2007年05月15日

5.13.2007@馬場

まずひとつ。

もっと楽しくホッケーをしよう


プレー中の声がないのは意識の問題もあるかもしんないけど、それ以前に心からホッケーを楽しんでいれば声って自然に出るものだと思う。

わざわざ深夜にみんなで集まって練習して、ホッケーを楽しまないでダラダラ流してやってたら何の意味がある?

確かに面倒くさいと思う時があるかもしれないけど、そういう時は氷乗って最初の15分くらい声出しまくってみると気分が高揚して練習に対して前向きになるから試してほしい。

とにかくキャプテンとしてはいいプレーに対して歓声が起こる、悪いプレーに対しては野次が飛ぶ、そんな練習をみんながしてくれると嬉しいです。


いつもマネージャーに練習後ノートに一言コメントを書いてもらうんだけど、あまりに「楽しくなさそう」というコメントが多かったからこういう投稿にしました。


確かに勝つことも大事。
だけどホッケーを楽しめないで得た勝利なんて意味ないと思う。
だから「楽しく勝つ」、これを絶対に忘れずコマース戦までの2回の練習に臨もう!

keiowhitebear at 11:59│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かまt   2007年05月15日 19:00
ホッケーを心から楽しむためにも僕は日ごろから出来ることはパッパと終わらせておくことも大事なことの一つだと思います。

勉強に限らず嫌なこと、面倒なことを後回しにしておくと必ずつけが回ってきます。そして精神的に追い込まれているとホッケーをしていても何か心に引っかかるものがあり、楽しくなくなります。

また、リーグ戦後半は特に試験前とかぶり、みんな忙しくなるのは分かっています。それなのに勉強が忙しい、レポート書かなきゃいけという理由で休むのは、自分が時間管理が上手くないといっているのを言い広めているようでカッコいいものではありません。

「忙しい」という前に自分の時間管理を見直してみましょう。

それでも忙しい時は気合で乗り切りましょう。

時間をうまく使って一流を目指しましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔