今週は週に4回のライブ観覧という超過密ライブウィークですが、「クリスマスの約束」はテレビとは言え、めちゃめちゃ気合を入れて観るので、週5回のライブ観覧とカウントしてもいいかも。
その5回のライブで最も楽しみなのが「クリスマスの約束2012」ですから

さて、その感想を書き留めておきたいと思います。
きっと、録画したのを何度も何度も繰り返し観たり聴いたりすると思います。
何度も聴いていると感じ方も変わってくると思いますが、ここに書くのは放送を生で見ての感想です。

まず、この3年間と違って小田さんが前面に出てきたことが嬉しかったです。
ここ3年は長時間メドレーとかもあったり、ゲストを前面に立てて小田さん自身は裏方さんみたいなって小田さん自身が歌う場面が少なく、正直、ちょっと残念な気がしていましたが、今回はたっぷり聴かせてくれました。

いきなり「やさしい雨」「キラキラ」で盛り上げてくれました。
バンドはツアーでもお馴染みのバンドメンバー、さらに今回はホーン隊3人が加わっていましたが、福山雅治のライブでお馴染みの3人だったので嬉しかったです。
「東京の空」はラストの歌詞「あの頃と同じ」が「君にメリークリスマス」と変えて歌っていました。

そこまではツアーでもDVDでもお馴染みですが、圧巻はここから。
BUMP OF CHICKENの「花の名」をピアノ弾き語りでカバーしました。
名曲ですが、小田さんが歌うとさらに心に沁みてきます。
初期のクリ約では小田さん一人で名曲をカバーすることが多くて楽しみでしたが、最近そういうパターンが無かったので嬉しかったと同時に鳥肌が立ちました。
クリ約名曲集というのを作ったとしたら間違いなく上位にランクされるでしょう。

最初のゲストは委員会メンバー(笑)
委員会バンドっておっしゃっていましたが、この5人によるカバー曲は感動ものでした。
特に「風が吹いている」は「花の名」と共に今回の私のベスト2です。

スキマ大橋君、要さん、小田さんと稀代のボーカリストが3人揃い、普段歌わない水野君は大丈夫かなと思いましたが、そんな心配は無用でした。
普段歌わないのが不思議なくらい上手かったです。
昨年の「魔法の黄色い靴」も上手かったですが、今回はさらに良かったです。
聖恵だけじゃなく水野君も歌えばいきものがかりはもっと幅が広がると思います。
というかソロでも活動できますし。

感動のポイントは彼らの歌唱力の素晴らしさもありますが、とにかく小田さんのコーラスアレンジが素晴らしかったです。
今更ですが、小田さんのコーラスアレンジは神がかりです。
要さんのリードボーカルに「これでもか!」って感じで小田さんがコーラスを被せてる感じも新鮮で面白かった。
しばらくこの2曲のヘビーローテーションになるかも。(#^.^#)

そのあと、JUJU、松たか子とのコラボで3曲カバーしました。
あまり知らない曲だったので、正直に言うと私的にはそれほど感動していません(汗)
でも、何度も聴いてると好きになってくる予感はあります。

次に絢香がゲストで登場し、彼女の「ツヨク想う」と小田さんの「たしかなこと」をコラボ。
絢香も結構好きなんですが、特に目新しくは感じませんでしたが、小田さんが夜のニュース番組をはしごしてはるというのがサプライズでした。
私もその傾向が強いので親近感が湧きます(笑)

ラストの5曲は地味な選曲ですが、小田さんから東北の被災者へメッセージが込められていると感じました。
こんな歌を届けたいという想いが込められていると思います。
財津さんの「夕陽を追いかけて」も鳥肌ものでしたね。

12回目の「クリスマスの約束」、これで干支が一巡しました(笑)
既に日本の音楽史に残る音楽番組となっていますが、さらに歴史を刻んでいってほしいと思います。


「クリスマスの約束2012」セットリスト(TBS系列 2012年12月25日23時50分〜OA)

小田和正
1.やさしい雨
2.キラキラ
3.東京の空(クリスマスバージョン)
4.花の名(BUMP OF CHICKENのカバー)

委員会バンド(小田和正、スキマスイッチ、水野良樹、根本要)
5.風が吹いている(いきものがかりのカバー)
6.らいおんハート(SMAPのカバー)

小田和正&JUJU&松たか子
7.夏祭り(ジッタリンジンのカバー)
8.夏に恋する女たち(大貫妙子のカバー)
9.エイリアンズ(キリンジのカバー)

小田和正&絢香
10.ツヨク想う
11.たしかなこと

小田和正
12.夕陽を追いかけて(チューリップのカバー)
13.明日
14.その日が来るまで

小田和正&JUJU&松たか子
15.OVER THE RAINBOW(映画『オズの魔法使』より)

小田和正
16.君のこと