この日のこと

小田和正、miwa、福山雅治のファン。ライブの感想やその他の趣味のことを綴ったブログです。Since 11.Jan.2008

君住む街へ 神戸初日ライブレポ

今年6回目のライブは小田和正さん「KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ」神戸公演の初日でした。
場所はお馴染みのワールド記念ホールです。

いつもは夫婦だけ、または夫婦+小田友さんで行きますが、今回は夫婦+私の職場の小田さんのライブが初めての2人をエスコートしました。

座席はアリーナGの3列目となっていましたが、小田さんの場合、花道の形が複雑で行ってみるまで、どんな席かわかりませんが、座席についてビックリ!
なんと、右前方が左サブステージです。
距離にして3mほど!
「眠れぬ夜」は丸々左サブステージで歌ったので、小田さんの歌う姿を目に焼き付けることが出来ました。
また、8の字型の花道をぐるぐる回ってくる小田さんですが、何故かわれわれの居た左側に来ることが多かったです。
50


別府公演との違いはご当地後の後半1曲目を入れ替えたくらいで、大きな変更はありませんでした。
ただ、この日はいつにも増して小田さんが饒舌だったのが印象的でした。
曲と曲の間であちこちから「小田さ〜ん!」と声がかかります。
(特に関西人は積極的な人が多いのか声掛けが多い)
普通はそんな声にいちいち反応しませんが、この日は手を振り返したり、「おぉ〜」とか声でマメに反応していました。
「来年は古希ですけど、いいんでしょうか?」みたいなこともおっしゃっていました。

ご当地ビデオですが、地元ということで何箇所か予想していました。
8箇所予想したうち、有馬温泉となぎさ公園の2つが当たりました(笑)

神戸市役所の展望室(モーニングを食っていました)、フルーツフラワーパーク(閑散とした感じ)、摩耶山ケーブルカー/天上寺/ホテル・ド・摩耶、有馬温泉で足湯、ワールド記念ホールのすぐ近くの神戸学院大学の学食(冷めたピザ)、隣接するなぎさ公園で神戸港をバックに〆のコメント。

「恋は大騒ぎ」で7つくらいの巨大風船がアリーナに投げ込まれます。
別府ではスタンド席で触れなかったけど、今回は3回ほど触れました。
触ったからと言って何のことはないけど、みんな夢中になっていました。
小田さんのライブでは珍しい試みですが、なかなか面白い企画です。
これ、テアトロンではどうなるでしょうね。
芝生席なら投げ込まれると予想。
とっても楽しみです。(笑)

小田さんのライブが初めての2人は小田さんの透き通った声と走りまくるパワーに大感激していました。
小田さんのライブに大満足してくれて、エスコートした先輩ファンとして、とても嬉しかったです。(*^^*)

次に行けるのはテアトロンかぁ、ちょっと長いな(+_+)


セットリストは某サイトからの引用です。
多分間違いないと思います。

セットリスト(2016/6/7 神戸 ワールド記念ホール)
1 wonderful life
2 こころ
3 眠れぬ夜
4 秋の気配
5 さよなら
6 僕の贈りもの
7 愛を止めないで
8 時に愛は
9 心はなれて
10 言葉にできない
11 I LOVE YOU
12 YES-NO

ご当地紀行

13 the flag
14 そんなことより 幸せになろう
15 恋は大騒ぎ
16 キラキラ
17 ラブ・ストーリーは突然に
18 風と君を待つだけ
19 たしかなこと
20 my home town
21 さよならは 言わない
22 今日も どこかで
23 風は止んだ
24 君住む街へ

アンコール

25 愛になる
26 YES-YES-YES
27 夏の終り
28 ダイジョウブ
29 また会える日まで


テアトロン 駐車場 シャトルバス情報

小田さんのテアトロン公演で検索して見に来てくれるファンが多いので、「Kazumasa Oda Tour2016 君住む街へ」テアトロン公演に関するDUKEや大川観光からのアクセス情報を貼っておきます。

2016/7/23、7/24 さぬき市野外音楽広場テアトロン(香川県)の交通アクセスですが、会場にはマイカーは乗り入れできません。

マイカーで行かれる方は、志度のセシール駐車場にマイカーを停めて、そこからシャトルバスで会場に向かいます。

◆臨時駐車場
セシール志度ロジスティクスセンター内駐車場
香川県さぬき市鴨庄4259-1

<駐車券の販売について> 6/4(土)10:00〜

チケット料金:駐車券(駐車券)1枚 計1,800円
ローソンチケットの場合、手数料:計324円 合計2,124円になります。
WEBから申し込み、ローソンのロッピーで発券します。

◆d-ticket http://www.d-ticket.net
◆ローソンチケット TEL 0570−084−006(Lコード:62902)
http://l-tike.com

※駐車可能時間:13:00から22:00まで(予定)
※駐車券とは別に「セシール駐車場⇔会場間のシャトルバスチケット(下記)が必要。

シャトルバス詳細情報
今回はJR高松駅からのバスが復活しました。

往路(会場へ)
 擅複匚眈庄愾バスターミナル14番のりば】 
JR高松駅発着は、時間予約制です
ツアーデスク受付 12:30〜
運航時刻 。隠魁В娃亜腺隠粥В隠機´■隠粥В械亜腺隠供В娃
(時間内随時運行)
料金:2400円(大人、往復)

◆擅複匯崚抉愼遏
ツアーデスク受付 13:00〜
運行時刻 13:30〜16:30 (時間内随時運行)
料金:1800円(大人、往復) 早割料金:1400円

【セシール臨時駐車場】 
ツアーデスク受付 13:00〜
運行時刻 13:30〜16:30 (時間内随時運行)
料金:1800円(大人、往復) 早割料金:1400円

早割バスチケットについて
[販売期間] 6/4(土)10:00〜各公演日の前日23:59まで

復路(会場から) 公演終了〜随時
>最終便の出発時刻は公演終了より2時間後とします。

会場MAPと運行時間(PDFファイル)

・小学生は下記大人料金の半額
・片道バスチケットは旅行代金の半額です。(早割設定はなし)
・未就学児はツアーバスチケットは無料。(ただし、保護者同伴に限る)

>チケット購入時にご選択されたお時間内にのりばまでお越し下さい。
>当日の販売や片道の販売もございません。予めローソンLoppi・チケットぴあでお早めにご購入手続きをして下さい。

ローソンは店舗のLoppiで直接購入(コード:63311)
チケットぴあはWEBから申込みです。

君住む街へ 別府公演2DAYS

「KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ」が2016年4月30日に始まりましたが、5月14日、15日に大分県別府市のビーコンプラザで行われたコンサートに行ってきました。

地元の関西は6月7日の神戸公演が初日ですが、それまで我慢できないこと、ライブと旅行を兼ねてどこか行きたいこと、別府に行ったことが無いこと等を考え、別府に決めました。
別府に行ったことが無いことも大きな理由です。

大分空港からレンタカーで別府入り。
地獄めぐりのうち、一番人気の海地獄に立ち寄ってきました。
14


硫黄の臭いが立ち込め、あちこちで湯煙が立ち上り、この絵具で描いたような見事な水色の温泉はとても綺麗でした。
足湯につかり、温泉たまごを食って、美味しいと評判の地獄プリンも食べましたが、それほど美味しいってことでもなかったです(笑)

別府駅前のホテルにチェックインし、ライブ会場のビーコンプラザに向かいました。
57


初日はアリーナ両サイドの壁面にあるギャラリー席の2階。
09

右側サブステージを頭上10mくらいの高さから見下ろす感じ。
ちょっと見ずらいのでオンステージシートを申し込むも落選(泣)
まぁこういう席は他の会場では経験できないので小田さんのつむじが見れていいか(笑)

小じんまりとしたアリーナ会場ですが、何故かスタンド席へ通じる不自然な3mくらいの長さの階段が2箇所作ってありました。
これは小田さんの強い希望で作ったのであろうと予想されます(笑)

以下ネタバレがあるのでご注意ください。

オープニングはアニメではなく、オフコース時代の写真から最近までのスライドショーです。
女性ファンは若き日の小田さんにうっとりするでしょう。

1曲目は新曲「wonderful life」
オープニングに相応しい軽快な曲です。

2曲を歌い終えてMC。
記憶が飛んで内容はよく覚えていませんが、今ツアーのリハーサル中に起こった震災で、一時は開催も危ぶまれたが、「みんなに会いにやってきました」みたいな内容だったような。

3曲目は今回リリースしたオールタイムベストではアレンジを変えて録り直した「眠れぬ夜」
軽快で耳に心地よいリズムです。

4曲目と5曲目に私自身の感動のピークがやってきました。
「秋の気配」「さよなら」共にオールタイムベストのカバーバージョンではなく、オフコースのオリジナルバージョンでした。
「秋の気配」では学生時代に下手なギターをつま弾きながら練習したことが思い出され、「さよなら」はLooking Backバージョンにはない力強さに痺れました。
懐かしさもありますが、イントロのピアノ、間奏のエレキギターのフレーズ、サビの「ズンズン、チャ」のリズム、大ヒットした要因が初めてわかったように思います。
もちろん、小田さんの透き通るボーカルがあってのことですが。

前半はオフコース曲、後半はソロになってからの曲の構成でした。
ご当地紀行は、別府駅前、別府中央公園で幼稚園児と記念撮影、ローカル線の風情がある東別府駅、西寒多(ササムタ)神社、ラクテンチ(遊園地)ではしゃぐ小田さん、田ノ浦ビーチ。

「恋は大騒ぎ」では大きな風船が7つほど投げこまれ、お客さんが突っついて遊びます。
「キラキラ」でついに謎の階段を駆け上がってスタンド席に乱入。
1番の目的はスタンド席左右の最前列にあった車椅子席に向かうことのようです。
小田さんは車椅子のファンひとりひとりに手を差し伸べていました。
2日目はスタンド席中段で、その光景がよく見えましたが、みんなとても嬉しそうで、ちょっと涙が出てきました。
どこの会場でも車椅子席には必ず向かいますが、今回はお子さんが多かったような気がして、いつもとはちょっと違った感じがしました。
あくまでも推測ですが、どこかの施設の人を招待したのかもしれません。

もちろんスタンド席の他のお客さんも騒然となって、大喜びでした。
初日は「キラキラ」だけでなく、「今日もどこかで」でも再度スタンド席に上がってファンの近くまで行っていました。

アンコールは以下のとおりですが、2日目の「夏の終わり」は感動でした。
オフコースバージョンでさらにビックリ。

今回のライブ、今までと異なることは小田さんが楽器を持たずにハンドマイクで歌う曲が多かったこと。
また、「僕の贈り物」などでファンが歌うように仕向け、それを満足げに楽しそうにニコニコ笑ってる小田さんの姿がとても印象的でした。

セットリストはメモしてないのでWEBで検索して調べました。
間違ってるかもしれません。

セットリスト 1日目(2016/5/14)
wonderful life
やさしい雨
眠れぬ夜
秋の気配
さよなら
僕の贈りもの
愛を止めないで
時に愛は
心はなれて
言葉にできない
I LOVE YOU
Yes-No

ご当地紀行

伝えたいことがあるんだ
そんなことより 幸せになろう
恋は大騒ぎ
キラキラ
ラブ・ストーリーは突然に
風と君を待つだけ
たしかなこと
明日
my home town
さよならは言わない
今日も どこかで
風は止んだ
君住む街へ

<アンコール1>
愛になる
ダイジョウブ

<アンコール2>
YES-YES-YES
生まれ来る子供たちのために
また会える日まで(新曲、メンバー全員によるアカペラ)


セットリスト 2日目(2016/5/15)
wonderful life
こころ
眠れぬ夜
秋の気配
さよなら
僕の贈りもの
愛を止めないで
時に愛は
心はなれて
言葉にできない
I LOVE YOU
Yes-No

ご当地紀行

伝えたいことがあるんだ
そんなことより 幸せになろう
恋は大騒ぎ
キラキラ
ラブ・ストーリーは突然に
風と君を待つだけ
たしかなこと
明日
my home town
さよならは 言わない
今日も どこかで
風は止んだ
君住む街へ

<アンコール1>
愛になる
YES-YES-YES
やさしい夜

<アンコール2>
夏の終り
ダイジョウブ

<アンコール3>
また会える日まで (新曲、メンバー全員によるアカペラ)


BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY" 京セラドーム

特にファンではないのですが、4月10日、家内に誘われてBUMP OF CHICKEN のドームライブに行ってきました。

BUMPのチケットは入手困難と聞いていますが、ドーム2daysの規模の大きさでしょうか、ファンクラブで申し込んで取れました。
座席はアリーナB9ブロックと書いてありますが、行ってみるまで、どんな席かわかりません。
BUMPの曲をあまり知らないのでスタンドから見てるほうが気楽なんですけどね(笑)

席に着いてびっくり、ステージ正面の20列目という良席、ドームでは最高ランクに近い席です。
LEDリストバンド「PIXMOB」を右手に付けて、グッズのTシャツと帽子とリストバンドを着用し、熱心なファンを装って着席。(*^^*)
25


FUSIONバンドや小田和正、福山雅治、ゆず、miwaのライブを経験していますが、所謂ロックバンドのコンサートは初めてです。
最新アルバム「Butterflies」は聴いてきましたが、曲名はほとんど覚えていません。

ここからネタバレがありますので、これからBUMPのライブに行かれる方はご注意ください。

中盤を過ぎてメンバーは後方のサブステージに移動。
ここではアコースティックギターやベースに持ち替えました。
曲名はわかりませんが、ここで歌った曲が一番良かったです。
やはり私はアコースティックな曲が好みです。
その後メインステージに戻って演奏しましたが、藤原さんがアコギを持った時の曲も良かったです。

藤原さんが4月12日が誕生日ということで、アンコールではHappy Birthday to Youをみんなで歌ったり、ケーキが出てきて記念撮影したり。
余談ですが、4月12日は息子の誕生日でもあるし、友人、阪神の藤浪、miwaバンドのejiさんと関わり合いのある人の誕生日特異日です(笑)

座席が前のほうだったので、BUMPのロゴを模った花びらがいっぱいとれましたが、何十枚かに1枚このツアーのマークが入った貴重なものがあるとのことですが、それも4枚取れました。
34

さらに銀テープも4色取れて家内は大喜びでした。

BUMPで感心したのはサポートメンバー無しで全て4人で完結するところです。
そこに拘りがあるのでしょうね。
ストリングスやピアノ等を組み込んだら、さらに音楽の幅が広がると思うのですが。

曲名がわからないので、とりあえず某サイトを参照にセトリを書いておきます。

セットリスト(2016/4/10 京セラドーム大阪)
1.Hello,world!
2.パレード
3.K
4.カルマ
5.ファイター
6.宝石になった日
7.流星群
8.大我慢大会
9.孤独の合唱
10.ダンデライオン
11.GO
12.車輪の唄
13.supernova
14.ray
15.虹を待つ人
16.butterfly

アンコール
17.Happy Birthday to You
18.天体観測
19.はじめてのチュウ


管理人からのお願い。
↓Amazonや楽天でお買い物するなら、下のバナー経由でお願いします。↓
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
読書メーター
keiskeさんの読書メーター
Amazonでお買い物なら
楽天でお買い物なら





旅行の予約は




ブログ管理人にメッセージ

非公開でメッセージを送れます。 メルアドを書き込めば管理人からメールへ返信させていただきます。

名前
メール
本文


QRコード
QRコード
Amazonタイムセール
  • ライブドアブログ