地域活性化コンサルタント日記

株式会社 船井総合研究所 の 地域活性化コンサルタント 杤尾圭亮がかかわる地域活性化、地域ブランドの情報を生の現場からリポート!実際の現場で何が起こっているのか?まちおこしのヒント満載でお届けします。

外部講師講演の効果!「西之表市のケース」

みなさん こんにちは!!
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、鹿児島県は種子島 西之表市に、まちなかにぎわい創出実行委員会のアドバイザーとして参加しております。

いつもは、私がコーディネート役、もしくは講師役となって各地の事例説明や、施策の企画・準備・実行に向けたアドバイスを行うのですが、今日は、外部講師の講演会を企画しました。

お呼びしたのは、、、、

日南市 飫肥地域の 飫肥城保存会 事務局長
郡司 均 さん

image


お知り合いの方も多いと思いますが、この方は

「あゆみちゃんマップ」

というまちあるきのマップを作成し、
観光客「0」の商店街に、
お城を見に来ていた観光客を「3万人」誘引した
という点でとても有名です。

もともとのお城観光の人が20万人ほどですからそのマップがいかに魅力的であったか、、という点、納得できると思います。

仕組みは至って簡単です。

もともと飫肥城周辺の観光施設のフリーパス 600円に
商店街で使えるチケット 5枚 500円分を付加。

飫肥城観光のついでに商店街にもよって、
5店舗分 楽しんでしまいましょう!!

という企画です。

しかも、商店が提供する商品もそれほど奇をてらうことなく、
あるがままの商店街の品物をうまく マップに盛り込むことで成功しています。

もちろん、店舗の集め方、マネジメントの仕方、広告の仕方、
等々 学ぶべき点は数多くありましたが、
なんにせよ、企画を実行しきったことに感動しました。

西之表市のみなさんもかなり感銘をうけられたようで
ぜひ、次年度 具体的にチャレンジしていただきたいものです。

こういった、講演会企画は、定例の委員会においても非常に重要で、
毎回 同じメンバーで話ばかりしていると 飽きてしまう、、、
という部分を解消する手段でもあります。

私もたいていは委員会に、外部講師の講演や視察を組み入れることで
飽きの来ない、それでいて実行力のある組織をめざすようにしています。

さて、にぎわいの会も残すところあと1回!!

ぜひ、次回もよい会にしてまいりましょう!

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

精進小学校 利活用アイデアコンテスト 決勝!!

みなさん こんにちは!!
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

今日は、山梨県 富士河口湖町 精進湖地区にて行われた廃校利活用のための施策

精進小学校利活用アイデアコンテスト

の決勝に参加してきました。

image


決勝では、39名の応募を勝ち抜いた上位3組のプレゼンが行われました。

この学校は廃校になってすでに五年が経過しますが、一方で遮る物のない富士山を間近に見られるまたとない場所、しかも、町の中心、にあります。

ぜひ、活用をしよう!ということだ、精進湖活性化協議会が中心になり、アイデアを募集!

上位3組は、
地元高校
国立大学研究室
そして個人
と、経歴も様々で、ワクワクする内容!

集大成としては申し分ない内容でした。

さて、この施策の目的は、というと、
現在 毎年300以上発生している廃校に注目し、
その利活用方法を 企業、学校、個人
問わず 良いアイデアを出してもらうことにあります。

地域でも もちろん様々なアイデアがあがるのですが、
いろいろなしがらみで実行できないケースも多くあります。

そこで、アイデアを広く募集し、
地域の壁を打破する、
もしくは、地域の枠を越えるアイデアを出してもらう
ということを目標に開催したわけです。

ほぼ コストはかかりませんので
後は、アイデアを出してくれる先へのアプローチ次第。

今回は、見事39の応募があり、今日の最終決戦ではかなりのクオリティで、場は大きく盛り上がり、投票も本番さながらに行われました。

image


さて、来年度はこの結果を活かして動くのみ!

ぜひ、大きく羽ばたいていきましょう!



■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)

じゃこシティのこれからを考える!

みなさん こんにちは!!
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

今回は、高知県東部地域の要
安芸市にご支援でお邪魔しました。

こちらのじゃこ(一般的にはシラス)を使った 釜あげちりめん丼を中心に、じゃこでのまちおこしを初めて早6年。

今では空港レストランにも必須メニューになっています。
※今回は地域で食べられず、空港にてたべました。

image


ここまでの成果は十分でしょう!
そして今!
来年度の計画。さらに今後3年間のビジョン作りに入っています。

外の認知はかなり上がりましたから、これからは中のイメージをさらに高め、ブランドを確たるものにしていきます。

特に重要なポイントは、
じゃこの日を中心とした
1、出前授業と学校給食
2、儲かるイベント出店と商品開発
3、飽きさせない情報発信
4、燃える組織作り
5、それらを支えるツールづくり
となっています。

メンバーのやる気も十分ですから、三月末に向けて実行力の高い計画を作っていきましょう!




■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)
Profile
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ