそのような不安要素を吹き飛ばしてくれることでしょう。

明後日からはオープン戦4連戦が待っています。
こちらの時間で現在既に日付が変わってしまって8日深夜ですが、日本時間では8日の18時頃です。
13時から行われた日吉メンバーの今季初オープン戦(vs成城大学)は勝ち星発進したようです。アメリカメンバーも勝ち星を重ねて帰国できるよう、ファンの皆様、是非お祈り頂けますと嬉しいです。




こちらでは、今年は3月8日からサマータイムが実施され(毎年3月第二日曜日にスタートします)、California州と日本との時差は16時間になりました。日本人の私たちには慣れないシステムに、「睡眠時間が実質1時間減ってしまう」と、皆今日は三田会のお食事後早めに就寝したようです。(夜型人間の私はまだ起きています^^)
朝晩は比較的冷え込み、日中は日なたは暑いものの日陰ではすっと肌寒さすら感じる中で“サマータイム”という響きには少し違和感が残りますが、何はともあれ明日の野球教室、そしてオープン戦を頑張って参りたいと思います。


今回は文章のみになってしまい、申し訳ありません。
また時間のある時に写真をUPしながらBlogを書きたいと思います!

それでは失礼致します。



(18:07)

March 05, 2009

皆さまこんにちは。マネージャー堀内です。
こちらはLos Angeles3日目、3月4日の夜を迎えております。
宿泊しているホテルでNHKの国際放送が映るのですが、桜の開花予想という言葉を天気予報で聞き、まだキャンプ10日目にも関わらず日本を懐かしく感じました。


2日にvs California State University Los Angeles (CSULA)戦、3日にvs California State University Dominguez Hills (CSUDH)戦とオープン戦続きで参りましたが、本日4日に予定されていたvs University of California Los Angeles (UCLA)戦は都合により中止となってしまいました。


こちらのオープン戦では、日本での“整列→挨拶→試合開始”という儀式のようなものはなく、それに代わる習慣としてgift exchangeがあります。
対戦校のグッズを貰えるということで、選手はとても喜んでいます。(塾野球部からは、このキャンプ用に作ったロゴ入りマグカップを差し上げています。)

また、こちらは昨日3日のvs CSUDH戦の試合終了後に撮影した両校メンバーの集合写真です。
CSUDH集合写真
前から2列目、向かって一番左端に写っているKEIOジャージを着た青年は、日系ブラジル人のKelvinくんです。(KelvinはCSUDHの学生なのです。)彼は以前野球部blogに何度か登場経験がありますので、名前が記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
昨夏のブラジル遠征時にKelvin familyにお世話になった者もいれば、彼が一昨年に日吉での練習に参加していた時以来で再会した者、初対面の者もいますが、更に日本語の上達したKelvinとの交流を楽しんでいました。



さて、このCSUDHとの試合後ですが、同校のグラウンドを借りて夕方まで自主練習を行うことができました。
CSUDHビデオチェック
↑試合のビデオを早速チェック(松本)
CSUDHアイシング
↑アイシング(小室・トレーナー高村さん)
CSUDHクランチウォーク
↑Crunch Walk(同上)
CSUDH腕立て伏せ
↑腕立て伏せ(眞野、伊藤) カメラ目線で写ってくれました。
CSUDHランニング
↑ランニング(宮本(翔))
CSUDH守備練新谷
↑守備練習(新谷)
CSUDH守備練長
↑守備練習(原子・相場監督・長・小泉投手コーチ)
CSUDH守備練神田金田
↑守備練習(神田・金田)
CSUDHlongtee良祐伊場
↑バッティング練習 Long Tee(山本(良)・伊場)
CSUDHバッティング談義
↑バッティング談義で国際交流(松本・林(健)・小野寺(和)・小山)





Mesaでは雲ひとつない空が続き、暑い気候でしたが、此処Los Angelesでは時折厚めの雲が空全体に広がって雨が降ることもあり、涼しさも感じます。(金沢泉丘高校出身コンビ、松尾(拓)・松本は「金沢に気候が似ている」と嬉しそうにしています。)

vs UCLA戦が中止となってしまった本日は、お昼過ぎまでCSUDHのグラウンドで練習させて頂きました。雨交じりの中でしたが、明日がOFFということもあり、昨日に引き続き皆一生懸命に練習に励んでいました。



それでは最後に、学生コーチのご紹介と本日のリクエスト写真です。

土肥 土肥(政4)
松下 松下(環4)

*****

松本・良祐 松本・山本(良)
松下 松下
新谷・松下・梶本 新谷・松下・梶本
青山 青山




日本ではあと3時間ほどでWBCが幕を開けようとしています。
残念ながらTV中継の入らないアメリカより侍ジャパンの健闘をお祈りしつつ、これにて今回のBlogを終わらせて頂きます。


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。


(15:38)

March 02, 2009

こんにちは。

塾野球部キャンプメンバーは、昨日3月1日、アリゾナ州メサからカリフォルニア州ロサンゼルスに移動致しました。
ただいま一夜明け、2日の朝6時を迎えようとしています。

メサでのキャンプでは毎日練習中心のスケジュールで過ごしてきました。
練習地としてグラウンドをお貸し下さったMesa Community Collegeに深く感謝申し上げます。
MCCMCCにはこんな記念パネルがありました。


メイングラウンド、サブグラウンド、および周辺の原っぱを広々と利用し、思う存分練習をすることができました。
AZ BT 打撃練習
AZ Tee Teeバッティング
AZ トレ トレーニング
AZ Pトレ
最終日、OFFの前日ということもあり熱が入ります。
AZ BT練
空が暗くなりかけてもまだ打撃練習は続きます。


AZ夕日 夕日の美しいメサの街でした。


本日2日からはオープン戦3連戦となります。
カリフォルニアの1年の中で比較的雨の多い時期ですので天候が心配ですが、1戦1戦を大事に戦って参りたいと思います。

メサ滞在時同様、メンバー全員で朝の散歩を行い、朝食を摂って試合に向かいます。



それでは今回は、外野手8名をご紹介し、ブログを終わらせて頂きます。


小山 小山(環4)
眞野 眞野(総4)
良祐 山本(良)(法4)
青山 青山(環3)
新谷 新谷(政3)
竹内 竹内(商3)
山口 山口(商3)
伊藤 伊藤(環2)




最後までお読み下さいまして有難うございました。



(23:00)

March 01, 2009

皆さまこんにちは。マネージャー堀内です。
キャンプ6日目の本日2月28日は、早くもアリゾナ、メサでの練習最終日、明日はロサンゼルスに向かいます。ロサンゼルス国際空港からこちらメサまでの道のりを戻ることになりますので、再び約8時間のバス移動が待っています。

本日、私たちはSeattle Mariners、San Diego Padresのキャンプ地、Peoria Sports Complex見学に行って参りました。

Peoria

10:30頃現地に到着し、13:05からのMariners vs Giantsのオープン戦までは各自自由見学時間でした。それぞれPadresやMarinersの練習風景を生で目にし、皆興味津々、興奮気味の様子でした。
Mariners BT Mariners ブルペン

至近距離でMLBの練習を見学でき、スイングやグラブ捌きの違いなど、“メジャーリーグらしさ”を肌で感じられました。
(サインや写真撮影にも気軽に応じて下さいました!)

そして、13:05からオープン戦見学です。
米国最高峰の“baseball”、そして広いスタンドを埋め尽くす人々の野球を楽しむ心意気を体感することができたと思います。さらに4回終了後には、球場のボードに“University of Keio”と表示して頂き、歓迎に感動ひとしおでした。
Peoria 球場 Peoria 観衆

Peoria 観戦中真剣な眼差しです。


試合中、私たちの座席付近(バックネット裏中央最上段)にファウルボールが飛んで来ました。
Peoria 新谷get!新谷(外野手)が見事捕りました。


夕方からMesa Community Collegeでの最後の練習が入っているというスケジュールの都合上、私たちは残念ながら5回(Marinersの逆転劇)までしか球場に居られませんでした。後ほど調べたところによりますと、Giants 4 - 6 Marinersという試合結果だったようです。



ところで、このブログですが、キャンプメンバーの選手たちも見ているようで、色々と感想や要望を述べてきます^^
ブログにぜひ載せてほしいという写真がいくつかありますので、今回の投稿では、内野手全10名に加え、それらのリクエスト写真を何点かご紹介して終わりたいと思います。
(まだ外野手およびコーチのご紹介が済んでいませんが、本日は長くなってしまいますので次回以降の投稿で行いたいと思います。)

◆内野手10名
漆畑 漆畑(商4)
小野寺 小野寺(和)(商4)
梶本 梶本(環4)
宮本 宮本(翔)(政4)
湯浅 湯浅(商4)
渕上 渕上(法3)
湯本 湯本(商3)
金田 金田(政2)
神田 神田(経2)
岸川 岸川(環2)


****************


Peoria 観戦中の4人
本日のMLBオープン戦観戦中のひとコマです。
(左より小野寺(和)、梶本、小山、居村)

伊場 伊場

AZ Last practice
アリゾナでの練習最終日を記念して
(前列:左より渕上、梶本、伊藤 後列:眞野)




さて、こちらも明日から3月です。
アリゾナの砂漠気候独特の暑さや乾燥、急激な気候変化を経験しましたが、明日からは比較的過ごしやすいロサンゼルスに移ります。

3連戦、4連戦と試合も多くなってきます。
メンバー一同、健康第一で励んで参りたいと思います。


それでは今日はこの辺りで失礼致します。
お読み頂き、有難うございました。



(16:22)

February 27, 2009

皆さまこんにちは。4年マネージャー堀内でございます。(今まであまり名前を出して来ず失礼致しました。ブログ管理全般を担当しております。)

メインブログの度々の休止、誠に申し訳ございません。また、アメリカキャンプメンバーによるブログも考案まではしたのですが、選手の負担等々の諸事情を考えた上で、マネージャーが写真を中心にキャンプの様子をお伝えすることに留まりました。


さて、日吉では今日(27日)雪が降ったとのことですが、こちらでは大変暑い日が続いています。
寒い日本から急激に暑い地域への移動もあってか、体調不良を訴える選手が少々出てしまっており心配でなりませんが、休む時はしっかり休養をとるようにし、無理だけはしないように皆努めています。
気温が高いだけでなく日差しが非常に強いので、選手は勿論ですがマネージャーの私まで帽子とサングラスが手放せない状況です。



0224青空
練習地はアリゾナ州都フェニックスからあまり離れておらず、フェニックス・スカイハーバー国際空港(世界で12番目に忙しい空港だそうです)離発着の航空機が、どこまでも続く青空を引っ切り無しに飛んでいきます。きれいな青空はいつ見ても変わらないのですが、グラウンドキーパーさんによってしっかり手入れの行き届いた天然芝の緑と青空とのコントラストは大変美しく、思わず毎日写真に収めてしまいます。

こうしてグラウンドで撮影作業をしていると、時折このような写真を撮ることができます。
0226村山 村山(投手)
0226小野寺 小野寺(和)(内野手)
0226宮本 宮本(翔)(内野手)
ビタミン補給に輪切りレモンを頬張っていますが、酸っぱさと太陽の眩しさが表情によく出ています。
0225渕上 渕上(内野手)
0224山口 山口(外野手)

カメラを向けるとポーズをとってくれました。
練習中は邪魔にならないようにカメラを回しているつもりですが、アメリカの風土に馴染み、皆の中にアメリカンな雰囲気が漂ってきているのかもしれません。。



ところで、25日にナイターで行われた今季初のオープン戦、vs Grand Canyon Universityでは、前半にリードしていたものの惜しくも敗れてしまいました。
0225GCU戦

尚、26日に予定されていたMesa Community College(練習地を貸与してくれているカレッジです)とのオープン戦は都合により中止となりました。Mesaに滞在している期間のオープン戦は先述の1戦のみとなります。



それでは最後に、キャンプメンバーの投手陣9名をご紹介させて頂きます。

0224居村 居村(総4)
0224小室 小室(環4)
0226忠本 忠本(商4)
0224中林 中林(商4)
0224拓実 松尾(拓)(総4)
0224村山 村山(環4)
0224田代 田代(政3)
0224田中 田中(宏)(環3)
0226丸山 丸山(環2)





以上にて今回のブログを終了させて頂きます。

次回の投稿まで今しばらくお待ち下さいませ。



(18:45)

February 25, 2009

こちらは2月24日、米国遠征2日目を終えようとしております。

米国遠征ブログ、1回目は昨日(出発日)の様子を少々と、本日の練習風景写真にて綴って参りたいと思います。


2月23日(月)
JL062
日本時間の夕方、塾野球部米国遠征メンバー一行は日本を後にしました。

LAX着
ロサンゼルス時間10時頃に約9時間のフライトを終え、無事にロサンゼルス国際空港着。
(写真は入国手続等を全て終え、アリゾナ州メサへの移動を控えているところです。)

Mezona Inn
ロサンゼルスからバスでの長旅を経て、夜遅くに宿舎に到着。
塾野球部の名前が大きく掲げられ、温かくお出迎え下さいました。



2月24日(火)

◆朝

0224朝0224散歩
まだやや薄暗さの残る朝7時、全員で散歩、体操をします。

◆宿舎から程近いMesa Community Collegeのグラウンドを借用し、練習を行いました。

0224飛行機雲
大変天気が良く、朝晩は冷え込むこともあるものの、日中の気温は28℃程にまで上がる気候のため、本日の練習も日本でいう真夏のような暑さの中進められました。
空には飛行機雲以外の雲は見当たりません。

0224UP0224BT
広々としたグラウンドで練習させて頂きました。

0224投内
サブグラウンドもあり、こちらでは投内野連係練習を行いました。


0224lunchお昼ご飯



ここまで練習風景をご覧頂いて参りましたが
本日は遠征メンバーの中から捕手4名をご紹介致します。
0224原子原子(総4)

0224長長(商3)

0224松本松本(総3)

0224伊場伊場(政2)



慣れない練習環境に戸惑いがないわけではありませんが、米国遠征でしか得られないものを確実に身をもって経験し、実りある米国遠征となりますよう、メンバー一同一層励んで参ります。


今後も不定期ながらブログを更新致しますので、お時間のあるときにご覧頂ければ幸いです。
大変長い投稿となってしまいましたが、最後までお読み下さいまして誠に有難うございました。


(15:43)