地域活性化コンサルタント日記

株式会社 船井総合研究所 の 地域活性化コンサルタント 杤尾圭亮がかかわる地域活性化、地域ブランドの情報を生の現場からリポート!実際の現場で何が起こっているのか?まちおこしのヒント満載でお届けします。

久々の松山市訪問に思うこと

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は 愛媛県は松山市にご訪問。
実に、1年半ぶりにお呼びいただき、
お邪魔しました。


IMG_0631

相変わらず 瀬戸内海の島々は美しかったです。

この地域では、三津浜地区のブランド化、
ということで、
三津浜焼き
というご当地グルメを通じたブランド化を展開しました。

立地、食の特性、さらにやる気のある方々のおかげで
ブランド化はどんどん成功し、
大手の流通会社から食品の名前やロゴを
使わせてほしいと打診されるまでに成功しました。


IMG_0633

今回 久々に食べましたが、これがおいしい!!



今回は、同じ地域での別の新事業!

なんと、空き家の利活用に
サブリースの仕組みを使い、
収益をあげることで地域に還元する仕組みを作ろう、
というものです。

私が関わっているときも
チャレンジショップはやっていたのですが
サブリース方式はやっていませんでしたから
ここでも進化が見られました。

そして、なにより
久々にお会いできた方々の温かさに
懐かしさを覚えました。

こうした進化していく地域だからこそ
ブランド化が進むのだと実感です。

またこれからしばらくお邪魔いたします!


■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

群馬県 館林市 短期診断 3日目

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は短期診断の3日目。

IMG_0522


今回の課題は、この写真のようにまだ小さいハスの花のような館林を大輪の花にしていくこと。

コンセプトは 文化をつなぐ、、です。

さて、3日目は朝の10時から市長・副市長を含めた
館林のボードメンバーにプレゼンテーションを行います。

2泊3日の短期診断の資料をいつつくるのか、、、
というと、もちろん、深夜。

2泊目が終わると、メンバー6人で
喧々諤々の議論を行い、

地域の現状認識
課題抽出
解決の方向性
コンセプト
解決策
プレゼンのやりかた
資料構成

まで考えていきます。

今回の資料は全員併せて70P。
まあまあの分量です。

ただ、地域再生マネージャーによって方法は異なり、
ヒントを提供する方もいれば、
方法を提供する方もいて、
私のように 実弾で勝負するマネージャーもいます。

このスタンスの違いを認識しつつ
コラボを行うというこのプログラムに
私は魅力を感じます。
いつもの船井流以外も多くを見ることができます。

さて、私の提案はいつも実弾なので
響く方には響きますが、
そうでない方もいます。

そして、もし響いた方がいればその方々が
本事業へと進まれます。

今回はどうだったのか。
力は尽くしたので、できればいくつかでも
わたしの提案した施策を
実現していただければと思います。

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

群馬県 館林市 短期診断 2日目

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、地域総合整備財団さんの

群馬県 館林市 短期診断

の2日目です。

まずは、豊かな水源をもつ館林ならではの城沼クルーズ 最高でした。。。

IMG_0523


内陸、沿岸 問わず、私の関わるところは水が多いです。
水辺は地域を異空間に飛ばしていきます。

これまでの所感をまとめると、、、

1.人口は約8万弱
2.沼が多く、水がよい ⇒ 食品工場多数
3.日清製粉の発祥地
4.交通の便は比較的よく、古来より要衝
5.ゆえに地域資源は豊か
6.特に麦が強く、うどんを含めた粉文化がある
7.まちおこし活動は行っているものの連携不足
8.田舎というよりは地方都市、便利 ⇒ ロードサイド多数
9.観光を目指しているが住民は困っていない模様
10.全体的に地域が穏やか

というあたりでしょうか。

実際、人口減少は進んではいるものの
古くからの蓄積でまちは豊かであり、
産業への影響は軽微、、、(もちろん比較論ですが、、)
という印象をうけます。

しかし、この10年 20年を考えるとこの豊かな地方都市でも徐々にその影響は
大きくなっていくのは確実でそのための短期診断となっているわけです。

今回のテーマは、その人口減少を見越しての

1.交流人口増加
2.粉文化の振興

であるので、そちらにしっかり答えていきたいと思います。

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)
Profile

杤尾圭亮(とちおけいすけ)
地域活性化 コンサルタント
経済産業省 登録 中小企業診断士
総務省認定 地域再生マネージャー(平成22年度)
総務省認定 地域力創造アドバイザー(平成23年度)

”誇りある地域を取り戻す”をテーマに、船井総研で培われたマーケティングノウハウを駆使して、日本全国の地域を駆け回っている。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ