地域活性化コンサルタント日記

株式会社 船井総合研究所 の 地域活性化コンサルタント 杤尾圭亮がかかわる地域活性化、地域ブランドの情報を生の現場からリポート!実際の現場で何が起こっているのか?まちおこしのヒント満載でお届けします。

視察録 黒壁長浜

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、地域再生マネージャー事業の一環でお邪魔している
和歌山県 広川町のご支援です。

昨日の続きとなりますが、視察第二弾は 長浜黒壁!

IMG_1169


この町のまちおこしはすでに伝説になりつつある、、
とも言えますが、(私も何度きたことか、、、、)
取組開始から30年たった今でも、長浜に200万人が訪れる
というから驚きです。

この町は、昨日の 近江八幡とはことなり
伝建地区等に指定されているわけではありませんが、
古くからある古民家群を おもいきってリノベーションし、
そこをビジネスの拠点として展開している点は変わりありません。

今回は、その中心人物でもあり
観光カリスマでも 笹原さんにお話をお聞きしました。

IMG_1212


黒壁 という中心拠点を中核として
黒壁 30号館までつづく 店舗集積はやはり見事。

しかし、歴史をひも解くと、平成以前は
古民家に、現代風の装飾をほどこしてしまった店舗が多かったようです。
それを一つ一つ、説得し、改装し、店舗を入れる、
もしくは業態転換することで今の長浜があります。

現在の店舗の60〜70%が地域外からの参入である、、

という点からも、
地域内、商店街の中からの改革がいかに難しいか、、、
そして、外の力がいかに重要か、、、
を感じることができました。

IMG_1173


賃料設定も 概ね 低く設定し、
集客拠点として黒壁を据えることで集客には問題ない状態にする

そうすることで、地域外の魅力的な店舗を集める仕組みとした点は
やはり、、、、、お見事でした。

この町は、近江八幡の伝統を守る、、、という点とはまた異なり、
革新したように見えますが、
その実、、、やはり地域の良さを最大限生かしているてんは
共通していたと思われます。

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

視察録 近江八幡

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、地域再生マネージャー事業の一環でお邪魔している
和歌山県 広川町のご支援です。

ただ、今回の舞台は、、、、滋賀県!

というのも、和歌山県 広川町では現在、

「日本遺産」

への認定をきっかけとして 古民家を活用したまちおこしを模索しているため
異なる意味で 成功している

近江八幡
長浜

を全員でみて、視線をあわせよう!!

というお話になったのです。

まず、本日は近江八幡。。

この町は、

八幡堀と古民家を組み合わせた景観

IMG_1112


が見事な街です。
同地域は、「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で
国の重要伝統的建造物群保存地区に認定されています。

まさに伝統を守りながら、行う町おこし。
そんな素晴らしい景観を利用しようと
暴れん坊将軍 水戸黄門を始め多くのロケ地に使われているのも
有名なお話。。

電柱等もセットバックや地中化されている箇所も多いです。


しかし、守っているだけではなく、攻めの一手もかなり多く行っています。
小径に入っていくと 古民家を改装した素敵なレストランやカフェ、雑貨屋が並び、
多くの人を引き付けています。

そしてなんといっても、日牟禮八幡宮周辺で展開する

たねや + クラブハリエ

を中心とする商業集積が見事です。

IMG_1128


伝統を活かしながら いかにビジネス性をだしていくかは
この町に学ぶべきでしょう。

メンバーの皆様も相当刺激を受けられたようです。


■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

経営戦略セミナー 開催!

みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、私が所属する船井総合研究所の中でも最も大きなイベント

経営戦略セミナー

のお話です。

IMG_1053


このセミナーは、船井総研のお客様 すべてにお声がけして行われるもので
毎年、3000社以上の経営者が訪れていただける
船井総研 最大規模の会合になっています。

その中でも 今回は
地方創生 × 食
の視点で、食品ビジネスグループの研究会での
発表をさせていただきました。

テーマは、組合を通じた地方創生事業

徐々に 業界でも二極化が進み、
中規模クラスの企業がなくなり
超大手 と 中小零細 に分かれていく中で
中小企業がどのように繁栄していくのか。

そのお話を
滋賀県製麺組合 様
熊本県酒造組合 様
からの事例をもとにお話いただきました。

両事例とも、
・地域資源を活用した新商品を
・地域の組合が
・地域の企業をまとめて開発し
・地域全体で売り出す
という点が共通項でした。

この「全体」や「組合」がポイントで
企業単体では出せない力を集合体で出していくことで
開発力や販路開拓力が大きくあがっていく事例でした。

今後も、時代の流れの早い中での展開を模索するには
力を結集した取り組みが重要になるでしょう。

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)
Profile

杤尾圭亮(とちおけいすけ)
地域活性化 コンサルタント
経済産業省 登録 中小企業診断士
総務省認定 地域再生マネージャー(平成22年度)
総務省認定 地域力創造アドバイザー(平成23年度)

”誇りある地域を取り戻す”をテーマに、船井総研で培われたマーケティングノウハウを駆使して、日本全国の地域を駆け回っている。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ