2006年02月06日

[花粉症が始まる前にしておく事]3

いつも読んでくださっているみなさま、こんにちは!
 きょうも日記を開いていただき、ありがとうございます。

最近、ダイエットという言葉には敏感に反応してしまいます。
年齢と共に、食べ過ぎもありますが、代謝機能が衰え、太りやすい
体質になっているような気がします。

普段、食欲の赴くままに好きなものをお腹いっぱい食べて、飲み、
知らずにとはいえ、農薬や食品添加物などもたくさん口にしている
はず。今まで生きてきた体と各器官は相当まいっているに違いあり

ません。今日は、昨日以来の寒さでトイレとボイラーが凍り、
水道管にやかんでお湯を掛け、一時間も待ってやっと回復しました。

寒いのはいやですね。
早く暖かくなってほしいものです、
でも暖かくなると花粉が・・・

いろいろ調べた結果、すでに花粉がフライングして
飛散しているようです。
北海道・東北・北陸・中国(一部)を除いて。

本格的には花粉温度計350℃以上のなる
今週末から来週にかけて飛散すると思われます。

花粉症は外気に触れやすい粘膜を中心にアレルギー症状が現れますからね
 今年は粘膜を強化して花粉の侵入を許さないようにしてみてはいかがでしょうか?

「あとがき」
ネット上での健康食品には、加齢によって失われた成分は、補給さえすれ
ば元通りになることを謳ってます。たとえば、体の水分は赤ん坊が70%
で、成人が60%、高齢になると50%に低下しますが、

アルカリイオン水の補給だけで体の水分は回復することは不可能です。
同様に加齢で不足すると謳っているサプリメントもそれを補給するるだけ
では、回復することは不可能です。

 日本肝臓学会のHPには、(ガジュツを含んだ)ウコンの相談件数がアガ
リスクの倍以上と書いてありました。ネット上の宣伝を鵜呑みにして、ダ
イエットの目的で大量に飲んで健康を害している人が多いそうですね。

きょうも最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鼻水が出たら、
直ぐにベルエムピS 小青竜湯エキス錠でぴったり治ります。


花粉症と美肌に即効の青蔵高原の生ローヤルゼリー


どくだみの雫 2本セット

携帯アフィリエイトならSmart-C


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数