この日のこと

小田和正、miwa、福山雅治のファン。ライブの感想やその他の趣味のことを綴ったブログです。Since 11.Jan.2008

福山雅治 WE'RE BROS. TOUR 2018

2018/1/25 大阪城ホール「福山雅治 WE'RE BROS. TOUR 2018」に行ってきました。

毎年年末に横浜で大感謝祭をやっていますが、今回は年明けすぐに大阪城ホールからツアーが始まるということで大感謝祭は見送りました。

ツアーは2014年のドームツアー以来、あの時は京セラドームに行きました。
アリーナツアーとなると2011年のLIVE BANGの大阪城ホール以来です。
MCでましゃが言っていましたが、大阪城ホールはあの時以来、7年ぶりとのことでした。
LIVE BANGの7月の大阪城ホールは今でもはっきり思い出せるほど記憶に残っています。
セットリストも良かったですし。

LIVE BANGの時は2月と7月に大阪城ホールで開催され参加しましたが、2011年ですから東日本大震災の前後だったわけで、特に震災後の7月の公演は印象に残っています。

さて、今回のツアーですが、アルバムを出したわけでもなく、大義名分はありませんが、そういうのはどうでもいいのです(笑)
普段、横浜に偏重してるライブを大阪でやってくれるというだけで有難いので。

ツアーは始まったばかりですので、これ以降ネタバレがあるので、これから観に行く人は御注意ください。

座席はスタンドAブロック、ちょうどボックス席の後方になります。
ステージは縦使いでメインステージからアリーナ中央に花道が伸び、上にせり上がる円形ステージがあります。
要するに年末のパシフィコ横浜のステージを流用したわけです。
アリーナ中央で歌ってくれることが多く、座席間格差が縮小されて良いレイアウトだと思います(笑)

パシフィコ展示ホールでは後ろの方からはほんとに遠くて、天井のモニターしか見えなかった時もあったことを考えると、やっぱりアリーナツアーは有難い。

オープニングは最も好きなインストのロック「Revolution//Evolution」で、いきなりテンションが最高潮に。

「家族になろうよ」のバンドバージョンは久しぶりに聴いたように思います。
「家族になろうよ」「クスノキ」「桜坂」のバラード3曲はセンターの円形ステージでした。

その円形ステージですが、床にご当地のイラストとその日の日付が描かれていて、最近インスタにはまってるましゃがスマホで床を背景に自撮りをしていました。
それをその日のお客さんにプレゼントするという企画で、終演後にダウンロード用URLがモニターに映し出されました。
ダウンロード期限は23:59までとのことで、帰り道で早速ダウンロードしました。

記憶が定かじゃなりませんが「漂流せよ〜Abenida Atlantica〜」だったか、ましゃとおぐちゃんのツインバンジョーで、こんちゃんがスチールギターだったような気がします。
最近ラテン系の曲が多いと感じていますが、バンジョーの軽快な音色は好きです。

正直に書くと、個人的にこの日のセットリストはあまり好みじゃなかったです。
ただ、ラストのダブルアンコールはギター弾き語りの「最愛」で、最も好きなバラードで締めくくってくれて全て良しって感じでした。(*^_^*)

このツアーですが、4月にもう一回、徳島まで行ってきます。


2018/1/25 WE'RE BROS. TOUR 2018 大阪城ホール
セットリスト

Revolution//Evolution
I am a HERO
KISSして
jazzとHepburnと君と
Soup
生きてる生きてく
家族になろうよ
クスノキ
桜坂
新曲(タイトル未公表、Pop star???)
漂流せよ〜Abenida Atlantica〜
暗闇の中で飛べ
HELLO
Humbucker vs. Single-Coil
HEAVEN
GAME
聖域
少年
トモエ学園

<アンコール>
化身


<ダブルアンコール>
最愛(ギター弾き語り)


↓Amazonや楽天でお買い物するなら、下のバナー経由でお願いします。↓

クリスマスの約束2017

17年目のクリスマスの約束は12月25日の深夜にOAされました。

今回は収録が11月16日と、例年より早く、募集人数も3000人と最近にしては多かったです。
私も応募しましたが、あえなく撃沈。
一度は参加してみたいですが、夢は叶いませんでした。(・.・;)

ゲストや内容の情報は収録翌日から公開されていたので、だいたいどんな内容かはわかっていましたが、やはり放送が近づいてくるとワクワクします。

番組は小田さんのピアノ弾き語りで「言葉にできない」で始まりました。
金原千恵子さん率いるストリングスチームはお馴染みのメンバー。
小田さんのピアノとストリングスの組合せの「言葉にできない」は最強です。

2曲目は小田さんと松たか子、JUJU、和田唱の4人でカーペンターズの「遥かなる影」(Close to you)
カーペンターズファンである私にはたまらない選曲です。
女性陣がボーカル、男性陣がギターとコーラス担当で、クリ約クオリティを聴かせてくれました。
欲を言えば、もう1曲くらいカーペンターズを歌って欲しかったです。
カーペンターズメドレーでも良かったし。

委員会バンドが登場し、3曲目は昨年亡くなられたムッシュかまやつさんを偲んで「ムッシュかまやつメドレー」
あの時君は若かった〜我が良き友よ〜ノー・ノー・ボーイ〜バン・バン・バン〜どうにかなるさ

4曲目は委員会バンドで小田さんの曲を歌いたいとの希望があったそうで、オフコースの「Yes-No」
アコースティックバージョンです。
4人のボーカリストが順番にリードボーカルを繋いでいき、リードボーカル以外の3人がコーラスにまわっていました。
そして、ウーウーウーのコーラスはお客さんが担当していました。
この後もお客さんがコーラスで参加する場面がありましたが、当選した人がとても羨ましかったです。

5曲目も委員会バンドでキャロル・キングの「You've got a Friend」
水野君のボーカルはなかなか上手いと思いますが、ちょっとネバっこい歌い方になってるのが気になりました。

ここでゲスト登場です。
2006年のクリ約で小田さんはCMで流れていたという熊木杏里さんの「新しい私になって」をピアノで少し弾き語りしました。
そこはテレビではOAされていませんが、小田さんの1年の活動をDVDにしたファンクラブ限定販売のLIFE-SIZE2006に収録されていました。
あれから11年、小田さんはずっとこの歌が気になってたのでしょう。
ゲストは熊木杏里さんでした。

歌うのはもちろん「新しい私になって」
彼女のちょっとハスキーで透き通った声に小田さんの絶妙のコーラスが映えていました。
私のクリ約2017の1番はこの曲でした。
いつもより15分短かった関係か、熊木さんと小田さんのトークが短かったのが残念でしたが、歌う前の熊木さんと小田さんのトークがめっちゃ笑えました

ついで、ここ数年恒例の和田唱君と小田さんのコーナーです。
今回は映画音楽メドレーです。
Tonight(ウエストサイド物語)
ホワイト・クリスマス(ホワイト・クリスマス)
ムーン・リバー(ティファニーで朝食を)
雨にぬれても(明日に向って撃て!)
チム・チム・チェリー(メリー・ポピンズ)
My Favorite Things(サウンド・オブ・ミュージック)
Live and Let Die(007 死ぬのは奴らだ)
星に願いを(ピノキオ)

これ、すごく良かったです。
中でも私は「雨にぬれても」が嬉しかったし、思わず口ずさんでいました。
映画「明日に向って撃て!」は私の青春そのものだったので
「My Favorite Things」はお客さんがコーラス参加し、会場が一体となって盛り上げっていました。
ポール・マッカートニー好きの二人ですから「Live and Let Die」は絶対歌ってくれると予想できました。

8曲目は和田さん(TRICERATOPS)のFEVERを小田さんと和田さんのアコギで歌いました。
2011年のメドレーで聴いていましが、フルコーラス聴いたの初めてでした。

9曲目はJUJUに小田さんが書き下ろしたという「あなたがくれたもの」
作詞はJUJUだそうですが、詞が先なのか曲が先なのか気になりましたが、どっちなのかはわかりません。

10曲目は小田さんのピアノ弾き語りで小田さんが財津和夫さんのために書いた「手紙にかえて」
今回、ナレーションが斎藤由貴さんから財津さんに代わりましたが、小田さんは親友で癌と闘っている財津さんへのメッセージとしてこの歌を歌ったのだと思います。

11曲目は松たか子さんと小田さんでオフコースの「歌を捧げて」
2000年のカウントダウンライブで山本潤子さんと歌ったのですが、歌詞が1番しかなかったので、この時に2番の歌詞を書いたというエピソードが紹介されました。
きっと小田さんは旧友であり、クリ約でも何度か手伝ってくれた山本潤子さんに向けて歌ったと思います。
山本潤子さんは活動休止中だそうですが、元気な姿が見たいです。

12曲目は出演者全員で「Danny Boy」
この歌は元々アイルランド民謡の「ロンドンデリーの歌」だそうです。

そしてラストは小田さんとバンドで「The flag」
小田さんのコンサートで、客席に入っていく小田さんをガードする重要な役目を担う舞台監督の永岡さんが先日逝去されたそうで、この曲が好きだったらしいです。
ステージ後ろに小田さんを守る永岡さんの姿が映し出されていました。
小田さんの表情もいつになく悲しげで、涙を拭う金原さんが映り、バンドメンバーもグッと堪えて演奏してるように見えました。

この番組は音楽番組でありながら、毎回映画のように1本のストーリーになっていると思うのですが、今回は例年より15分短い1時間45分の放送枠だったためか、いつもより曲と曲が分断されて繋がりが感じられませんでした。
TBSの事情なんだから仕方がないかもしれませんが、もう少し時間を割いて欲しいと思います。
あと、細かなことですが、英語の歌は字幕も英語にしていただきたいです。

さて、放送翌日に今年のツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2018」が発表されました。
70歳(古希)で21会場48公演のビッグなコンサートツアーをやるって凄いことだと思います。
小田さんの場合、20歳くらい割り引いて考えたほうがいいかもしれません。
実年齢はあまり意味を成さないってことです(笑)

↓Amazonや楽天でお買い物するなら、下のバナー経由でお願いします。↓

Baycom ケーブルプラスSTB

今年の夏にケーブルテレビの契約を光回線のプランに変更し、セットトップボックス(STB)も以前のものに比べると格段に使いやすくテレビ快適、ネットの速度も速くなりましたが、ベイコムから嬉しいお知らせが届きました。

それはAndroid搭載のBaycom ケーブルプラスSTBに無償でアップグレードしてもらえるとの案内でした。

月額利用料600円となっていますが、Baycom光パック(プラスを含む)の月額利用料に含まれているとのこと、我が家はBaycom光パックプラスなので追加料金は不要です。

STB本体は非常にコンパクト
48


どんなことができるのかと言いますと、地デジ、BS、CSの番組を観れるのは当然ですが、テレビのリモコンでWEB検索でき、YOUTUBEの動画も閲覧できます。

USBキーボードを接続してパソコンでWEB検索するような使い方もできますが、主にリモコンの音声検索機能を使ってYOUTUBEの動画を検索し、閲覧するのがマイブームになっています。
最近の動画は非常に綺麗で、音も良いのでテレビの大画面で観るとこれまでパソコンやスマホで観ていたのとは大違いです。

Androidのアプリをインストールすることもでき、YOUTUBE、ニコニコビデオは元々入っていましたが、GooglePlayからRadiko、AbemaTVを入れました。
ゲームには興味ありませんが、ゲームアプリもインストール可能なようです。

13

01


我が家ではCS放送はSTBで受信し、DIGAにLAN経由で録画していましたが、もちろんこのSTBでもLAN録画が可能です。
さらに、USB-HDDを接続すると録画可能になっていますので、レコーダが無くても手軽にHDDに番組を残すことが可能です。
サービスマンによると、もしUSB-HDDが壊れてもサーバーにデータが転送されて残っているので、新しいUSB-HDDにリストア可能とのこと。
ほんまにそんなことが可能なのか確認はしていませんが。

さらに、リモート機能が便利です。
スマホやタブレットに「ケーブルプラスRemote」というアプリと「Connect Play」「ケーブルプラスRemote Player」をインストールすればスマホから遠隔操作が可能で、スマホで放送番組や録画番組(USB-HDDが必要)が視聴可能です。
外出先で録画番組を観るにはスマホやタブレットに動画を転送する手間が必要なので、あまり実用的ではありませんが、家のWi-Fiネットワーク下では「ケーブルプラスRemote Player」で放送中の番組や録画番組が観れるので、例えばお風呂にタブレットを持ち込んでテレビを見ることが可能です。
先日買ったMediaPad M3ではカクカクすることなくスムーズに再生できました。
これまでCS放送はSTB本体と接続したリビングのテレビでしか観れませんでしたが、家じゅうどこでも視聴可能になりました。

スマホ連携機能(Google Cast)が搭載されていて、ChromeCastを購入しなくともスマホで見ている動画をワンプッシュでテレビに映し出して迫力ある動画が観れます。
リモコンの音声検索でYOUTUBEの動画を探すより、タブレットで動画を探し、キャストアイコンを押す方が遥かに使い勝手は良いです。

取説にも本体にもメーカーが記載されていないのが不思議ですが、リモコンのデザインがパナソニックなので多分パナソニックが作ってるものと思われます。
月々の料金はネットとテレビと電話で9100円かかりますが、無料でアップグレードしてくれたことに感謝です。
なお、私はベイコムとは何の関係もありませんのであしからず

↓Amazonや楽天でお買い物するなら、下のバナー経由でお願いします。↓

馬場俊英さんのライブ

2017/11/25 今年14回目のコンサート
大阪フェスティバルホールで開催された馬場俊英さんツアーファイナルに行ってきました。
ツアータイトルは「BABA TOSHIHIDE LIVE TOUR 2017〜街路樹が今日も見つめている、語られることのない季節を」

風のハミングには過去5回参加していて、馬場さんの曲は生で結構聴いていますが、単独ライブは今回が初めてでした。
IMG_20171125_164236_502


座席は2階の3列目でしたが、フェスティバルホールなので見やすくて音響も最高でした。
ファン層はやっぱり40代〜50代が中心で、女性が60〜70%くらいかな?
風ハミで見かける88番の野球のユニフォーム姿のファンがちらほら。

NEWアルバム「街路樹」はまだ聴いていませんでしたが、馬場さんの歌は初めて聴いてもスッと入ってきます。
人生感や応援してくれるような歌詞、文字数が多く舌を噛んでしまいそうな歌詞があったりしますが説得力があって面白いし、野球用語がよく出てきますが、昭和生まれの野球好きの私には親しみがわきます。
5ピースバンド+ブラス隊3人の奏でるサウンドは力強く心地よかったです。
ドラムはオーストラリアの方でしたが、非常にパワフルでキレがありましたが、PAエンジニアが優秀だからでしょうか、ボーカルや他の楽器の邪魔をすることなく、とても良い音でした。
色々なアーティストのコンサートに参加していますが、ドラムの演奏に目が留まったのは初めてでした。

ツアーファイナルということでゲストを期待していましたが、広沢タダシさんが来てくれました。
先日の風のハミングでもゲストで1曲参加してくれていましたが、馬場さんとアコギ2台で「ただそれだけで」と広沢タダシさんの「サフランの花火」を歌ってくれまして、綺麗なハーモニーと心地よいアコギの音色を聴かせてくれました。
トークも面白かったです。

アンコールのラストは30人くらい居たでしょうか、コーラス隊human noteも参加して「最後まで」を大合唱。

コーラスの人も含めて全員がステージに並び、サインボールを客席に投げ入れて、退場していきましたが、アンコールの拍手は止まず、馬場さん一人戻ってきて「I HAVE A DREAM」を弾き語りで聴かせてくれて感動しました。

来年4月に神戸と大阪でアコースティックライブがあるそうで、アコギが好きな私としてはとても行きたくなっています。
ただ、小田さんやmiwaちゃんのツアーの予定がまだ発表されないので、しばらく様子見になりそうです。


「BABA TOSHIHIDE LIVE TOUR 2017〜街路樹が今日も見つめている、語られることのない季節を」セットリスト
2017/11/25 大阪フェスティバルホール
街路樹
ギザ10
オセロゲーム
さがしもの
花火
アイビー
プロポーズをもう一度
弱い虫
遠くで 近くで
アスファルトに咲く花
スタートライン〜新しい風
ただそれだけで(広沢タダシと)
サフランの花火(広沢タダシと)
おはようございますの歌
真面目に適当にいい加減に、でも真剣に
今の君がいちばんいいよ
平凡
向かい風は未来からの風
ボーイズ・オン・ザ・ラン
人生の復路 〜 My Homeward Journey

街路樹 Scene 2
君はレースの途中のランナー
最後まで

I HAVE A DREAM



↓Amazonや楽天でお買い物するなら、下のバナー経由でお願いします。↓

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
記事検索
最新コメント
読書メーター
keiskeさんの読書メーター
月別アーカイブ
カテゴリ
旅行の予約は




楽天市場
ブログ管理人にメッセージ

非公開でメッセージを送れます。 メルアドを書き込めば管理人からメールへ返信させていただきます。

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ