儲かる騎手調教師を軸に三連単二頭軸で勝負しています
常に【当たる】馬ではなく【儲かる】馬を狙います
三連単10万馬券以上を狙える時は必ず狙い
獲っても美味しくない馬券は極力排除します

感想、意見、その他連絡はメッセージ/コメントからお願いします
なお広告等ビジネス関係のものはメッセージでお願いします
コメントに書かれていた場合は読まずに即削除させて頂きます
コメントはコメント欄が荒れるのを防ぐ為
即時公開ではなく私が読んだ後
不適切なコメント以外は適宜公開させて頂いています
1日に予想公開時しかブログチェックしていない日もありますので
コメントが公開されていなくても気長にお待ちいただければと思います

詳細なデータ分析の仕方や特選準特選を導き出すデータなど
一生競馬で勝つためのコツがわかるブログを別に開設しています

メインレース/勝負レース予想は当日朝9時このブログで公開!
その他の予想は当日朝9時にメルマガで公開
http://www.mag2.com/m/0001676726.html

90%以上の人が競馬の本当の儲け方を知らない
http://keishitansho.blog.fc2.com/

2016年11月

ここまでメルマガやブログ、kindle本などを使って
様々な競馬のアレコレを解説してきました

Kindle本の中級編をもって
競馬の基礎をほぼ100%解説し終えたと自分では思っています

ただ必要最低限に留めた為
分かりづらい事、聞きたい事など
様々出てきたかもしれません

そこでlineを再開しまして
個別やグループで競馬の基礎や
馬券の購入方法について質問を受け付けます

(個別グループどちらでも構いません)

LineIDはkeishi888
こちらから登録出来ます
(注意事項)
私はKindleでlineを使用している為
通話機能は使えません
ご了承ください

友だち登録をしていただいた方には
もれなく「恵史888の競馬相談室」というグループへ招待します

「競馬で儲けたい」方用のグループになりますので
是非活用してください

競馬で儲けられていない人の一番の欠点は
「競馬で儲けている人の事をよく知らない」事と
「競馬で儲ける意志のある(儲けている)仲間が居ない」事です


「競馬で儲けている人の事を知らない」事は
自分が儲ける為にどうすれば良いか分からない事に繋がり

(ちなみに「この指数を使えば良い」というのは
儲けられるものもありますが
根本的な解決にはなっていません
「何故その指数が良いのか」の理由に答えられる物であるべきです)

「競馬で儲ける意志のある(儲けている)仲間が居ない」事は
競馬で儲けるという事を継続する力が薄れてしまう事にあります

競馬で儲けたいという時に
一人で挑むと心が折れる時が何度も訪れます

そういう時に同じ志を持つ仲間が居ると
気持ちが共有出来て また立ち上がる糧になります

そういう競馬で儲ける仲間を作る為に
今回のグループを立ち上げました

ですから周りに競馬で儲けたい友人などが居れば
このグループにどんどん誘ってください

どこかの競馬場やウインズに集まる話を出して頂いてもいいですし
競馬以外の事を話して頂いても構いません

そしてlineではタイムラインで重賞予想も発表していきます
これは「単勝2点予想」とは根本的に違う予想方法で
予想していきます
(単勝2点予想は1着だと美味しい馬を2頭選択
重賞予想は馬券圏内だと美味しい馬を数頭印も合わせて選択)

勿論被る事も結構ありますが
データを様々使いますので
単勝2点で推奨したものが
重賞予想では無印という事もあります

本日の大井競馬 勝島王冠からスタート予定(18時より前に配信予定)です
是非ご利用ください

今まで話してこなかった私の予想の核の部分です

私の競馬の儲け方の基本的な考え方は
この本に書かれている事と似通っています



データ競馬が今のトレンドになったのは
間違いなくこの方の影響でしょう

数年で1億以上稼げていたのですから恐れ入ります

「40以上の要素を組み合わせて稼ぐ」という話も出てくるのですが
これは並大抵の努力では無理な話です


ただ一般の私達のような人には
どうやってやっているかは記載されていても
じゃあ自分達はどうすればいいのかに繋がらないという事は
意外とよくあります

私のブログやKindle本ではそこの道筋を
丁寧に説明していくのが使命だと考えています

競馬にあまり馴染みの無いのソフト(excelなど)を使うか
高額な競馬関連ソフトを使うしか
このデータ競馬というのは完成しません
(私はexcelを推奨しています)

最後は私自身の話になってしまいましたが
この本は競馬で儲けたいのであれば必読本であると思います

本当に大きく儲けている人の考え方を吸収するのは
自分自身が儲ける為にはほぼ必須です

ただ如何せん高度な競馬の話になりますので
ゆっくり理解していく事をおすすめします

前編の続きです

2.お金を損する人ほどどうでもいい話に執着しすぎる


極端に言うと紅白歌合戦は私達の生活には
ほぼ影響の無い話ですよね?

娯楽としては影響しますが
娯楽は無くても困らないものです

そういう話に執着しすぎるのは
あまり得策ではありません

ストレス発散にネットに書き込んでいたとしても
それを連日続けてやっているのなら
もはやそれは意味の無い事になっていることが
非常に多いのです


競馬でもどうでもいい事に執着しすぎると
痛い目に遭います

例えば「この騎手この間結婚したから今週はこの騎手を買おう」というのは
結婚した直後なら有効な手段になり得ますが
それを続けてしまうと損しかしないパターンが多いです

それと同じく前の週 上手くいったからといって
分析もせずに今週も使おうというのは
損しかしないパターンが多いです

確固たる証拠が無い限り
やるべきではありません

逆に言うと確固たる証拠があれば
思う存分執着してください

証拠があるのに執着しないのは
ハッキリ言うと「根性なし」としか言えません


以上です
競馬の儲け方はいろいろな場所に転がっています
それを見逃さないようにすると
競馬以外でも稼げるようになると思います

儲けのアンテナを高くしておきましょう

今回は変わった話題です
ちょっとだけ堅い話をしますので
ご理解ください

実は私はこういう所からも
競馬の儲け方を生み出しているという
お試し企画です

反応次第でメルマガやブログで
今後も公開しようと思います

紅白歌合戦 出場者が発表されましたね
その中で話題になっているのが
「ベテラン勢の不選出」

特に和田アキ子さんの不選出には
芸能界から様々な意見が噴出しています

私はこの話題から2つ考えが浮かびました


1.世代間の考え方

敢えて私がどこの世代に属するかは言いません
フラットな目でこの先の話を見ていただきたいのです

今の日本はかなり各世代ごとに考え方が異なっていることに
皆さんはお気づきでしょうか?

上の世代に行くほど「終身雇用」の考え方が色濃く残り
更に「上の世代を敬う上下関係」の文化が色濃く残っていて
上の世代の力で地位を上げていく考え方が主流です

ということはその人の親や家系などで
相手を判断している人が多いという事です

政治家の世襲などが出来た理由はこの考え方があった為です

芸能界はこの文化が特に濃い為
俗に言うファミリーや親しい後輩などが
一斉に擁護に回る事が多くあります

一方下の世代 特に「ゆとり世代」と呼ばれる世代は
「みんな違ってみんな良い」をモットーに
上の世代であっても対等に見ている人が多くいます

ということはその人の実力/実績で
その人を判断しているという事です

新卒で入った仕事をすぐに辞めてしまう人が増えているのは
同じ平社員なら対等であるという認識と
その対等と思っている上の世代からのダメ出しに
耐えきれないという2つの要因からでしょう

「打たれ弱い」のではなく「ナメられている」という事です
この考え方に気づいていない上の世代が多く居たりします


ネット上というのはこの「ゆとり世代」が
多くの割合を占めます

という事はネット上で「ベテラン勢の不選出」が
歓迎されているのはこの考え方があるからです
「今年実績を上げている人こそが選ばれるべき」という事です

つまり下の世代は「古き良き時代」というのは
知ったこっちゃないという事になります
「今実績を上げている人こそが偉い」のです

この考え方の差は生まれた時代の環境の差なので
埋まる事はないでしょう

つまり上の世代ほど「過程」(育ってきた環境や過去の栄光等)を重要視し
下の世代ほど「結果」(今現在の力)を重要視している事になります

ゆとり世代の面白い所は
「競争」という考えを排除しようと国が動いた事が
逆に「競争主義」を生んでしまった所にあります

過去どんなに偉かったり凄くても
今そうでなければ尊敬するに値しないと考えるという事です


ここから何が分かるか?

下の世代がどんどん流入している現在の競馬は
血統などを勘案した「ロマン派」よりも
戦績などを勘案した「リアル派」の人数の方が増えているという事です

「親がこんなに素晴らしかったから
子も素晴らしいだろう」と考える人が減っている事になります

よってよりシビアな予想が求められます
それはそうです
「ロマン派」というのはその子供がいくら弱くても
一定の期間はその馬の馬券を買い続けるので
外れ馬券を掴み続けて美味しい当たり馬券が出来ていたのです

この話題の面白い所は
平日開催の多い地方競馬では
下の世代は仕事に没頭してやる暇がない為
JRAより流入が少ない点にあります

という事は地方競馬の方が「リアル派」が少ない事になります

「リアル派」でデータ分析などをして
競馬をやるのであればロマン派の多い
地方競馬の方が儲けやすいという事です


長くなったので2は後編で

今回はまだKindle本を全く書いていない状態で
ブログを書いています
(構想は完成済みですが先に騎手編の分析内容を
Kindle本で公開しています)

(この本の内容は予想で使っている分析とは違い
単純に騎手の偏差値を求めています)




これがどう分析しているかを
分かってしまう人が居れば
この先の本はほぼ必要ありません

逆に言うとどう分析しているか
全く分からない場合は
この先の本を読んで
儲かる分析を吸収して頂きたいと思います


何故Kindle本を書いていない状態で
この記事を書いているかというと
ここから先は少し予備知識が欲しい話になる為です

予備知識を先に頭に入れておいてもらう必要があり
更に初級中級(出来れば勝てる競馬も)の内容を
頭に入れておいてもらう必要がある為
時間を置きます


競馬で常に稼げている人は
競馬を分析しています

それは本能的に「こういう馬は賭けない方が良い/賭けた方が良い」と
考えている人も居れば

パソコン等を駆使して「こういう馬に賭けてはいけない/賭けるべき」と
判断している人も居ます

ただ本能的に出来ていてなおかつ稼げているのは結局の所
プロギャンブラーと呼ばれる一握りの人のみです

私が提案するのは「パソコンで分析して儲ける」やり方です

しかし実はパソコンで分析するのは
そんなに難しくない事であるというのは
あまり知られていません
難しく考えすぎているだけです


ここでこのブログを見てくださる皆さんは
サブブログのタイトルに違和感を持った事はありませんか?

実はexcelというソフトは
パソコンに詳しくない人は勿論詳しい人にとっても
分析に最適なソフトで大活躍します

JRAのTargetというソフトも
使えはするのですが
致命的な欠点があるのです

上級編では「競馬を分析で儲ける」事を軸に
どうすれば皆さん自身が本当に儲ける事が出来るのか
その核心に迫ります

基礎的な分析方法を前編で説明し
後編では数学的な話も交えて詳しく解説していきます

前編の内容だけでも分析は可能だと思います
そしてそれだけで儲ける事も可能だと思います

しかし大きく儲けたい方は
数学的な話も少し知っておくと
excelで自分が何を求めているのか
分かると思います

なお初級編/中級編で競馬をやる上で考えておかなければいけない事は
9割以上説明を終えています

上級編ではほとんどそういう話もないので
中級編よりコンパクトな本になります
短いですが非常に濃い内容となるので
よろしくお願いします

↑このページのトップヘ