2017年09月13日

マジック2


こんにちは。
4年の前表です。

前回の更新から2ヶ月半が過ぎました。
7月の記録会で5000mの自己記録を更新し、8月の合宿でも継続して走り込みができました。この合宿では、1つずつ1つずつ、ということを学んだように思えます。もう二度とこんなに走る月はないでしょう。就活も落ち着き、今は競技に集中できています。

あっという間にあと1ヶ月で引退です。入部してから今までを振り返ると、やはり私は、ふくらはぎとの戦いが思い出されます。ふくらはぎの症状で2年間以上悩まされました。それでも、今思い返してみるとこの症状は自分にとって悪い事だけではありませんでした。これがきっかけで色々走りについて考えることができ、それが今につながっていることもあります。まあでも時間がかかり過ぎたことは悔やまれますが。

さて、今年の広島カープの優勝マジックが今日の試合で2になりました。できれば優勝決定の日にブログ書きたかったです。

以上です。
次は慶野です。

  
Posted by keiold2006 at 23:07Comments(0)前表 幸作 

2017年09月12日

ピエロ

こんにちは、長距離4年の藤井です。
最近東京喰種という漫画にはまっています。人の形をしながら人間を喰らう「喰種」という怪人が蔓延する東京を舞台とした物語で、こないだ映画化されたばかりなので、興味のある方は是非。



さて、ひとまず前回ブログを書いたときから現在までを適当に振り返ります。

3月中旬に怪我から復帰して、4月の六大学を何とか走り、8位。正直この時点で関カレ出場は厳しいかなとは思っていました。ただ挑戦せずに諦めたくはなかったので、5月に順天堂記録会を走りました。結果は標準まで約30秒。心のどこかでは分かってはいましたが、関カレに出られないという事実が確定してしまったことで心が荒みました。それでも予選会のために切り替えて頑張ろうと思った矢先に、風邪を引き1週間動けない状態が続きました。治ってからも身体が鈍っていて、朝練のkm4'00で10000mすら出来ないことがありました。7月末の記録会でようやく5000mに出られる状態になったものの、15分26秒とベストから40秒ほど遅いタイム。自分が走れていた時の感覚と現実があまりにもかけ離れていて、そのギャップに苦しみました。

そうですね、これ以上書くとメンヘラぽいのでやめます。ただでさえ、この部活には…やめます。

夏合宿からは焦らずゆっくり距離を踏むことから始めたからか、徐々に走れるようになってきました。月間1000km積むことも出来ましたし、それなりに収穫の多い合宿になったと思います。ひとえにトレーナー、マネージャー、保科コーチのおかげです。



という感じで、現在は調子も上がってきていて、しっかり走れるようになりました。怪我なく、上手く合宿の疲労を抜きつつ、日体大記録会、予選会に合わせたいと思います。



ピエロというと、滑稽な格好や行動などで他人を笑わせるイメージがありますよね。でも、ピエロの顔をよく見ると笑ってるようで泣いています。馬鹿にされることで観客を笑わせているけど、そこには悲しみが隠されている。それがピエロ。本当は馬鹿にされたくないし、笑う側に回りたい。僕も虚勢を張って、笑って引退するんじゃなくて、心から笑って引退したいものです。そのためにも、あと1ヵ月本気で頑張ります。




これで最後のブログになるかもしれないと思うと寂しいですね。前回書いてない奴が何言ってんだって話ですけど。予選会に向けての想いとか、今まで陸上やってきての感想とか、長距離ブロックの人たちに対して思っていることとか書くこと沢山あったなー。あ、でもまだ卒業決まってないから、来年も書く可能性が…。


卒業まであと12単位(白目)



次は前表です。
  
Posted by keiold2006 at 17:10Comments(0)藤井 一樹 

2017年09月11日

ラストです。

どうも僕です。
このブログも今回で最後になりそうです。

最近、結構パネーこと言ったり、パネーかんじでふざけても意外と他人って興味ないし、その事をすぐ忘れるんじゃないかと思ってきました。

例えばドナルド・トランプさんはよくTwitterでパネーことを繰り返し呟いていますが、別に街でドナルドさんの悪口を言ってる子なんて見たことないし、僕もたまーにドナルドさんのことは考えますが、食事中や電車の移動中、友達と遊んでる時は基本的にドナルドさんのことは忘れていますし、そんなに嫌いかと言われれば別にそんなに嫌いじゃありません。


金正恩くんもそうです。ミサイル撃つぞ的な結構パネーことを僕たち向けに言ってきますが、別に原宿や渋谷で正恩くんの悪口を言ってる人なんてなかなか見ないですし、正恩くんを嫌いかと言われれば別にそんなに嫌いじゃありません。なんなら正恩くんは僕たちの頭の上を通過するミサイルをぶっぱなしてますが、そんな事はすぐ僕は忘れて、もし時間がたって正恩くんからメシに誘われたら、たぶん僕は行くと思いますし、LINEも交換します。


そう思うと、こんなに世界中から注目を集めているアメリカ大統領やイカれた北の指導者ですら、このありさまなんですから、僕になんか誰も興味なんかないし、誰も注目なんかしてないし、僕のことなんて一緒に話してる時以外はほとんど忘れられているんだろうなと気付きました。


僕の悪口を言う人も、たぶんあまりにも暇すぎて、バンドスピナーで遊ぶ感覚で言っているだけで、特に意味なんてないんだろうと思ってますし、また僕の事を面白い!とか言って褒めてくれる人も、たぶんあまりにも暇すぎて、僕の話を聴く以外にすることがなく聴いてくれて、感嘆詞的な感じで面白い!と言ってくれてると思ってます。


だから、失敗や世間体なんて気にせず、恥ずかしがらず色んなことに挑戦してみようかなと最近は思ってます。失敗して周りに笑われても、たぶんほとんどの人はそのことにそんなに興味はないだろうし、すぐ忘れるだろうから何しても大丈夫だろうと強気で生きていこうかなと思ってます。


ただそんな世の中で、今回の合宿で「僕たちの為」に一生懸命になってくれた保科さんと林さんと渡部くんには本当に感謝しています。


まず保科さんがいなければこの合宿は実現していなかっただろうし、チームマネジメントから雰囲気作りまでやっていただき、さらにはみんなが本気になって取り組める環境を作ってくださり、ありがたいの一言では言い表せません。マイクロバスの運転から、この合宿の実現まで僕たちの為に途方も無い時間と労力を費や、さらにいえば、ご家族との時間など多くことを犠牲にして取り組んでくださいました。
決して保科さんは口にはしませんが、僕たちはその事をきちんと肝に銘じておかなければなりません。


また林さんと渡部くんがいなければ、保科さんが作ってくださった練習メニューを全力で走りきることはできなかったであろうし、ここまで素晴らしい合宿にならなかったのではないかと思います。この2人は自分の学生生活をかけて、僕たちと一緒にここまでやってきてくれました。


渡部くんは長距離合宿前から、北海道でサポートをしており1年生ながら、競走部の誰よりも長い期間サポートを頑張ってくれました。練習では運転など様々な面で活躍し、疲れていただろうと思いますが、僕がかなり振り回してしまい少し申し訳ないと思っております。


林さんに関しては、入部当初の思いとはもしかしたら違った形で進ませてしまっているかもしれません。また、この合宿は男子部員が多数を占め、想像以上に精神的な負担が大きかったのではないかと思います。そんな中でもチームの雰囲気を壊すまいと常に明るく振る舞って、絶対に文句を言わずに、選手よりも本気でこの合宿の成功のために尽力してくれました。林さんに関しても、かなり疲れている中、かなり僕のせいで振り回してしまったり、多大な迷惑をかけてしまった事をお詫び申し上げます。


ここまでの毎ポイント練習、試合のスタートラインに立てているのは、本当にこの2人のおかげであると思いますし、保科さんも仰っている通り「最大の戦力」だとこの合宿で強く感じました。たった2人で約1か月の合宿を乗り越えてしまったのも、この2人だからではないでしょうか。


まあ僕が何を言っても胡散臭くなってしまいますのでこの辺でやめておきます。
日頃の行いというのは、こういう場面で大きく発揮するものですね。

次は藤井くんです。


  
Posted by keiold2006 at 02:43Comments(0)永井翔 

2017年09月07日

DT

こんにちは。
4年の高橋です。


9月になりましたが、今年の夏はやけに涼しく、暑いのが苦手な私としては非常に助かりました。

これから秋を迎え、いよいよ長距離シーズン本番という季節になってきました。

試練の夏を乗り越え、実りの秋を迎えられるように、一人一人が頑張っていますので、どうぞ応援よろしくお願いします。


つぎはながいくんです。


  
Posted by keiold2006 at 09:42Comments(0)高橋大輔 

2017年08月29日

今君に出来ること、努力しかないんだ


おはようございます。
長距離4年の高木です。
合宿前の保科コーチとの面談で「僕は高校時代8割の人間が怪我するような過酷な合宿でも怪我せず練習やり切ったんで今回も絶対怪我しません!!!」と啖呵を切ったものの合宿5日前に故障するという渾身のボケをかましてしまいました。
おかげで今年の合宿は過去最高に辛かったです。皆が順調に練習こなせている中でそれを横目に筋トレと水泳しか出来ないのが精神的に。
後半最低限走れる状態にはなりましたが非常に勿体無いことをしました。引退までの残り少ない期間1日も無駄に出来ないので腐らず頑張ります。


何事も継続が大事ですが、殊、長距離に関してはそれが最重要な要素だとやはり思います。合宿中保科コーチが口酸っぱく言っていた「走りながら疲労を抜くテクニック」というのが正にそこに通ずる考え方なのかなと考えています。
今年の合宿で普段走ったことのない月間900-1000km近く走った部員も少なくないでしょうからとにかく疲労や違和感に繊細になって僕のように怪我しないで欲しいものです。

特に書くこともないのでここで終わります。これが最後の投稿かもですね。。。

次は高橋くんです。  
Posted by keiold2006 at 06:37Comments(0)高木一成 

2017年08月28日

最終学年

こんにちは。しも爺こと下川です。


長きに渡る合宿で老けました。じじいです。
何日目か知りませんが合宿もいよいよ終盤です。今日で2次合宿が終わり選抜メンバーのみでの3次合宿に移ります。部屋の片付け、掃除を終え一息ついているところです。

さすがに1ヶ月に及ぶ合宿は長いです。合宿所に住んでいるため人と一緒に生活することには抵抗がありませんでしたが純粋に疲れてきました。あと1週間ほどなので気合で乗り切ります。


題名にあるように僕はもう最終学年です。中学時代から陸上を続けてしましたが、いつも最終学年が一番走れません。中学時代は6月に3000mを9'12で走って以降、全く走れなくなり10分すら切れなくなりそのまま引退でなく、途中で退部しました。高校時代は4月に15'17で走って以降、体調を崩し9月頃までずっと歩いていました。夏はおかゆ生活だった気がします。

大学での最終学年はといいますと、やはり走れていません。練習では1つ下のグループに下げても出来ずジョグもままならない状態でした。そんな感じで春を過ごしました。合宿でも練習の達成度は半分以下です。けど合宿ではジョグが出来ているのでだいぶマシにはなった気がします。とは言ってもこのままでは予選会出走どころか補欠にも入れない可能性も多いにあるので油断せず、けど焦らずまずは9月末の選考会に向けて調子を上げて行きたいと思っています。

この合宿を通して決意したことは、予選会前には髪を切ろうってことくらいです。
内容的にはかなり濃い生活をしているのですが、同じことの繰り返しであるが故に書くことはほとんどないということに今気づきました。。残念。

次は絶対に怪我をしない高木くんです。合宿の練習はどうですか??






  
Posted by keiold2006 at 11:55Comments(0)

2017年08月26日

箱根駅伝って何者だ。

こんにちは。4年の小杉です。

ブログよろしくというLINEのメッセージが大木くんから来ませんでした。おそらく他の人のメンタルケアで頭がいっぱいなのでしょう。。彼は本当に優しいです。

さて、陸上雑誌の大学駅伝夏号に慶應大学の箱根駅伝特集が組まれました。僕も合宿に発つ羽田空港の中にある本屋さんで読みました。取材があったあの日、集合欠で写真に写れなかったのが悔やまれます。



みんなも書いていますが合宿中です。
大学に入って3回の合宿を経験しましたが、今年の合宿は内容が全く違います。
まず、初めて大学生として経験した1年目の合宿は、距離走という未知の練習の繰り返しで、大学で長距離をやるっていうのはこういうことなんだと感じたのを今でも覚えています。黙ってひたすら走り込むのが長距離選手っぽくて格好いいなという思いと、4年間やり続けるのきつそうだなという想いが入り混じっていました。

そして現在行なっている合宿でも朝練、午前練、午後練と走りっぱなしです。紋別ではクロスカントリーでの練習がメインで距離を踏み、別海ではロード練習で実践的になってきました。先ほど内容が全く違うと書きましたが、練習内容というよりも、生活の仕方という部分の違いが一番大きいと思います。保科コーチが口を酸っぱくしておっしゃることは、歩きでもいいから運動しろということです。従来の合宿や、普段の生活では休む時にはとにかく爆睡するという人が多かったと思います。しかしこの合宿に来てとにかく体を動かすことで次に備えることを叩き込まれていると思います。始めは拷問のように感じた「Free」という名の60分ジョグも、意外とみんな慣れてきています。たぶん。

今は箱根駅伝を本気で目指すチームがやるべき生活習慣や意識付けを植え付けているんだと思います。こういった部分は、実業団や指導者を経験してきた保科コーチだから指示できることだとつくづく思いました。

始めは日体大出身の脳筋コーチが、自分の成功体験と根性論だけを武器に暴挙に出るのではないかと穿った見方しかできませんでしたが、そんなことはなく安心しました。笑
学生だけでは補えない部分を埋めてくれていると感じています。

今までの諸先輩方も、本当はこうしないといけないんだろうけど、、、という部分はいくつもあったのではないでしょか。そこを埋めくれているのがコーチの存在だと思います。ただ単に慶應が箱根を目指すための客寄せパンダではなく、やはり支柱として大人のコーチの存在は大きいなと感じています。

練習の雰囲気も良くチームも変わりつつあると感じています。僕自身、6・7月の走り込みが足りていませんでしたが、合宿を経て記録を伸ばせるように最後の数ヶ月頑張ります。チームとして残りの合宿も頑張っていきたいです。

またすぐに回ってくると思うので、この辺で。次は下川くんです。

  
Posted by keiold2006 at 09:39Comments(0)小杉岬生 

2017年08月24日

刺身うんめ

こんばんは。
4年の大木です。

現在2次合宿の別海にいます。4月から新しく保科コーチが就任し、体制も大きく変わり、今回の合宿も今まで経験したことのないくらい長くきつい合宿になってます。

そんな長くきつい合宿の中、家族は僕を置いてイギリスに旅行に行ったそうです。毎晩寝る前(向こうは昼)送られてくる楽しそうな写真を見て、1人メンタルが折れてました。

本当なら合宿の楽しそうな写真をここにたくさん載せたいところですが、ほとんど撮影していないので別海の海を一枚だけ
image



引退までのカウントダウンもそろそろですが、なんとか4年生の意地を見せていきたいです。短い文章ですみません。思ったより疲れてるみたいです。

次は小杉君です。

  
Posted by keiold2006 at 20:21Comments(0)大木 康生 

2017年08月22日

夏?

こんにちは。
大木ではありません。
4年の西谷です。

8月も後半に入って刻一刻と時間は過ぎ去っていきます。
色々と考えた結果、今年は北海道には一緒にいかず、チームとは別に東京で過ごしています。

自分のわがままで一年余分にチームに残りながら全く良い影響を与えられていない点が申し訳ないとは思います。ただ後輩たちももうしっかりやっていけると思うので、ここからは自分本位で、自分のことをしっかりやっていきたいと思っています。

幸い今年は東京もそこまで暑くありません。(北海道とは比べ物にならないでしょうが…)
今できることをひとつずつ積み重ねていきたいと思います。
皆が帰ってきたときに、皆がどれだけ強くなっているのか、そしてこちらはどんな自分を見せられるのか、楽しみにしながら残りの日を過ごしていきます。

大変短いですが失礼します。
次は大木です。  
Posted by keiold2006 at 17:45Comments(0)西谷 泰介 

2017年08月19日

初投稿。

こんにちは。初めまして。一年マネージャーの渡部です。今回初めてブログを更新することとなりましたので簡単に自己紹介をさせていただきます。

渡部綾介
出身:慶應志木
趣味:カラオケ

簡単に自己紹介というとこれぐらいしか出てきません。高校まではずっと長距離の選手をしており、大学からサポートとして陸上を続けています。長距離専属マネージャーとして現在は長距離ブロックとサポートブロックの2つに所属しております。本年から始動した箱根駅伝プロジェクトの成功に向けて精一杯努力して行きたいと思いますので皆様どうか宜しくお願い致します。


長距離専属マネージャーとはいえど、サポートの僕にこのブログの更新が回されるとは思っていなかったので何を書けばいいか全く思いつきません。だいぶ考えましたが無理なので近況報告をさせていただきます。

現在は北海道での合宿に来ており、紋別から尾岱沼に移動してのの二次合宿の真っ只中です。今日は合宿開始から14日目で、最近は涼しい気温に慣れて来て20度でも暑いと感じるようになって来ました。尾岱沼は高校時代から合宿で訪れており非常に馴染みのある場所です。尾岱沼の良いところはたくさんありますが、まず言えるのは人々がみんな優しいです。外を歩いていたら多くの人が挨拶をしあっていますし、宿の方々もみなさんとても優しく接してくれます。あとは健康に良い街です。プールやパークゴルフ場などだれでも運動できる施設が整っているだけでなく、宿から1番近いコンビニまで約2キロ離れており、買い物に行くだけで良い運動になります。問題なのは行く気になれないところです。

合宿はそろそろ後半戦を迎えます。二次合宿からは日吉からトレーナーさん3人がサポートに来てくださっているので、サポートも一丸となって多くの選手が合宿を通して強く成長できるようサポートしていきます!

初めての更新ですがこの辺りで終わりにさせていただきます。次回の更新までには何かテーマを見つけておきます。

次は大木さんです。宜しくお願い致します。  
Posted by keiold2006 at 21:54Comments(0)渡部綾介