儲かる騎手調教師を軸に三連単二頭軸で勝負しています
常に【当たる】馬ではなく【儲かる】馬を狙います
三連単10万馬券以上を狙える時は必ず狙い
獲っても美味しくない馬券は極力排除します

感想、意見、その他連絡はメッセージ/コメントからお願いします
なお広告等ビジネス関係のものはメッセージでお願いします
コメントに書かれていた場合は読まずに即削除させて頂きます
コメントはコメント欄が荒れるのを防ぐ為
即時公開ではなく私が読んだ後
不適切なコメント以外は適宜公開させて頂いています
1日に予想公開時しかブログチェックしていない日もありますので
コメントが公開されていなくても気長にお待ちいただければと思います

詳細なデータ分析の仕方や特選準特選を導き出すデータなど
一生競馬で勝つためのコツがわかるブログを別に開設しています

メインレース/勝負レース予想は当日朝9時このブログで公開!
その他の予想は当日朝9時にメルマガで公開
http://www.mag2.com/m/0001676726.html

90%以上の人が競馬の本当の儲け方を知らない
http://keishitansho.blog.fc2.com/

2017年01月

今回は前回の②
「競馬を深く調べる事が出来る」について

実はこれ自体は無料で調べられる項目もたくさんあります
例えば「リーディング」
これは無料サイトで調べればすぐに出ます
大事なお金を賭けるのに月1回しか勝たない騎手に
賭けるのはかなり勇気のいる事だと思いますが
多くの人はそこを気にせずに賭けてしまいます

更に「エージェント」
最近はJRAのホームページで最新のエージェントが
常に公表されるようになりました

これを知っているか知らないかで馬券の収支が
大きく違ってきます

例えば先週のデムーロJ
1倍台で勝利した
「ジュンヴァルカン」と「オウケンワールド」
この2頭はいずれも同じエージェントの川田Jが
そもそも騎乗経験のある馬

逆にデムーロJから川田Jへの乗り代わりは
ほとんどありません

これは後から入ってきたデムーロJ(昨年秋頃に変更) より
川田Jの方を優先して騎乗馬を与えている可能性があります

同じエージェントの騎手を注意深く見ていくと
エージェントの考え方を垣間見る時があります

ただ毎週そんなの注意深く見るのはしんどい
という人に「target」というソフトは存在します

PCで見たいテーマを入力すれば
しっかり答えを出してくれますので
便利なソフトなのです

現代では競馬で儲けている人の2/3以上が
一度はこのソフトに触れて検索等をしているのでは
ないでしょうか?

なお「target」でエージェント関係を調べるのは
エージェントが同じ騎手を知っていなければ
かなり無理があります

ですから無料で手に入れられる情報は
頭に入れてからデータを検索することをおすすめします


なお現在では競馬新聞(レープロも含む)で
競馬に挑むというのは無謀に近いです
竹槍で戦闘機に挑むようなものです

毎日競馬について数時間考えられて
全レースの動画を5回以上注意深く見られるような
人でないと競馬新聞で勝つ事は不可能です

それほどオッズが辛いのが現在の競馬です

ですから「target」等の競馬ソフトや
「JRDV」等の競馬データサイトに月数千円払って
詳細なデータを入手した上で
当日の情報を得るために競馬新聞を活用している

といった「競馬の勝ち組」が結構います


例外はタレントのじゃいさんのような
「ギャンブルの本質」が分かっている人でしょう

それでなければ
大きく儲ける為に小さな出費はいとわない姿勢が大切です
10万円儲けたいのに5千円しか出費しないのでは
それだけ儲ける事は不可能です
 
今回は以上です 

根岸S


人脈・関係者理論ランキングへ
○ベストウォーリア
▲ニシケンモノノフ
☆コーリンベリー
△ノボバカラ
△キングズガード
△エイシンバッケン
△タールタン


シルクロードS

人脈・関係者理論ランキングへ
○ネロ
▲セカンドテーブル
☆ダンスディレクター
△ラインスピリット
△アースソニック
△ソルヴェイグ
△ダイシンサンダー


両レースとも○が中心のレースになると思われます
実は今回触れたい馬は2レースで1頭のみ

それが根岸Sの◎
この馬にとってこのレースが今後を大きく左右するレース
今後もこの路線で絡んでいきたいのならば
このレースは掲示板以内を求められるでしょう

馬券は◎○の三連単二頭軸マルチ(各36点)を推奨します

(重賞ではない為 予想のみの公開です)

クロッカスS

人脈・関係者理論ランキングへ
(東京10)
○トリリオネア
▲タイムトリップ
☆アドマイヤシナイ
△ワールドフォーラブ
△スカルバン
△ワイナルダム


白富士S

人脈・関係者理論ランキングへ
(11)
○カムフィー
▲マイネルラフレシア
☆プロフェット
△ケツァルテナンゴ
△フェスティヴイェル
△ロンギングダンサー


馬券は◎○の三連単二頭軸マルチ(各30点)を推奨します


人脈・関係者理論ランキングへ
○ホワイトフーガ
▲タマノブリュネット
☆トーセンセラヴィ
△マイティティー
△ワンミリオンス
△リンダリンダ
穴ディアマルコ


このレースは○ホワイトフーガを軸に回る事は
99%間違いないでしょう
しかしこの馬何故か右回りで取りこぼしが多く
単勝1倍台ではあまり買いたくありません

注目馬は3頭
◎は騎手に左右される馬
現在好調の田辺Jとは前走もコンビを組んで好走
ここは買いでしょう

▲は何と言っても3走前
○を破る快挙を成し遂げています
ここでもう一発来る可能性はあります

そして最大の注目は 穴 ディアマルコ
昨年9月のレディスプレリュードでは着順こそ振るわなかったものの
2走前には中央1000万の勝利経験のあるサトノキングリーに先着するなど
今ついている600倍台のオッズに見合わない活躍はしています
数十倍なら買いませんが単勝万馬券なら
一発狙う価値はあると感じています


馬券としては◎○の三連単二頭軸マルチ(36点)を推奨しますが
①ディアマルコは複勝だけでマルチの紐からは外してもいいかもしれません
②○が1着の馬券は的中確率は高いですがオッズが確実に付かず
トリガミ確定に近いと感じます
○1着の馬券を削るのも一発当てたいのならアリです

以上です

今日のニュースで降級制度について
このブログの降級制度に関する記事にアクセスが集まっています

前回の記事はこちらから


そこで「競馬界衰退の危機」とまで表現した筆者が
何故この降級制度の廃止が進められようとしているのか
自分なりの考えを出したいと思います

そもそも降級制度とは基本的に
「上級クラスで頭打ちになってしまった馬の救済」
が主な目的です

収得賞金を半分にして
下のクラスで走れるようになる制度ですから
馬の寿命を伸ばす制度と言って過言ではありません


この降級の利点は
馬主さんが利益を得られる事でしょう
一度頭打ちになってしまうとその馬に関しては
赤字になってしまうのが問題です

その為に降級制度で再びお金を稼ぎ出す存在になる事は
馬主さんにとって助かるのです

更にもう1つ 降級制度がある事で
レースがある程度公正に行われやすくなります

これが実は一番の大問題です
降級制度があれば基本的に4歳の3月から5月に掛けて
陣営はとにかくレースを勝たそうとします

それは勝って同条件で再び走れるから
馬券のプロの方の中には制度のこの利点を考えて
儲けている人が居ます

ただこれが無くなると
勝ってしまうと稼げなくなる馬が頻発する
異常事態を生みます

現在でも高齢馬の中にこういう馬が少なくない数で
含まれている事を否定しません

しかし降級制度が無くなれば
こういう馬が若い段階から増える事になります

そして最後に
レースに出走させやすくなります

これは全ての馬主さんにとっての利点でしょう
現在は特に1000万以下や1600万以下で大量の馬が
抽選の結果除外されています

それは500万以下の馬が圧倒的に多い事で
500万以下条件のレースを増やさなければならないが故に
1000万以下と1600万以下が少ないという事もそうですし

降級によって頭打ちになった馬の中には
降級しても好走出来ない馬が多数含まれていて
そういう馬に出走枠を長い間消費してしまっている現実があり

また凡走を繰り返している馬でも
「降級すれば再び好走するだろう」という淡い期待が
馬をとりあえず4歳の6月以降までJRAに残しておこうという
意志となりそういう馬も出走枠を消費してしまっています


そういう好走出来ない馬を減らすためには
「降級制度の廃止」は役に立ちます

このクラスでは無理であると分かれば
直ぐに引退させるか地方競馬に回すかすれば
馬主さんの損失も小さいものになりますし
JRA側は1000万以下1600万以下のレースを増やせますし
地方競馬側もレベルの高い馬が若い頃から
長い間活躍してくれる事が期待出来ますし

特に地方競馬は本来年を取ればオープンクラスでも好走出来るレベルの
大器晩成型の馬を獲得出来る可能性が増えます

いろいろな人がWINである廃止ではあります


ただこの制度に難点がある事も事実
それが今回の引き金でしょう

それは①余計な回り道をしなければならない
②安田記念他重賞の存在


①に関してはそのままです
突き抜けて強い訳ではないが
ダービーで好走するような馬が
1000万以下や1600万以下で再び走る事をする可能性がある制度です

②については賞金が半分になった次の週に
春のマイル王決定戦であるG1安田記念があります

つまり4歳で安田記念に出たければ
5歳以上に比べて賞金をかき集める為に
安田記念より前のレースに出続けなければなりません

宝塚記念はファン投票なので大丈夫ですが
安田記念はかなり難しい存在になってしまうのです


ただ以上を見て分かる通り この難点は
社台グループ含む有力馬主にありがちな難点

その他の馬主さんには利点の方が大きい事が
見て分かると思います

ただ世の常として力を持つ人の意見が通りやすい事が多く
このまま降級制度廃止へと突き進むでしょう

そうなった時 趣味でやっている馬主さんも含め
細々とやってきた馬主さん達がどういう反応を見せるのか
かなり注目です


P.S.社台グループは馬の生産もやっていますから
前回書いたように全体的な馬の価格が下がる可能性の高い
この施策を通すメリットが低いように感じています

大量の駄馬よりも一握りの有力馬を優先する
この施策で衰退に向かわなければいいのですが

↑このページのトップヘ