こんばんは。

広島モーニング競輪が終わりました。


今回の広島競輪のバンクは新車のセッティングが合ってないのか、バンクの状態なのか、とにかく重たいバンクでした。

競馬場に例えると、荒れた阪神競馬場の芝コースみたいでした。


3月23日(初日)広島5R 
A級予選1625 m(4周)
写真をクリックしていただくと、
KEIRIN.JPの競走映像が始まります

広島競輪初日200323

初日は吉田篤史選手(奈良)の番手でした。

作戦は、「後ろから抑えて先行」でした。

レースは作戦通り後ろからになりました。

残り2周で抑えに行き、先手を取りました。

しかし、残り1周で坂木田選手にかまされて、1センターで後退してきました。

私は吉田選手を迎え入れようと外帯線を外した時、大島選手に掬われました。

浮かされてしまい吉田選手に離れ6着でゴールしました。

走り終わって、脚が重たいと感じたので、とりあえず夕方までセッティングを確認しました。


3月24日(2日目)広島1R 
A級一般1625 m(4周)

写真をクリックしていただくと、
KEIRIN.JPの競走映像が始まります
広島競輪200324

2日目は、西村尚文選手(鹿児島)の番手の競走でした。

作戦は、「後ろから攻めて先行します。早めに巻き返してきても突っ張って先手を取ります」と心強い作戦でした。

レースは、作戦通り後ろ攻めになりました。残り2周で先手を取り、そのまま先行態勢に入りました。

最終バックストレッチで、私の後ろから宮西選手が捲ってきました。

私は、イエローラインギリギリまでブロックしに行きましたが乗り越えられ、3着ゴールでした。

レース後、西村選手が「番手から出て行ってくれても良かったです。」と言ってくれましたが、あれだけ気持ちよく先行してくれたので、何とか捲りをブロックして止めたかったです。




3月25日(最終日)広島1R 
A級 一般1625m(4周)
写真をクリックしていただくと、
KEIRIN.JPの競走映像が始まります

広島競輪200325

最終日は、武田和也選手(奈良)の番手でした。

作戦は、「前を取って抑えに来たら引いてカマす」と言うものでした。

レースは予定通り前が取れ残り2周で相手ラインが抑えに来ました。

残り1周で5番手から武田選手がカマシに行きますがなかなか前に進みません。私は後退し3コーナーから内に潜り込み、目一杯踏み込みましたが4着が精一杯でした。

今回は、バンクの状態なのか私の体調なのか自転車のセッティングなのか、とにかくバンクが重たく感じました。

次回の玉野ミッドナイト競輪まで中12日。まず自転車のセッティングをもう一度考えてみます。


競輪の競走に関する詳細は、KEIRIN.JPでご確認ください

今後の出場予定(2020年


玉野ミッドナイト競輪   4/8~4/10




岐阜F2   4/24~4/26






馬体_大
自転車のパーツ説明
Twitter_大