2008年01月09日

謹賀新年5

あけましておめでとうございます。

こちらの日記はほとんど書いていません。
忙しすぎて・・・という言い訳もありますが、
それよりも発信することに対して面倒くささを感じているのかもしれません。

さて、実は今年の秋に結婚することになりました。

一番最初の会社を辞めて独立するときに、彼女に
「独立して成功しようが、失敗しようが、3年後にプロポーズをします」
と言って、独立しました。

その約束が2007年に実行することができて、
遂に今年結婚することになりました。

借金を重ねて、ぼろぼろになっててもついてきてくれた彼女ですので、
逆に言えば彼女以外の人とは結婚できないんでしょうね。

そんな人に出会えたことに幸せです。


今年、2008年はそういう意味で、私の冬の時代(我慢)が多少は解消されて
きたのかもしれません。

そして、企業人としてもリーダーとして、色々とありましたが、
本当に部下に恵まれたと思っています。

感謝感激ですね。

もちろん、28歳という年齢で部下がいることは傲慢というか、
舐めてるというか、謙虚にみんなから学びたいなと思っています。

さて、いよいよ1人の人生だけじゃなくなってきそうな今年。
頑張るといいますか、覚悟を改めてしたいと思います。


私達は幸せになります(笑)


バカっぽいな、何か。


仕事も結婚もそして、自分自身においても今年の目標をここに。

1.結婚式を最高のものにする。
2.仕事で●●●(まぁ、仕事ですから)
3.英語の勉強、新婚旅行で困らない英語力を
4.本を200冊読む(乱読ですが)
5.笑いの絶えない雰囲気を常につくる。(仕事も遊びも恋愛も)

よし、今年もやるべ。





keisuke6143 at 01:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!日記だ 

2007年04月04日

ライフワーク


「あなたのライフワークは何ですか?」

この質問にあなたはどのように答えますか?


ライフワーク(Life work)・・・一生を賭けてやる仕事、人生の仕事、などの意味。

「Work」という言葉には「仕事」以外にも「作品」という意味もあるので、人生を賭けて作る「自分の作品」みたいな意味もライフワークの中にはあるのでしょう。


さて、あなたのライフワークは何?







当然、この問いに答えなんかありません。人それぞれですから。
ふと、昔にこの質問を海外で言われて思い出したのでここに記します。

ちなみに私のライフワークは
「思い出作り」
です。
そして、偉そうに言えば
「自分の人間性を高めること」
です。

自分のライフワークはこの一言につきます。

思い出作りをやっていくことで、「人間性を高めていきたい」と思ってます。

長い人生、まだ私なんて27年しか生きていないので偉そうなことは語れませんが、仕事に忙殺されて、それでも自分自身を振り返ると、本当に「思い出作り」ばかりやってる気がします。

別にここで哲学的なことや真面目なことを言う気はありません。
ただ、最近仕事にしろ、遊びにしろ、どうもそれぞれが生きていることに対して、
「言ってることとやってることが別々やなぁ」
と感じることが多いわけです。

たとえば、仕事を一生懸命やる。
それはそれで素晴らしいことです。
でも、そんな人に限って
「いや、仕事はしかたないもんですから。やらないと怒られるし。」
みたいな言い方をします。

「え?じゃあ、仕事おもしろくないでしょ?」
って私が聞くと
「そりゃ、そうですよ。早く辞めたいですよ。」
って答えが返ってくる。

「だったら、辞めりゃいいじゃん。」
って私は思うわけで、まぁ、それを言っちゃうと身も蓋もないので、さすがに言いませんが、これって矛盾してますよね。

「人間は矛盾している動物である」

なんてカッコつける気はありません。

単に不思議に思うだけです。

で、よくよく分析してみると
「自分の核となる生き方を持っていないから」
ってのが理由みたいですね。

たいてい、
「やりたいことは何?」とか「夢は何?」みたいなベタな質問をしたら、
「今、探し中です」とか「特にありません」って答えが返ってきます。

夢は叶うはずもないし、現実的に考えてみても厳しいだろうし、そこまでリスクを背負ってまで夢を叶えたくない。
やりたいことといっても、ネットやテレビで見る限り、ちょっとやったら飽きるだろうなぁと思うし。

ま、だいたい言い訳的にはそんなところでしょうか。
実際、そうだと思います。
夢を追いかけるには勇気がいる。やりたいことをやれば時間がかかるし、お金もかかる。さらに疲れてどうせ飽きる。みんなバラバラだから、とりあえず携帯は手放せない。

非常に夢が見にくい時代ですし、何かに浮かれるという気持ちも持ちにくい時代だと思います。

ですので、
「あなたの夢は何ですか?」
という質問には最近非常に空しさを感じます。

この質問に真剣に、そして情熱を持って答えられる人はとっても素敵だと思いますが、残念ながら少ないと思います。

団塊の世代の人たちは、夢が持てた時代だったと思います。
テレビもねぇ、電話もねぇ、車もねぇ、クーラーもねぇ。
ないない尽くしで、それを手に入れるのが夢だったわけですから。

今は全部ある。

この豊かさが、逆に夢を持ちにくい時代を作っているんだと思います。

話が脱線しました。


さて、
「あなたの夢は何ですか?」
という質問に代わって、私が聞いてみたいのが冒頭の質問です。

「あなたのライフワークは何ですか?」

一生をかけてやる仕事。

これは中々見つからないと思います。
今の仕事?

それは定年があるでしょう。
定年になれば辞めざるをえないですよね。

そうじゃない。
そうじゃなくて、本当に死ぬまでやれるからライフワークなんです。
そして、そのライフワークは単に営業とか企画、エンジニアみたいな職種なんかではありません。それらはあくまで10年単位の話であって、一生営業マンってのもおかしな話です。

営業という仕事を通じて、ライフワークとして何をしていくのか。
メーカーという業種にいて、ライフワークとして何を追及するのか。

そういうことです。

もっと大きなものだと思います、ライフワークって。

カナダで出会ったおっさんが言ってました。

「オレのライフワークは、人を喜ばせること。だから今はオレは先生という仕事をして、お前らを教えている」と。

ということは、仕事は何でもいいんです、彼にとって。
だって、彼にとって先生という仕事は手段であって、目的ではないんです。
目的はあくまで「人を喜ばすこと」なんですから。


こういう考え方ができると、これって強いですね。
自分のライフワークに沿った形で仕事をすればいいんです。
いや、仕事はしなくてもいいかもしれないですし。

私のライフワークが思い出作りであり、人間性を高めることというのは、
もう何でもいいんです、ほんと(笑)

ガキの頃から空手をやったり、サッカーをやったり、ヤンキーをやったり、警察に捕まってみたり、ナンパしまくってたり、野球やったり、本を読みまくったり、海外一人旅をやりまくったり、バイトやりまくったり、勉強しまくったり、仕事しまくったり、社長やったり、作家になってみたり、ベンチャー企業に入ってみたり、などなど、全ては1つなんです。

思い出作り

それだけなんです。
だから、テンションが高く保てるし、思い出作りをしているうちに、嫌な思い出もたくさんできました。二度としたくない思い出もあります。

でもね、最終的には「人間性を高めること」ですから、様々な経験ってのは、絶対役立つんですよ。まだ20代で取り返しがつくって信じてますから。

そういう考え方をしているから、少々のことで凹まないんですよ、私。

「嫌だなぁ」

って思うことはしょっちゅうですけど、自分の中に核となる考え方があるから、それがぶれることなく、結構普通に受け止められます。


最近、そういう核といいますか、芯のない人が増えたのかなと思います。
自分の中で消化し切れていない人が多いですね。

おそらく、そういった核となる考え方がないからなんでしょうね。
もったいないなと思います。

その核となる考え方に対して、ウソをついたり見栄を張ったりすることが、
「自分を偽る」
ということだと思います。

逆に
「自分を信じる」
ということは、その自分の核となる生き方を肯定してあげて、その通りにやることです。結構、単純です。ってか、めちゃくちゃ単純です。

50代以上の人は、その核が
「もっと豊かな暮らしがしたい」
ってことなんですよ、単純じゃないですか。
まぁ、豊かな暮らしって所に核を置いちゃうと、豊かになった瞬間に何をするか戸惑うだろうし、それはそれで非常に寂しい話ですが。




もう一度聞きます。




「あなたのライフワークは何ですか?」






答えられなかった人は、ゆっくりと考えてみてください。

長いようで短い人生です。

素敵な作品を残したいものですね。


keisuke6143 at 02:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月01日

ありがとうっていい言葉だ。5

最近、忙しいですが結構仕事が楽しいです。
とっても単純な事です。

「お客さんに『ありがとう!』と言われる事がうれしい」からです。

果たして、こう思える人がどれだけいるでしょう?
というか、心の底からそう思えていますか?

別にカッコの中にある「お客さんに」って取ってもらってもいいです。

「ありがとう」って言われることをうれしがれますか?

ちなみに、私はめちゃくちゃうれしいです。単純ですが。

「世の中にある『ありがとう』を集められるだけ集めたい」

ワタミの渡邊美樹社長の言葉です。

私も同じ気持ちです。
彼女に、家族に、友達に、同僚に、お客さんに、通りすがりの人に「ありがとう」って言われていますか?

幼児期に「ありがとう」という感謝の気持ちを言う、言われるという関係性をきっちりと築けていない人は、大人になっても感謝する、される関係にならないと言われています。

英語で言うと「Thank you」ですが、アメリカ人はやたらめったら使います。
ガキの頃から母親にうるさく言われるそうです。

「感謝しろ」と。

これってすごくいいことだと思います。

そして、「感謝」は人から人へ派生するものです。
「ありがとう」という言葉を言われて怒る人はいません。
「ありがとう」という言葉に対して、「こちらこそありがとうね」と返せる人は素敵だと思います。私はそんな人になりたいと思います。

ここまで書いて、別に宗教的な要素とかは一切考えてないのであしからず(笑)

さて話を戻して・・・

営業をやってると、どうしても
「契約が取れない」
「客がわかってくれない」
「ノルマが達成できない」
という状況が必ずあります。数字としてはっきりと出るから、プレッシャーは非常に大きい。しかも怒られるというオマケつき。

こういう状況、はっきり言って嫌ですよね。
私ももちろん嫌です。大嫌いです(笑)

じゃあ、どうするのよ?
ってなるのが人間の性。何とかしなくちゃなんない。

方法として考えられるのは、
・会社を辞める(転職先があるのか?給料下がるよ)
・営業職から離れる(人事権は上司が持ってるから自己解決は難しい)
・出社拒否(んー、クビになるじゃん・・・)
・ひたすら頑張る(超抽象的じゃん。。。)
・その他色々

ま、もがき苦しむわけですな、営業って。
これは営業に限らずどんな仕事でもあると思います。
そして、仕事だけじゃなくて私生活でもいっぱいあると思います。

私からは一言。

「考え方を変えろ」

とだけ言います。
それが、初めに書いたことです。

お客さんに「ありがとう」と言われるようにせぃ。

営業マンが土下座して「お願いします!」って言っても感謝されないよ。
同情されるだけ。もしくは馬鹿にされるだけ。

これってかっこ悪いねぇ。
プライドが許さん。土下座は本当の謝罪の時にしか使ってはいけません。
男の土下座をそんな安売りしないでほしいですね。


「『ありがとう』を集めるだぁ?言われるだぁ?そんな悠長な事をしてたらノルマに追いつくかぃな。甘い、甘い、そんなもん感謝されて、はい終わりじゃねーか!」

ま、そんな意見が出ますわな。

そう思った人、甘い。そのほうが甘い。
自分の周りにいる人に感謝される人間になるということがどれほど大事かをわかっていない。

これがどれほど難しいか、一発でわかる方法があります。

「私に新しいお客さんを紹介してください」

って自分のお客さんに聞いてみな。
これを言える相手がいて、そして紹介してもらえるかどうか試せばわかる。

これがゼロだったら、残念ながらノルマを追いかけるだけの営業はしないほうがいい。お客さんに失礼だ。いくら成績が良くても必ず落とし穴にはまる。

ちなみに私がいわゆる「飛び込み営業」とか「新規営業」をやっていた時は、お客さんからの紹介でノルマの6割は達成してました。そして、私のお客さんは全ていまだに私が薦めた商品やサービスを使い続けて解約はしていません。

と、自慢がしたいわけじゃないのであしからず。


言いたいことは、単純明快。

「ありがとう」って言ってますか?言われてますか?

ってこと。これだけ。

営業で悩んでる奴、人間関係で悩んでる奴、恋人と悩んでる奴、いっぱいいるんだろうけど、絶対的に「ありがとう」が足りないし、「ありがとう」に心がこもってない。適当に言ってる奴がほとんど。それじゃあ、友達もできんわ。そんな奴と友達になりたくないもんね。

人間って単純な生き物よ。

一言でいい。最初は恥ずかしいと思うかもしれない。
でも、その一言で救われる人もいる。逆にその一言がないばかりに敵になる人もいる。言葉は大事だ。ペンは剣より強し。肝に銘じなさい。

目の前の人に感謝して、そして感謝されるってことを繰り返すこと。

営業だったら、お客さんに感謝されて、会社に感謝させなさい。
恋人だったら、彼女に感謝されて、自分も感謝しなさい。

それができると、笑顔が自然と出てきて周りも笑顔になる。
みんなが笑顔だから、もっと笑顔を増やそうとしていい仕事ができる。

そういう空気を作りなさい。
そういう人間になりなさい。
私はいつもそういう人間になるために生きています。




いやー、長文になったなぁ。

最後なんて宗教的だなぁ。まずいなぁ(笑)


とか言いながら、こういうブログというサービスにも感謝ですよ。
私自身の考えとかエゴとか吐き出せるし(笑)

まぁ、ほんと「ありがとう」って言葉を大事に。

これを偶然でも見てくれた人に感謝。
ありがとうございます。

また本でも書いて、ありがとうって言われたいなぁ〜(笑)
というか、本が書けたことって本当に幸せなことですね。

いやいや、全てありがたいことです、ほんと。

それでは。



keisuke6143 at 00:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月15日

訃報1

本日、会社の同僚が交通事故で亡くなりました。

今の会社に入社した時に同期で、同じ新規事業を立ち上げる部署に配属された男です。年は私より上でしたが、同期かつ同じ部署、しかもゼロから立ち上げる事業に営業として入社するという点で、非常に共通点が多かった男でした。

現在、私は違う部署に異動になってしまい、仕事そのもので絡む事は少なかったのですが、それでも会えば話をするし、2人で飲んだことも数知れずあります。

そんな男が交通事故で一瞬のうちに世を去りました。

悲しいとか、悔しいとか、もちろん様々な感情はあります。
ですが、それよりも実感が湧かないというのが正直な感想です。

人生をこのような形で終わった彼に、どのような言葉が似合うのかはわかりません。
ただ、1つ言える事は、人生はわからないということです。

昨日までまったく変わりがなかったのに、まるで消えたかのようにこの世から旅立ち、我々に別れを告げてしまいました。


サーフィンが大好きで、女が大好きなくせに口説き方が下手だった彼に対して、
今は何の言葉もかけてあげれません。ただ、祈ることしかできません。


ふと、自宅に戻ってつらつらと書いてしまったので、文章がおかしいとは思いますがお許しください。

ただ、彼の存在をこうして書きたかったのかもしれません。

ご冥福をお祈りします。




keisuke6143 at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月26日

2007年。5

いつの間にやら2007年です。
遅ればせながらご挨拶を。。。

あけましておめでとうございます。

さて、2007年、何しましょうか?

今年は自分にとって飛躍の年にしようかなと思っています。
昨年は何だかんだ言いながら、我慢といいますか「忍」の一字だったと思います。

まだまだ起業の失敗を引きずっていて、色々と迷いながらも歩いていた年だったなと。その考え通り転職の話に乗ろうとしたり、現実を直視しなかったり、まぁ、要するに走りまくってた当時と同じ時間だけ歩いてたってことです。

でも、それで終わると本当に「起業したけどそれで終わった人」になっちゃうんで、
今年からは徐々に飛躍していかないといかんと思っています。

「あの失敗の経験があったから、ここまでの男になりました」
っていう人にならないと、応援してくれた人や期待してくれた人に対して失礼だし、自分自身がやるせないと思っています。

なんで、今年は再度走ったろかいなと。
でも、多少賢くなったので、走ると言っても全力疾走じゃなくて、ゆっくりと確実に走りたいと思っています。

けっちゃん(注:私の幼稚園の頃からのあだ名です)も「待つ」ということを覚えたわけです。

今までは、おもしろいことがあったら「俺もやったる!」「俺もできるわ!」って強がってたし、おもしろくなかったら「俺がおもしろくしたる!」っていきがってたんですけど、最近は「あ、俺は別にいいよ。楽しんで。」って思うようになりました。

これは決して「無視」とか「馬鹿にしてる」ってことじゃなくて、本当の意味で、
「自分は自分、他人は他人。他人の土俵に土足で上がりこむ必要はない」
って感じています。

よくよく考えると、頭より体、言葉より行動で自分を誇示してきたわけですから、そりゃ勢いはいいよねって思います。
そうじゃなくて、頭で考えながら体が動く、言葉を発しながら行動で示す、そういう連鎖が自分の中になかったなと思います。

いい意味で充電しつつ、動き出そうと思っています。
まずは仕事。そして、彼女との事。さらに本を書くこと、周りの人を支えられるぐらいの人間力をつけること。

そういうものを徐々にやっていこうと思います。


派手でわかりやすいパフォーマンスもいいけど、静かに炭火のように熱く燃えるものもあると思っています。


で、私はというと、改めて楽しんで歩いていきます。


これを見てくれている数少ない人たちもそれぞれの想いを派手に、また静かに燃やして楽しくやっていきましょう。

そして、人生を楽しんでください。


いい酒を飲めるまで、もう少し時間がかかるかな。

それまでは、滑ったり転んだり、泣いたり笑ったり、相変わらずの生活を余裕を持って受け止めて生きたいですね。


keisuke6143 at 01:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日記だ | 日記だ

2006年12月06日

1つの責任

お疲れさまです。

毎夜、終電近くの男です。

さて、12月に入りました。もう年末です。早い。
んー、早い。

今の会社も1年いたことになります。
そして、社長を辞めて1年。

すっかり企業人になりました。

そんなこんなで、実は12月から先輩が辞めたため、繰り上がりで暫定的にチームリーダーになりました。

おかげさまで、3人の営業マンの上に立つ責任を与えられました。
これまで個人の成績をメインに考えていたのですが、これからはチームの数字を見ていかないといけません。

責任を改めて感じました。

北海道・東北・北陸甲信越・埼玉・東京4区+23区以外の数字の責任を担いました。

ま、ありえんね(笑)
4人じゃまわらんって(笑)

それはさておき、リーダーとなると、やっぱりある程度のビジョンを決めて行きたいし、チームのメンバーの育成にも私らしさを出したいし、何より、
「いやー、このチーム最高やね」
って思わせるだけのパワーを作っていきたいですね。

とりいそぎ、そんなことを考えてます。

楽しく、自由に、そして厳しいチームを作ります。

最強におもしろいチームにすることと、メンバーの最高の成長を期待して、年末まで走り続けます。


気合いはあんまり入ってません(笑)
それよりも楽しくやります。気合いと根性だけじゃ、オナラぐらいしか出ませんし。

さて、最高の部隊をみんなで作っていきます。


keisuke6143 at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年11月10日

はい、久しぶり。

本当にこっちには書いてないや。
誰が見てるかわかりませんけど(笑)

社長を辞めてから早1年。
ベンチャー企業で働いて早1年。

色々あったなぁ。

この前、友人でもありライバル?的な奴がメキシコから帰ってきて久々に飲みました。メキシコに行く前は私は社長、帰ってきたら会社員。

まー、時が経ったなぁと思うと同時に、相変わらずの語りに励まされる、励まされる。熱い奴なんだ。

今、自分が外資系の大手企業を辞めて、会社を立ち上げて、のた打ち回って、今はベンチャー企業にいますけど、ようやく徐々に足場が固まりつつあります。

もちろん、運もよかったって今なら思えますが、色々と友人が心配してくれて、周りにいてくれて、そして家族やみんなに生かされてるなぁと思いました。

 んで、勤めている会社がこの前マザーズに上場しました。やっぱり勢いと言いますか、ノリはかなりすごいなと思います。その中で徐々にではありますが、馴染んできて目の回るような忙しさになってきています。

 大変ですけど、色々とやりがいのあることもあって、車両広告なんかの全責任を負ってるもんですから、友人が勤める会社に発注して、一緒に仕事ができたり、新人の研修資料を作って好き勝手に研修をしたり、まぁ、仕事は尽きないのですがおかげさまで色々と己の好きなように動けるようになってきました。


 めちゃくちゃ凹んでいた時から1年以上が経って、何とかまた復活してきた感じがします。そろそろ社長時代のことを冷静に振り返れるようになってきました。

 またここから歩き出します。今はあの経験があったからこそ、ここまで粘れて成長できるんじゃい!って思えるように楽しくできるように頑張ります。

 当分、今までのように冬の道を歩くこととなるんでしょうが、この道は自分にとって非常に地に足の着いた歩みになると思います。

 30才までまだ3年あります。とりあえず今はきっちりと歩いていこうと思います。



 まぁ、もう一回熱い気持ちを持ってやっていきます。


 そして、それに気づかせてくれた家族や友人、そして大事な彼女に改めて感謝。


 あたしゃ、結構しぶといみたいです。



 俺に関わっている奴、全員、ハッピーな想いをさせちゃるぜ!


 俺の人生はおもしろい。


 そう思えるようになってきました。


 それでは、また前を向いて歩きます。





keisuke6143 at 01:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!日記だ | 日記だ

2006年07月07日

行動の源

お久しぶりです。
こちらに日記を書くのは本当に久しぶりです。
サボっててすいません。
というか、誰も見てないと思うので、備忘録として書こうと思います。

己の考えと思考を大真面目に書いておこうと思うわけです。
誰に見られるわけでもなく、自分自身に言い聞かせるような感じです。続きを読む

keisuke6143 at 03:05|PermalinkComments(2)clip!

2006年02月10日

ブログで知り合った方たちと・・・5

飲んできました。

NONBOO兄さん、JUKさん(+彼女)、ろゆふさん、複社長さん、しのざきさんたちと。

平日にもかかわらず、私はいつも仕事で終電帰りのサラリーマンにもかかわらず、
朝の3時前まで飲んでいました。

いやー、ブログで知り合って、こんな仲になるとは。。。


人間、動いてみるもんです、ほんと。

これって、「ちょっとした行動」の違いですわ。

会社を作るのは「ちょっとした行動」ではないかもしれませんが、ブログを書いて、そこにコメントしてくれた人と仲良くなって、しかも出会い系サイトのようにお互い会っちゃうのって、これは「ちょっとした行動」です。

おかげさまで、本当に素敵な方たちと知り合えましたしね。


最近、こういう「行動」が自粛してしまっているのかなと皆様に会って感じたわけでございます。

まぁ、めたらやったら動き回っているってのもどうかと思いますが、やっぱり「行動する」ってことは大きな意味があると思います。

とーぜん、失敗もするけどね(笑)


久々に皆さんの熱い気持ちを注入していただいて、改めて色々と考えさせられました。ゆっくりでもいいから、ちょっとずつ行動を変えていこう。


 これからもどうぞよろしくお願いします。

あたしゃ、素敵な大人になります(笑)

2006年02月01日

あ、さっぱり更新してないや。(語り系なので、適当に。。。)5

さーっぱりこっちのほうは書いていませんでした。
すんません。。。。

仕事の忙しさにかまけて、完全にブログをさぼっていました。
仕事のほうも大変ですが、できるかぎり気楽に書いていこうと思ってます〜。

仕事といえば、現在いわゆるネット企業という所にいますが、
実際問題、不思議な業界ではあります。

インターネットというものに対して、まだまだきちんと理解していないのだろうなと思っていたりします(汗)
 最近、めちゃくちゃ勉強しているんですが、まだ本質をつかみきれていないと思います。

現在、営業として動き回っていますが、どうも立場がわかっていないというか、すぐに全体を見てしまう癖がついてしまってます。営業マンという役を勝手に飛び越えて企画やら何やらいらないことばかりしてしまってます(笑)

まずは、営業の基礎の基礎というやつを学んでいこうと思う、26歳。
先を見据えて頑張るべ〜。

さてさて、実は今日は・・・続きを読む